大分県

更新日:

大分 別府の地域エリアの特徴について

大分県にあるクレジットカード現金化業者の高い換金率で利用やり方や注意点

大分県内には昔ながらの質屋が今も営業を続けています。

クレジットカード現金化大分県【別府】で即日スピード対応を確実に行う手段とは

また、全国に店舗を展開している大手の質屋もあり、質屋文化が根付いている地域だといえるでしょう。

そのほか金券ショップやブランド品の買取ショップなども多く存在し、立地や商品によっては高い換金率で買い取ってもらえることもあります。

ただし、大分県内にはクレジットカードの現金化ができる店舗は存在しません。

質屋も換金できるものもないもないという人は、スマホなどネットから検索して大分県別府市内店舗を利用することになります。

換金率が一様に高く、即日スピード対応が信条の業者が多いので無店舗型業者は人気です。

手続きも来店する必要がなく審査も不要で、Webからクレジットカード現金化を簡単に行うことができます。

日本随一の温泉源泉量を誇る大分県には様々な観光スポットがいっぱい

大分県は九州東部に位置する県で、温泉が数多く湧き出る地として知られています。

 

日本でもダントツの源泉数と湧出量を誇り県では「日本一のおんせん県おおいた」をアピールしています。

大分県内でも特に名の知られている温泉と言えば、別府温泉や湯布院温泉

別府温泉は「地獄」と呼ばれる多種類の温泉が湧き出ており、それらをめぐる「地獄めぐり」が人気です。

また湯布院温泉は落ち着いた情緒が魅力で、家族連れやカップルなど、ゆっくりと温泉や景観を楽しみたい観光客でにぎわっています。
大分の温泉スポット
そのほかの見どころとしては全国あまたの八幡宮を束ねる総本宮の宇佐神宮

禅海和尚が30年の歳月を費やして手で掘りぬいたといわれる青の洞門も有名です。

別府は日本一の泉都で良質な源泉を持つ癒しの街

大分県の東海岸にある、県内第二の都市、別府。

大分県の別府温泉地ネット検索から飢餓に現金化探し

市内各地で温泉が湧き出る別府の源泉数は2,300箇所以上あり、日本の総源泉数の実に10分の1をも占めています。

国際観光温泉文化都市や国際会議観光都市にも認定されている、別府には毎年800万人を超える観光客が世界中から訪れ「泉都」とも呼ばれるほど。

別府で湧き出る温泉は、観光資源だけでなく、ミョウバンの生産から発電、医療、植物の栽培や美容まで、様々な産業に活用されています。
大分高原付近の自然
別府は西に由布岳や鶴見岳などの連峰と、東は別府湾に注ぎ込む浅見川、春木川などの河川によって形作られた扇状地、さらに下流の沖積平野からなります。

市の西部には大分百景に認定されている、由布川峡谷阿蘇くじゅう国立公園の指定区域があるため森林が豊富です。

別府と言えば観光スポットは何といっても温泉。別府八湯や別府温泉郷なとども呼ばれ、鶴見岳や伽藍岳の二つの火山の周辺に温泉が豊富に湧き出しています。

珍しい景観をたのしめる地獄めぐりは別府温泉の醍醐味のひとつ。

特産品も多く、大分特産のカボスで食すフグ料理や温泉の噴気で山海の幸を蒸し上げる地獄ガマ料理、とり天やざぼんの皮をゆでて甘く煮たざぼん漬け、団子汁などが有名。

伝統工芸品では竹工芸やつげ細工、籃胎漆器などが全国的に知られています。

大分県内(別府)の現金化店舗型業者はこちら

大分チケット

店舗名 大分チケット
所在地 大分県大分市高松1-7-12
アクセス JR高城駅北口から徒歩10分
営業時間 9:00~19:00
連絡先 0120-33-55-77
URL http://www.kinken-shop.jp/

いらっしゃい店

店舗名 いらっしゃい店
所在地 大分県宇佐市法鏡寺265-1
アクセス JR宇佐駅から車で20分
営業時間 10:00~19:00
連絡先 0978-25-6978
URL https://www.elashy-mise.jp/

江戸屋本店

店舗名 江戸屋本店
所在地 大分県大分市大手町2丁目3-2
アクセス 大分駅から徒歩15分
営業時間 9:00~19:00
URL http://edoya78.com/

大分県の現金化事情は?質屋やリサイクルが中心!

