宮城県

更新日:

宮城 仙台の地域エリアの特徴について

宮城県内でクレジットカード現金化業者を探すポイントと利用する際の注意点

東北地方の経済の中心とも評されるのが宮城県仙台市。

クレジットカード現金化宮城県【仙台】金欠時に頼りになるお店選びで不安悩みも解消!
企業や商業施設も多く活気のある都市のひとつで、クレジットカード現金化業者の存在も期待できます。

しかし残念ながら宮城県内に店舗を構える現金化業者は、現在のところ1店舗のみです

多くはチケットの買取や貴金属・ブランド品の買取を行って現金化をするというスタイルが多いようです。

もっとも東京~仙台間の新幹線チケットの需要は安定しており、ブランド品のニーズも多いため、カード決済が可能な店舗を探すことは難しくありません。

クレジットカード現金化を狙うなら、来店不要の無店舗型業者を利用するのが無難でしょう。

無店舗型の現金化業者であれば全国どこからでも申込可能。

即日のスピード振込にも対応してくれる場合があります。

伊達政宗ゆかりの宮城県は豊富な味覚と歴史文化の宝庫

 

宮城県といえば伊達政宗が治めた、仙台藩があったことが良く知られています。

宮城県仙台の現金化は自宅のパソコンやスマホから申込OK

現在でも、仙台市は東北屈指の賑わいを見せる大都市。

ひとめぼれやササニシキといったブランド米を多く生産する米どころで、最高級日本酒の浦霞などの酒どころとしても有名です。

そのほか近海でとれる新鮮な魚や仙台の牛タン、郷土料理など美食家にはまさに天国のような山海の幸が勢ぞろい。

文化的にも成熟した土地柄で、愛宕神社や地元祭りのどんと祭りに七夕まつりなどにも毎年多くの観光客が集います。

もちろん伊達政宗公ゆかりの史跡も多く、歴史好きにはたまらない聖地。

宮城県の見どころをくまなくまわりたいと思ったら、それなりの出費を覚悟で堪能したいところです。

「杜の都」仙台は東北第一の都市で観光地もグルメ名産品も豊富

青葉山や広瀬川といった豊かな自然に恵まれ、市内には街路樹も多い仙台は「杜の都」とも呼ばれる地。

人口は109万人と東北地方で最も多く、宮城県内でも県民の約66%が仙台に住んでいるといわれています。

仙台駅前の街並み
北に松島丘陵、西に奥羽山脈がそびえ、東に太平洋を臨み南側には名取川が広がる仙台平野にある仙台市は、奥羽山脈を挟んで山形県山形市と隣接しています。

仙台市には10の大学が設置されており学都仙台とも呼ばれる文化都市の一面も持ちます。

仙台には七夕まつりや仙台初売りのほか、ジャズフェスティバル、大規模なイルミネーションイベントのSENDAI光のページェントなど全国的に有名なイベントも多く、全国から観光客が訪れます。

また仙台にはご当地グルメも豊富。仙台を訪れたら一度は食べたいのが牛タン。

コリコリとした歯ごたえの仙台牛タンは絶品!

枝豆をさやごとゆでて薄皮をむき、すり鉢ですりつぶし砂糖で甘く味をつけたずんだ餅。

ずんだ餡を使ったロールケーキやクッキーなど、アレンジされたお菓子も人気です。

仙台土産として喜ばれるのが笹かまぼこ。秋保温泉名物のさいちのおはぎや、阿武隈川や荒浜沖で取れた鮭でつくる郷土料理のはらこ飯も有名です。

仙台の現金化スタッフは親切に相談にのってくれる

仙台の現金化業者はほとんどが金券チケットやブランド品の買取ショップです。

クレジットカード現金化に対応した店舗もありますが、メインはチケットの買取業務。

チケット以外にも、貴金属やブランド品の買取も行っています。

店舗のサイトではクレジットカード現金化サービスに関して明記していないことも多いため、業者に直接問い合わせるのがおすすめ。

現金化の方法としては、店頭でチケットや金券関連を購入し、その場で現金化してもらうという流れ。

即日で現金化できる商品が限られているので、換金できる物が手元にない場合にはスタッフに相談しながらサービスを利用しましょう。

また、出張買取を行っている店舗の場合、スタッフが買い取りに出かけて不在であることも考えられますので、必ず来店する前に電話で確認することをおすすめします。

宮城県内(仙台)の現金化店舗型業者はこちら

  • trust1(トラストワン)

    チケットからブランド物まで買取に強い現金化業者

    メインで扱うものはチケットですが、その他にもブランド品や貴金属なども取り扱う、高額買取が評判の現金化業者です。
    クレジットカード現金化は明記されていませんが、店頭で購入した金券等の商品を、その場で現金買取してもらうことが可能。

    所在地 宮城県仙台市宮城野区清水沼2-5-14
    営業時間 9時~19時(月曜日定休)
    連絡先 022-352-1913/フリーダイヤル0120-307004
    URL http://m-yenet.jp/

    trust1(トラストワン)の公式HPへ ⇒</>

宮城県の現金化は仙台が便利?比較しやすいのが魅力!

