開業や独立はお金がかかるものですが、現金化までの道のりが長いケースも多いのがポイントです。どんな業種で開業するかで違いがあるものの、地域で信頼関係を築くためには時間がかかることが多いため

開業は余裕資金を用意して現金化まで想定外出費に堪えないといけない!

更新日:

開業で首位の信頼を深めていく

開業や独立はお金がかかるものですが、現金化までの道のりが長いケースも多いのがポイントです。どんな業種で開業するかで違いがあるものの、地域で信頼関係を築くためには時間がかかることが多いためです。

開業後の計画の見通しが甘く、早期に廃業してしまう人が多いのもポイントになります。事前にリスクを知った上で管理することや余裕資金を用意しておくことは重要で、積極的に状況の改善を目指す姿勢も大切になってきます。

開業後に現実を知ってしまう人が多いのがポイントに

開業後に耐えれる余裕資金を用意しよう
様々な仕事を経験し、開業独立を果たす人は珍しくなくなっています。企業などに勤めていても稼げる金額が限られるなど、スケール面で物足りなくなってしまう場合もあります。また、開業することで収入が飛躍的に増えるケースがあるのもポイントです。

しかし、開業後に現実を知ってしまう人もいます。開業したからといって仕事がすぐに舞い込むとは限らず、地道な営業活動などが必要になることも多いのです。もともと地域で活躍していたなど下地がなければ、ゼロから情報を発信しなければならない場合もあります。

コンサル担当言うことがあてにならないケースもあります。開業したい人の背中を無責任に押し、話しを膨らませることでコンサル料金の増額も目指す悪質な人間も存在するためです。専門外だからといって他人に任せるのは危険で、任せるのであれば十分に信用できる人間か判断できるだけのチェックも必要になります。

余裕資金がどれだけあるかで、どれだけ予想が外れても耐えられるかがかわる点にも理解が必要です。場合によってはすぐに廃業して出直したほうが傷が浅く済む場合もあります。開業をするということは、経営のリスクを全て負うということでもあるのです。

業種によって開業からお金が手に入るまでの時間が異なる

開業する場合は、売上げの発生から現金化するまでの時間も考えておく必要があります。たとえば、開業医になる場合は、診療報酬をえるためにレセプトの提出が必要になります。各期間でレセプトを審査した後に、保険負担分の報酬が支払われ仕組みです。そのため、医療費の現金化はどうしても時間がかかるのです。

飲食業の場合はクレジットカードを利用可能にするかでも違いが出ます。現金のみの支払いであればすぐに手元に売り上げが入ってきますが、クレジットカードの場合は1ヵ月程度遅れて収入になるからです。クレジットカード払いは手数料がかかることにも注意が必要になります。

売上げ自体は好調でも、報酬が入るタイミングや現金化のタイミングで資金がショートし、黒字で廃業してしまう人もいます。税金の支払いや急な費用の発生など、経営上の障害は数え切れないほどあるのです。

想定外の出費に備えて余裕資金を用意しておくほか、売掛債権を現金化するファクタリングなど、運転資金確保のための工夫も必要になってきます。

開業するなら融資や補助金の条件チェックも必須に

開業後の資金が不足する可能性がある場合は、銀行などの金融機関からの融資や、行政からの補助金などを受けられるかもしっかりと確認する必要があります。金融機関は事業計画などを確認した上で融資が可能かどうかを決定します。融資が受けられない場合は、現実的な計画になっていないこともあるため注意が必要です。

行政から補助金をえる場合は、いつ申請をすればいいのか、どのような基準で貰えるのかをチェックしておく必要があります。基準を満たせなければ補助金の対象から外れる場合もあります。補助金を要件を満たすために費用負担が増すこともあるため、割に合うか考えたほうがよい場合も多いのです。

たとえば、開業して地域の人間を多く雇用する場合は、地域独自の補助金などを受けられる可能性も出てきます。ただし、売上げが伸びなければ人件費の負担が重くのしかかることになります。

銀行融資も補助金も審査に時間がかかることが一般的で、申し込みから現金化までにタイムラグが生じます。条件を満たすために密にコミュニケーションをとり、申請が通らないというリスクを減らす必要もあるのです。

開業時の失敗を避けるためのポイントになるのは

開業前にしっかり経験をつもう!
開業時の失敗を避けたいのであれば、同業他社の開業に関わってみるのも方法です。実際の開業手続きなどを聞いてリスクコントロールの方法を学ぶことや、その後の経過を見ることは大切です。人づてに情報を聞くのと、積極的に関わるのでは情報や時間の密度が異なり、よい経験になることも多いのです。

経験をした上で、開業を避ける人もいます。人によって受け入れられるリスクに差があり、開業を避けたほうが正解と考える人も多いからです。地方の場合は人口の変化も影響してきます。独立開業して、元を取れるほど周囲に人がいるのか、都心部に出た場合は競争が激しい中で生き残れるかを考えなければならないからです。

実際に開業して失敗したと感じても、取り返しがつくこともあります。積極的な宣伝や開業戦略の切り替えで盛り返す人も存在するからです。自分に何ができるのかを考え、どう工夫していくかは重要になります。

隙間時間や仕事が来ない期間を見越した上で、副業で稼ぐスキルを見につける方法もあります。店や事務所にいながらパソコン一つあればできる仕事などを組み合わせ、収入を補う方法もあるからです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.