大分県は別府温泉や湯布院など、様々な温泉地があることで知られています。

観光資源が豊富ですが面積が広い分人口密度は薄く、大分市などの一部地域に人口が集中しているのも特徴です。

また、現金化に使える業者は質屋やリサイクルショップが中心で、物を大事にする文化が根付いていることがわかります。

金券ショップを利用するのであれば大分市が便利です。

その他の地域になると質屋か郊外型のリサイクルショップに偏ってしまうため、換金率は全体的に低くなります。

商品券を売る場合も相場が下がりがちで、高く売るために都市部に出るか、交通費を節約するために身近な場所で売るかという選択になります。

比較をするのであればネット経由で、宅配買取業者を利用するのが基本になります。
大分駅周辺
大分県に限らず、人口の少ない地域の業者は口コミが少なく、買取の基準などもわかりにくいためです。

ネット経由で事前におおよその見積もりを出してくれるショップなどに確認し、クレジットカード現金化業者と比較するとより効率的な現金化ができます。

大分県のお金事情で理解できる生活の暮らし方から金融機関まで

大分県は豊かな海に面して九州の政令指定都市の一つ福岡県北九州市とも隣接している県です。

この県は農業や漁業を中心に、工業などの産業もあり、比較的多様な収入を得ることができる県でもあります。

そんな大分県の特徴や性格、県民性をはじめ、生活水準や暮らしやすさ、代表的な金融機関などを紹介していきます。

また、大分県民の気になるお金の付き合い方についても触れていきましょう。

大分県の特徴や性格または県民性

大分県の特徴は、自然が豊かなところで農業や観光業が盛んということです。

農業に関してはキノコ、特に椎茸の栽培が盛んであり、日本有数の生産量を誇っています。

漁業に関してもブランドの海産物を数多く出し、例えば関サバや関アジと言った高級青魚は有名です。

また、城下カレイや臼杵(うすき)ふぐなども西日本では非常に高級な魚として認知されています。

観光業も温泉を中心に活発です。

温泉の源、源泉の数は日本一であり、それと比例して湧き出している温水量も日本一を誇っています。

特に湯布院温泉や別府温泉は日本でも有数の温泉観光地です。

そんな大分県の県民の性格、県民性は赤猫根性という言葉に集約されています。

この意味は、非常に損得計算を意識しており、収支を常に考えて行動することが多いということです。

これを個々に行っているので、まとまりがないように思われますが、実は自分たち自身を時に厳しい自然から守るための生き方でもあります。

そういった生き方が県民性となっており、表面上はビジネスライクな性格です。

しかし、実際に会ってみると情熱的で温かいというのが本当の県民性であるというのはそれほど知られていません。

大分県の平均所得 年収事情について

大分県の平均所得は4,157,999円です。

これは2019年に発表された厚生労働省の調査結果である賃金構造基本統計調査に掲載されている金額です。

この年収事情としては全国的に見てやや低めとなっているものの、男性が女性よりも金額が高く、学歴が高いほど金額も高くなっていくという一般的な傾向に合致しています。

収入の性差に至っては、男女差が150万円近くあり、他県に比べてやや差が大きい傾向があるというのも特徴です。

ただし、70歳を超えると、この男女差が逆転します。

アパート収入や農業収入など、収入の名義人が夫から死別した妻に移っていることも多く、農業を中心とした第一次産業が盛んなことも特徴的な傾向です。

大分県の生活水準 家賃・物価や暮らしやすさなど

収入は全国水準に比べると、やや低めとなっています。

しかし生活水準は低くありません。

その理由として家賃や物価などが相対的に低いことが挙げられます。

家賃に関しては、確かに大分市の中心部になると月8万円に迫る物件が多くありますが、郊外に行くほど安くなり5万円程度でもそこそこの物件が見つかることも少なくありません。

物価も安く、全国物価地域差指数の総合値を見ると、全国平均を100とした場合、毎年97~98程度の水準となっており、全国20~30位の間を行き来しています。

このように物価が比較的低く、特に食料品に関しては全国でも40位に迫る安さです。

ただし、光熱費がやや高い傾向にあるため電化が進むとやや生活しにくくなる傾向にあります。

大分県の金融機関 地方銀行 信用金庫など

大分県の金融機関は、トップの地方銀行である大分銀行が圧倒的なシェアを誇っています。

そのシェアは地元企業のメインバンクの50%を超えています。

それ以外では第二地銀の豊和銀行、信用金庫である大分みらい信金が10%程度のシェアです。

県外の金融機関の進出もありますが、この3機関だけで70%を超えるシェアとなっています。

これらについて紹介していきましょう。

・大分銀行
・https://www.oitabank.co.jp/
・一般銀行業務、インターネットバンキング、デビットカード(J-Debit)など
・大分県の県都、大分市に拠点を置く大分県の最大手地方銀行です。

