本州最北の青森県弘前市は冬には氷点下を超えるほど寒い地域。この気候を利用して生産するりんごは青森県の名産品として全国的に知られていますよね。自然豊かな青森県でクレジットカード現金化など各種カード枠で(クレジット枠・キャッシング枠・ショッピング枠)の現金化を利用したい時にはどのような方法があるのかをご紹介します。

青森県

更新日:

青森の地域エリアの特徴について

青森県のクレジットカード現金化業者を利用したい店舗情報や手順と注意点

青森県の現金化業者は駅前よりも、郊外に店舗を構える傾向があります。

これは県内の主な移動手段が鉄道よりも、車がメインであるため。

クレジットカード現金化青森県【弘前 八戸】一人田舎暮らしでも有意義に生活できる利用法とは
東京や大阪などの都市に比べて、ターミナル駅周辺の繁華街や商業施設の発展が控えめで、どちらかというと国道などの幹線道路沿いが栄えています。

青森ねぶた祭り
ですから青森県で現金化を希望する場合、車がなければ不便を感じる可能性も。

扱う商品もブランド品やチケットなど金券の買取である店舗がほとんどで、クレジットカード現金化を扱っている店舗はありません。

青森県内でクレジットカード現金化を希望する場合には、来店不要の無店舗型業者を利用するのが一般的です。

ネット決済や即日スピード対応に特化している業者も多いため、移動の煩雑さもなく、利便性が高いといえます。

東北新幹線が開通し東京や仙台などへのアクセスがよくなった青森

青森県は本州の最も北に位置する県で、主要な都市として県庁所在地である青森市や弘前市、八戸市があります。

青森のクレジットカード現金化は還元率やお客さんの利便性が高い
県内の人口の半分はこのエリアに集中しており、車を主な移動手段として用いる人が多いのも特徴。

農業や漁業が盛んな地域ですが輸送効率が悪いため、製造業や大企業が地方都市の中では多くありません。

ただし近年では東北新幹線が新青森駅まで開通したため、東北の主要都市である仙台や、東京への移動時間も大幅に短縮されています。

青森県の特産品で有名なのはりんご

農園や米作農家、漁業などの自営業や小売業等を営む人の割合が多いのも特徴です。

都道府県の平均年収ランキングが46位と低く、現金化サービスのニーズが高い地域でもあります。

青森県内の現金化店舗型業者はこちら

アートポラリス 青森店

店舗名 アートポラリス 青森店
所在地 〒030-0847 青森県青森市東大野1-20-5
アクセス JR青森駅から車で5分
営業時間 10:00~19:00
URL なし

買取専門店 大吉 八戸店

店舗名 買取専門店 大吉 八戸店
所在地 〒031-0072 青森県八戸市城下1-31-5
アクセス JR本八戸駅から車で5分
営業時間 10:00~18:30 定休日:毎週火・金曜日
URL http://www.kaitori-daikichi.jp/aomori-hachinohe/

青森県の現金化事情は厳しい?お店の少なさに注意

青森県は人口の流出が顕著な県の一つです。

金券ショップやリサイクルショップは各地にありますが、経営が厳しく撤退するお店が多いのも特徴です。

お店自体も少ないため、現金化の際の換金率の比較が難しいケースもあります。

老舗の質屋でも跡継ぎがいないことから、廃業しなければならない場合もあります。

確実に手元にあるものを現金化したいのであれば、青森市や弘前市など人口の多い地域で複数の店舗を回った方が確実です。

もちろん、電話で事前に問い合わせてしまうのも方法です。

新幹線の特急券や長距離バスのチケットの需要は強く、商品券やギフト券と並んで換金率が高いのもポイントです。

チェーン店の系のリサイクルショップでも換金率は余り変わらず、現金化しやすくなっています。

ブランドバックなどは宅配買取と比較してみるのも方法で、現金化を急がないのであれば調べてみるのがおすすめです。

まとまった数を処分したい場合や、都市部から離れている場合は便利になります。

青森県のお金事情で見る平均所得や物価の高さで解るお財布状況

青森県のお金事情と言えば、かつ東京への出稼ぎなどが多かった経緯から、お財布事情が厳しいイメージのある県です。

しかし、通年でできる仕事も増えており、かつてのような印象はなくなっているのではないでしょうか。

今回、この青森県のお金事情というテーマで平均所得や気になる物価の状況などを解説し、まとめました。

これを読めばきっと、青森県のお金事情について詳しくわかるはずです。

それでは青森県の県民性から紹介していきましょう。

青森県の特徴や性格または県民性

青森県の県民性は、辛抱強く、勤勉、それでいて負けん気が強いという特徴です。

こういった性格は青森県という本州最北端の厳しい環境下で生きてきた人々によって培われてきました。

そして、その結果全国的にも有数の忍耐力の強さを身につけたのです。

また非常に情の深い一面があり、お金に関して困っていても、意外な方法で支援してくれるケースすらあります(お金を渡すのではなく、代行したり労働力を提供するという形)。