宮城県仙台市は東北経済の中心地になっていて、経済的にも発展しています。近隣各地から働きに来る人やショッピングにくる人も珍しくないのも特徴です。仙台駅前には複数の金券ショップが存在し、ギフト券や新幹線の特急券、高速バスのチケットなどが取引されています。

歩いて回れる範囲に複数の金券ショップや質屋があるため非常に便利です。ブランド買取ショップや質屋も集中しているため、換金率を比較しながら現金化を目指すのも簡単になります。仙台市以外では郊外型で全国展開しているリサイクルショップが多くなるのも特徴です。

仙台市以外の地域は車が必須になる場合が多く、現金化にも手間や時間がかかる可能性が高くなります。お店ごとの距離が離れることも一般的で、現金化のために店舗ごとの比較をするのも難しくなります。そのため比較せずに身近な場所で様々なアイテムを処分して現金化する人が多いのです。

換金性の高いアイテムを現金化する場合はオンライン業者とも比較するのがおすすめです。

宮城県のお金事情は遊興費と外食費の金額次第となるのはなぜなのか

宮城県はオシャレが多いからこそ気になるお金事情について

東北地方最大の政令指定都市仙台市を抱える宮城県は、ファッションやグルメを楽しむ人が多いことで知られています。

興味関心があることに対してお金を惜しまず使うことから、家計事情が大丈夫なのか気になる人も多いでしょう。

では、実際に宮城県民はどのようにして金融機関との付き合い方を行っているのか特徴を調査してみました。

宮城県の特徴や性格または県民性から分かるお金の使い方

宮城県は東北地方の中では異色の存在として知られていて、負けず嫌いで楽天家という特徴に加えてオシャレ好きです。

このため、20代といった若い世代ほど貯蓄よりもファッションにお金を費やしてしまい、給与水準が低いにも関わらずお金の使い方が派手になっています。

そして、必要に応じてクレジットカードを使ったキャッシングや銀行カードローンを併用することにより、周囲のファッションと張り合うというプライドの高さが見え隠れするわけです。

流行を追いかけるためにお金に糸目を付けないという特徴は、宮城県民が保守的とは程遠い存在だと分かります。

しかし、中高年になると物欲が落ち着いて貯蓄率が高まる傾向にある点は、周囲の東北各県に近づくことを意味します。

宮城県の平均所得と年収事情についてサラリーマンの給与水準が高い

宮城県全体の平均所得は397万円であって、平均所得中央値は351万円です。

全国平均よりやや高い傾向にありますが、東北地方の中では最も高いもののサラリーマンの平均収入は460万円程度となるために違和感を感じる人が少なくありません。

ポイントとなるのは、サラリーマン以外の自営業者やアルバイトといった働き方について、平均所得を下げる要因がある点です。

情報通信業や公務員の平均所得は高いものの、農業や工場勤務を行う派遣社員やアルバイトといった部分の給与水準が低いために、宮城県全体の平均所得を引き下げてしまうことに繋がっています。

しかし、自営業者に関しては経費の計上状況により実勢値とは乖離が発生しやすいので、豊かさとは無関係です。

宮城県の生活水準は高く家賃・物価や暮らしやすさなどは地域差がある

仙台市に人口が一極集中している宮城県では、東北各県からの出稼ぎ労働者や学生が多く住むことで家賃が高くなる傾向にあります。
仙台市のワンルーム家賃相場は青葉区が5.4万円と高く、泉区の5.0万円よりも8%高い水準です。

一方、栗原市では3.3万円と安く宮城県全体では4.5万円前後が一般的です。

仙台市青葉区は学生と企業が多く通勤に便利な位置にあることが原因で、2DKで7.0万円という家賃相場となっています。

仙台市の物価は高めの傾向にありますが、車移動が可能ならば郊外の大型ディスカウントストアやショッピングモール内のスーパーマーケットでまとめ買いすることで安く済ませることも可能です。