東証一部にも上場し、大分県のみならず九州や東京、大阪の他、中国進出を行う地元企業の支援のために香港にも駐在員事務所を持っている地元の金融機関と言えます。

・豊和銀行
・https://www.howabank.co.jp/
・一般銀行業務、なんでん JQ SUGOCA(クレジットカード) の発行、インターネットバンキング、保険取り扱い業務など
・大分県内第二位の第二地方銀行で大分市に拠点があります。

地域密着型の銀行として活動していますが、かつては経営危機に陥り福岡の大手地方銀行、福岡シティ銀行の支援などを受けました。

現在は経営が立ち直りつつある地元の頼れる銀行です。

・大分みらい信用金庫
・http://www.oitamirai.co.jp/
・貯蓄、各種ローン、保険取り扱い業務、みらいポイントカード、ネット口座振替サービスなど
・大分県最大の信用金庫です。

別府に拠点を置き、かつては別府信用金庫と呼ばれていました。

堅実な経営によって、経営に不安のあった県内の中津信用金庫を吸収し、更に佐賀関(現・大分市)の佐賀関信用金庫を吸収し、一気に大きくなった経緯があります。

大分県の借金状況 金融事情について

大分県民は、地方に見られる傾向があり、借金をあまりしない傾向が強いという特徴が挙げられます。

ただし、預金額もそこまで多くなく、1世帯当たりの純貯蓄額は500万円強と、全国40位台となっている傾向です。

借金をそこまでしないものの何とかやりくりをしているため貯蓄額は比較的少ない傾向にあるというのが特徴と言えます。

お金は借りないものの、収入も極端に高くないため貯蓄に回しきれないという傾向が見て取れるのではないでしょうか。

いずれにしても貯金があるのに借金も多いという都市部の傾向とは対照的なものとなっています。

また、典型的な地方の傾向である収入はそこそこで貯蓄が異様に多いというところともまた異なった特徴と言えるのです。

大分県のお金に関する考え方や性格など

大分県のお金に関する考え方や性格についてですが、基本的にお金に対する節約は強い傾向です。

もともと赤猫根性と言われる大分県民はケチな傾向が強いため、節約を積極的に行います。

しかし、使うべきところではしっかりと使う傾向があるため貯金額はそこまで多くありません。

言い換えれば、効率よくお金を回しているということが読み取れ、人に対してお金を使う等優しい人柄が見て取れる場面もあります。
貯金に回すよりは、それを人間関係や必要な場面に投資するという性格は、まるで商売人のようであり、それが県民性でもあるのです。

いずれにしても節約をしっかり行い、必要な部分に支出をするというのが大分県民のお金の考え方と言えるのではないでしょうか。

大分県のお金事情まとめ

大分県は、農水産業や工業が盛んな九州東部の県です。

この大分県に住む県民の性格として、ビジネスライクな所があるという点が挙げられます。

この県民性が長じて借金こそ少ないものの、貯蓄額も少なく、必要な場所にお金を回す商人のような傾向が見て取れるのではないでしょうか。

また、銀行や信用金庫なども大分市、別府市に有力な金融機関が集まっており、観光業なども金融機関のパワーを高めている傾向があります。

このような傾向の大分県民ですが、一見利己的な性格に見えて必要な場所にはお金の支援をするような地方らしい温かみを持っているというのも特徴と言えます。

また、大分県自体も家賃や食費の物価が安いため住みやすい県でもあり、お金には極端に困らないエリアと言えるのではないでしょうか。

大分県の優良ショッピング枠現金化店舗エリア一覧はコチラ

大分市 別府市 中津市 日田市 佐伯市 臼杵市 津久見市 竹田市 豊後高田市 杵築市 宇佐市 豊後大野市 由布市 国東市 東国東郡 姫島村 速見郡 日出町 玖珠郡 九重町 玖珠町

Copyright© 2014~〔最新2020.9月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.