ユーチューバーは、オリジナル動画を数多く投稿しつつ再生回数を稼いで広告再生数により収入を現金化することで生計を立てています。政治発言や差別表現といった内容に触れると、審議の上でアカウント凍結されてしまうので、人気のユーチューバーほど複数アカウント体制で常に運用することで収入が途絶えないようリスク分散化しているのです!

ユーチューバーは動画コンテンツと広告挿入数で得られる現金が最大に!

更新日:

ユーチューバーとはどのような人達を指すのか

ユーチューバーとは、Google社が運営する動画投稿サイトを使って稼いでいる人の中で、広告収入を主な収入源として生活している人のことを指します。

多くは顔出しまたはブランディングにより日常生活を多少犠牲にしてでも定期的に自らの動画を閲覧してもらえる利用者を集めている状態です。

なぜなら、広告収入により生計を立てているため、動画再生数が減ることは収入減に直結することから、競合相手よりも少しでも目立つことが必要だからです。

仮面により素顔を隠したユーチューバーにもなれますが、いつ人が入れ替わるか分からないために素顔を晒している人よりも固定のファンを獲得することが難しいとされていて、不利な状況にあります。

ユーチューバーはアクセス数を稼ぐことで広告収入を得る

ユーチューバーは、多くの人に閲覧されやすい動画を連日投稿することにより、アクセス数を稼ぐことで広告収入を得ています。

単にアクセス数を稼ぐだけでは大した広告収入とはならないので、基本的に動画の途中で広告が再生されるように広告を挿入しつつ動画を作成している状況です。

広告が一切挿入されていない動画も投稿できますが、再生数に対して得られる報酬が僅かとなるので、ユーチューバーは堂々と広告を動画再生中に挿入しています。

中には広告収入最優先で広告数を多く挿入しすぎて、チャンネル登録者が減ってしまい収入減に陥る人が少なく有りません。

ポイントとなるのは、広告再生頻度とコンテンツの充実度のバランスをいかにして調整するかが重要です。

ユーチューバーは、独自に動画を編集して効果音や字幕だけでなく概要とリンクを張って、相互の動画に関連性を持たせることにより複数本の動画再生を視聴者がしてくれるように誘導します。

ユーチューバーとなり数多くのチャンネル登録者と再生回数を確保するためには、動画本数と広告挿入量のバランスを最も収益性が高くチャンネル登録者が減らないよう工夫する必要があり、ユーチューバー同士で独自のノウハウが構築されているわけです。

ユーチューバーの広告収入はアカウント毎に単価が異なる

ユーチューバーの広告収入は、開設しているアカウント毎に単価が異なっているので、同じユーチューバーが保有している複数のアカウントであっても広告単価に違いがあります。

日本国内ではユーチューバーの利用者として必ずしも商品購買力がある成人ばかりとは限らず、実際には視聴年齢層が小学生中心といったユーチューバーアカウントもあるくらいです。

企業が出している広告は表示回数に応じて課金されるので、購買力が無い小学生ばかりに再生されても広告効果が得られないという問題が発生しました。

そこで、クッキーを利用した視聴年齢層に合わせた広告単価が適用されるようになり、子供ウケが良いユーチューバーはgoogle側の広告単価改定により収入が激減した人もいるくらいです。

また、ユーチューバーの中には今までチャンネル登録者を増やしてきたにも関わらず、ある日突然アカウントが凍結されてしまうことも珍しくありません。

このため、サブチャンネルや別チャンネルを同時に開設することにより、リスクを分散化させていることが多いです。

政治的な発言や差別・犯罪に絡む動画をユーチューブに上げてしまうと、過去に遡って視聴者からのクレームがGoole側に寄せられた時にアカウント凍結が行われることがあります。

ユーチューバーは企業とのタイアップによるステルスマーケティングに使われる

ユーチューバーは、企業に依頼されて特定のサービスや商品について紹介するレビュー動画を上げることが珍しくありません。

実際に商品を開封して使用してみた感想を生の声として視聴者へ届けるという意味合いがありますが、中には企業からの依頼であることを伏せたステルスマーケティングが横行している現状です。

◯◯を使ってみましたといったレビュー動画の中に、明らかに褒めすぎという動画を見かけた際には、ステルスマーケティングである可能性を考慮しなければなりません。

ユーチューバーの中には、話題の商品を実際に興味本位で使ってみた感想をそのまま動画にしたら、次回以降はこの商品でレビューして欲しいという依頼が入りステルスマーケティングに協力するようになったという人も多いです。

そこで、ユーチューバーによるレビュー動画を閲覧する際には、メリットとデメリットがバランス良く配置されているかどうかを基準として参考にしてみると良いです。

必ずしもユーチューバーが作成した動画は、真実を反映しているとは限らない点に注意しなければなりません。

ユーチューバーと現金化は密接な関係があるというまとめ

ユーチューバーは職業として動画を作成してユーチューブへアップロードしているので、広告収入により生活していることから現金化できるポイントを必ず作っています。

広告収入が突然途絶えてしまわないように、ユーチューバーは複数のアカウントを用意してチャンネル登録依頼を行っており、メインチャンネルとサブチャンネルが同時に凍結されてしまうことを避けるために異なる方針で運営することが珍しくありません。

過去にアカウント凍結を経験しているユーチューバーほど、複数アカウントを用意しておきどれか1つのアカウントが凍結された際には、別のアカウントへ速やかにユーザーを移行させることで収入減を最小限に留めるという現金化を行う手段を複数確保している状態です。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.