世界で進むキャッシュレス化!うまく活用すればポイントの二重取りもある

更新日:

社会のキャッシュレス化は世界中で進んでいて、現金を持たない文化が根付いている国も存在します。

日本はキャッシュレス化が遅れている国の一つで、電子マネーやクレジットカードを利用する人も増えています。

それぞれの利点を知って生かすかことが重要になっているのです。

世界中でキャッシュレス化が進んでいる理由は何なのか


世界中でキャッシュレス化が進んでいる理由の一つが、社会の効率化です。

現金は社会に当たり前に溶け込んでいますが、発行に費用が発生するほか、大金を移動させる場合は警備の費用や輸送のコストがかかってしまいます。

世界中でキャッシュレス化が進んでいる理由は何なのか

仮想通貨などに注目が集まるのも社会的なコスト減に貢献してくれる可能性があるからです。

金融網が未発達な国は現金が主に流通すると課税の対象を把握しづらいといった面もあります。

現金取引が主流で銀行などに記録が残っていないと、税逃れなどが簡単になってしまう恐れがあるからです。

インドの高額紙幣の廃止など、思い切った政策で強引にキャッシュレス化をすすめたケースもあります。

キャッシュレス化の技術を他国に輸出すれば、大きなビジネスチャンスになるのもポイントです。

特に電子マネーを使った決済は利便性が高く、小銭などを持ち歩く必要がないことから人気になっています。

クレジットカードと連動させることも難しくないため、日本でも利用する人が珍しくなくなっているのです。

クレジットカードを利用してお得に買い物をする人は増えている

日本でもクレジットカードは普及していて、お得に利用する人は増えています。

クレジットカード決済でポイントが貰えるケースが多いため、還元率の高さでも競争が起こっているからです。

クレジットカードを利用してお得に買い物をする人は増えている

クレジットカードを使って電子マネーのチャージをすることでポイントを二重取りする人もいます。

電子マネーの買い物で独自ポイントがたまる仕組みを採用している企業は珍しくないからです。

では、なぜ日本でキャッシュレス化が遅れているかといえば、電子マネーの規格の乱立が原因の一つと言われています。

電子マネーは様々な企業が発生していますが、統一された規格がないためわかりにくい部分があるのです。

A社とB社とC社の電子マネーがあっても、それぞれの会社やグループでしか利用できないということが一般的です。

不便だと思う人が多いからこそキャッシュレス化が進まない理由にもなっているのです。

クレジットカード決済を行うと、お店側が手数料を負担しなければならないのもポイントになります。

都心部であればクレジットカード決済を導入することで手数料以上の収入増を目指せますが、赤字の確立が増える地域や業態も存在するのです。

カードが使えない場合はキャッシングやクレジットカード現金化で現金を用意するなど、使い分けも大切になるのです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.