こういった県民性なので、お金の扱いも厳格であり、あらゆる倹約にも耐えてしまうという強さも持ち合わせているのも注目すべき点です。

厳しい冬のような経済状況であってもたくましく生きていく、そんな強さが青森県民にはあるといえます。

また、見栄を張ることはないものの負けん気が強いため、出費も競うような局面になれば財布のひもが緩むこともあるのが特徴です。

青森県の平均所得 年収事情について

青森県の平均所得は、全国的に見ても低いレベルにあります。

その目安として厚生労働省が発表している、「賃金構造基本統計調査2019」で3,718,846円という平均年収が公表されました。

全国の平均がおよそ400万円強ですから、金額としては低いと言わざるを得ません。

ただ、低い水準であってもこれと同程度の県も多くありますから、決して絶対的な低さではないのです。

このように出稼ぎをする必要はないものの現代にあっても全国的な水準と比較すると、低めであることは確かと言えます。

定年後も徐々に収入は減っていき、地方にありがちな定年後に農業などで収入が微増していくという現象は見られません。

こういった面でも厳しさを感じさせる年収事情です。

青森県の生活水準 家賃・物価や暮らしやすさなど

青森県の物価は低めです。

ただ、収入に完全比例しているわけではなく、30位前後の物価指数であることから、収入を考えた場合やや高めに感じられます。

さらに家賃に関してはトップ20位に入るほど高めの水準にあり、部屋を借りるにも意外とお金がかかる傾向です。

これらに加えて光熱費の物価は全国トップレベルであり、調査年によっては全国第一位になるほど高額な水準になることも珍しくはありません。

こういったことを考えると、青森県は過酷な環境を加味することによって住みにくいエリアと言わざるを得ません。

もちろん考え方によっては、住居と光熱費以外は非常に安い物価であり、家賃や光熱費を安くすることによって、むしろ住みやすいエリアにもなるのです。

青森県の金融機関 地方銀行 信用金庫など

青森県は、地方銀行二行でシェアの多くを占めているというのが現状です。

トップ地銀の青森銀行が約4割、続くみちのく銀行が約3割という状況になります。

それ以降は青い森信用金庫が1割強です。

他にも信用金庫はありますが、これら三つの金融機関で85%となっているのが特徴と言えます。

わずかではありますが、秋田県や岩手県の金融機関も1%強のシェアを持っている状態です。

金融機関名 青森銀行
サイトURL https://www.a-bank.jp/
銀行サービス 一般銀行業務、つないでネット!(ネットバンキング)有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
詳細 青森市に本店を持つ、青森県で最も大きな銀行です。北海道など青森県以外にも店舗をいくつか持っており、地方自治体とのつながりも強く、青森県や各自治体の指定金融機関になっています。
金融機関名 みちのく銀行
サイトURL https://www.michinokubank.co.jp/
銀行サービス 一般銀行業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務、保険販売など
詳細 青森市にある地方銀行です。家庭の銀行というスローガンのもと、個人取引にも力を入れている銀行という特徴があります。地方銀行でありながら上海など海外にも駐在員事務所を開設するなど特徴的な経営を行っている銀行です。
金融機関名 青い森信用金庫
サイトURL https://www.aoimorishinkin.co.jp/
銀行サービス 協同組織金融機関
詳細 弘前市にある信用金庫です。もともと八戸信用金庫でしたが、経営危機にあったあおもり信用金庫や下北信用金庫を吸収して誕生しました。県内一円と秋田県の一部に営業エリアを持っています。

青森県の借金状況 金融事情について

青森県民は借金を嫌います。

そのため収入が低くとも何とか我慢してやりくりを行うことが少なくありません。

こういった性格なので県民全体では借金をするケースは多くないのです。

確かに住宅ローンなどやむを得ない借金をすることもありますが、それすらも忌避する傾向にあります。

そのくらい借金を嫌っているので、欲しいものがあっても今あるもので何とかし、ローンを組んでまで手に入れるということは選択肢にないのです。

このように東北地方をはじめ、地方にありがちな金銭感覚の厳しさを青森県民は当然のように持っています。

シンプルで、時に質素と思われがちな生活をしていますが、実際はこういった堅実な生き方をしているため、借金をしていない、あるいは少ないという方がほとんどです。

青森県のお金に関する考え方や性格など

青森県のお金に関する考え方は、非常に堅実であるということです。

先ほどから度々触れていますが、要らないものは基本的に購入しませんし、お金を人にあげること(冠婚葬祭など)も他県より行いません。

また、日常的な買い物であっても値切ることを多く行い、「ゆるくない」という値切りの言葉をかけて価格を下げる交渉を盛んに行う県民でもあります。

ただ、情に厚い事から、身内や知人との売買ではこういった交渉を行いません。

また、そういった間柄で値引きを試みても、決して相手は応じないという堅実さも見られます。

給料としてお金をもらうのではなく、自分で稼ぐという自営業的な発想の方も多く、もらえるものは何でももらうという強さも持っている県民性です。

青森県のお金事情まとめ

青森県は、かつてのように出稼ぎをして生活をするということは少なくなりました。

しかし、こういった生活をしなくなった現代であっても全国水準に比べて平均所得は低い傾向にあります。

さらに物価も相対的に高めに感じられることがあり、特に家賃や光熱費の高さは、全国でも上位に入るというのが現状です。

このように普通に生活すれば、入ってくる分よりも出て行く分の方が多くなりがちですが、青森県民の忍耐強さによって倹約がなされ、生活を維持している方が多くを占めています。

こういったシビアな金銭感覚ではありますが、困っている方がいれば積極的に助けてくれるのが特徴です。

ただし、金銭的な援助はほとんど行わないので注意しましょう。

青森県で定評あるショッピング枠現金化店舗エリア一覧はコチラ

青森市 弘前市 八戸市 黒石市 五所川原市 十和田市 三沢市 むつ市 つがる市 平川市 平内町 今別町 蓬田村 外ヶ浜町 鰺ヶ沢町 深浦町 西目屋村 藤崎町 大鰐町 田舎館村 板柳町 鶴田町 中泊町 野辺地町 七戸町 六戸町 横浜町 東北町 六ヶ所村 おいらせ町 大間町 東通村 風間浦村 佐井村 三戸町 五戸町 田子町 南部町 階上町 新郷村

Copyright© 2014~〔最新2020.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.