宮城県の金融機関シェアは地元の地方銀行と信用金庫が7位迄を占める

宮城県ではメインバンクシェアの割合として、上位7行迄を地元宮城県に本店がある金融機関が占めています。

1位の七十七銀行が56%と過半数のシェアを占め、2位仙台銀行が12.6%・3位杜の都信用金庫が6.3%という割合です。

上位3金融機関でメインバンクシェアの75%を占めていることは、東北地方で活躍する企業の本社が数多く宮城県にあることを意味しています。

・名前 七十七銀行
・URL https://www.77bank.co.jp/
・銀行サービス 住宅ローン・カードローン・投資信託
・詳細 仙台市に本店を置く地方銀行となっていて、「しちしち」という略称が定着しています。

金融機関としての格付けが高く、渋沢栄一が設立に関わった銀行として知られています。

・名前 仙台銀行
・URL https://www.sendaibank.co.jp/
・銀行サービス 住宅ローン・リフォームローン・電子マネー及びスマホ決済サービス
・詳細 仙台市青葉区に本店を置く第2地方銀行です。

宮城県内のみに支店を持つという地元密着型の特徴を持ち、きらやか銀行との経営統合を行っています。

・名前 杜の都信用金庫
・URL http://www.morinomiyako-shinkin.co.jp/
・銀行サービス 教育カードローン・国債取り扱い・住宅ローン
・詳細 仙台信用金庫と塩竈信用金庫が2005年に対等合併して名前を公募により決めた信用金庫です。

地元の中小企業に寄り添う地域密着型の経営が行われています。

宮城県の借金状況と金融事情は若者と中高年で異なる

遊ぶ場所が豊富にありファッションとグルメスポットが多い仙台市を中心として、宮城県では男女共に集まって騒ぐことが好きな傾向にあります。

最新の流行を追いかけつつ友人がブランド品を持っていたら自分だけ持っていないことはプライドが許さないという一面があるので、思いつきで高額な品物を購入することが珍しくありません。

生活が安定していても遊興費と外食費の割合が高いために、若者にとっては毎月の給与だけではお金が不足してしまいがちです。

クレジットカード決済でリボ払いを選択してリボ払い残高が膨らんでしまうことが多いです。

しかし、中高年になると衝動買いの頻度や最新の流行に興味を示さなくなるので、金遣いは落ち着く傾向にあります。

宮城県のお金に関する考え方や性格などを把握しよう

宮城県では楽しさを優先しつつプライドも維持することが好まれるので、貯蓄は比較的苦手とされています。

実際に車を乗り換える頻度が高く、ファッションにも多くの費用をかけるからこそ住宅ローンを組む際に過去のローン精算を必死になって1年程度かけて行う人が少なくありません。

住宅ローン審査を受けることがキッカケとなって、お金の使い方に慎重さを求めるようになるほど若い世代の金銭感覚は楽しさ優先となりがちです。

しかし、中高年になったからといって堅実と呼べるほどの節約意識を持つ人は少なく、貯蓄は世代を問わずに苦手なことに変わりありません。

金融機関を利用する際には、カードローンでお世話になった所で貯蓄積立を行うといった使い方が一般的となっています。

宮城県のお金事情についてのまとめ

宮城県では最新のファッションへ常に触れることができるという土地柄と、グルメスポットが多いことにより遊興費と外食費が常に多くなりがちです。

若者ほど興味関心が強いことにお金を使う傾向にあり、不足した分をクレジットカードやカードローンにより一時的に用意しつつ、ボーナスで一気に返済するといった方法が行われています。

中高年になればある程度衝動買いを抑えられるようになりますが、興味関心があることに対してお金を使うことに変わりなく、倹約を苦手とする人が多いです。

このため、金融機関との関わりは住宅ローン審査を受ける段階になるまで、個人の与信力に関して気にせずにお金を使ってしまう傾向があります。

宮城県の評価良いショッピング枠現金化店舗エリア一覧はコチラ

仙台市 石巻市 塩竈市 気仙沼市 白石市 名取市 角田市 多賀城市 岩沼市 登米市 栗原市 東松島市 大崎市 富谷市 刈田郡 蔵王町 七ヶ宿町 柴田郡 大河原町 村田町 柴田町 川崎町 伊具郡 丸森町 亘理郡 亘理町 山元町 宮城郡 松島町 七ヶ浜町 利府町 黒川郡 大和町 大郷町 大衡村 加美郡 色麻町 加美町 遠田郡 涌谷町 美里町 牡鹿郡 女川町 本吉郡 南三陸町

Copyright© 2014~〔最新2020.9月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.