モバイルWi-Fiルーターの利用者は多く、固定回線よりもモバイル回線を選ぶ人も珍しくなくなっています。理由の一つになっているのが手軽さです。Wi-Fiルーターはレンタル品なども存在し、どこでも持ち運ぶことができます。すぐに使えて引越しなどの影響を受けにくいことも選ばれる理由になっています。

Wi-Fiルーターの上手な生かし方?キャッシュバック目当てで利用する人も

更新日:

モバイルWi-Fiルーターの利用者は多く、固定回線よりもモバイル回線を選ぶ人も珍しくなくなっています。理由の一つになっているのが手軽さです。Wi-Fiルーターはレンタル品なども存在し、どこでも持ち運ぶことができます。すぐに使えて引越しなどの影響を受けにくいことも選ばれる理由になっています。

データの使い放題サービスも一般化していて、回線速度が速いことも魅力です。各社が競争を繰り広げているためキャッシュバックなどが充実しているのもポイントになります。商品券などが貰える場合もあるため、うまく現金化してしまう人もいるのです。

Wi-Fiルーターは非常に需要が高いのがポイント

ルーターは需要が高い!
スマホの普及によってネットに繋がらない環境が耐えられないという人が増えています。便利な分中毒性が高いのがスマホの特徴でもあります。その分通信料も増えてしまいがちで、通信制限に悩む人も増えているのです。

データの使い放題サービスを提供する通信会社も増えているものの、実際には制限がかかりがちな点に注意が必要です。3日間の合計データなどから速度規制をおこなう通信会社は多く、スマホの使い方次第では使い放題でも物足りなくなってしまうことがあるのです。

そんな時に役に立つのがWi-Fiルーターの契約です。スマホよりも大容量で、制限がかかりにくいプランを用意する通信会社も存在しているからです。通信速度の速さや持ち運びの便利さ、パソコンの併用が可能など通信容量以外のメリットもあります。

人気が出れば、それだけ競争が激しくなるのもポイントです。需要が高ければそれぞれの通信会社が工夫を凝らし、キャッシュバックなどのキャンペーンを充実する傾向にあるのです。キャンペーンの充実度とコストパフォーマンスでWi-Fiとスマホの通信プランを比較したり、併用を検討するのは当たり前になりつつあるのです。

Wi-Fiの契約で商品券などが貰えることも

Wi-Fiの契約のキャッシュバック方式は様々です。契約口座にお金が振り込まれるケースがあるほか、月額料金の割引やポイントバック、商品券での還元など複数の特典を組み合わせたものもあります。ポイントや商品券は換金しやすいため、臨時収入につなげることも可能です。

現金化しやすいかどうかで契約を選ぶ方法もあります。ポイントバックは月額料金の割引などに当てられることが多いものの、商品に交換すると物足りなく感じるケースがあるため注意が必要です。キャッシュバックの発生は長期契約が前提になることが多いのも特徴で、半年後、1年後に受け取れるといったケースも多いため注意が必要です。

お金に困っているものの、クレジットカードのショッピング枠が余っている状態であれば、商品券などを受け取って臨時収入にすることも考えられます。一時的なつなぎとして契約を利用することも可能なのです。月額料金が発生するため多用はできないものの、万単位の臨時収入を確保することができます。

Wi-Fiルーター自体を売ってしまう人もいる?!

クレジットカードがあっても手持ちの現金が足りない場合は、Wi-Fiルーター自体を売ってしまうという方法も視野に入ります。通信SIMの売却や契約自体を売却するのは違法行為に繋がる可能性があるためNGです。しかし、Wi-Fiルーター本体を中古ショップなどに売ることは可能なのです。

未使用のWi-Fiルーターであれば、数千円単位で買取する業者も存在します。分割支払い中でも買取をおこなってくれる業者も存在し、お金に困った際の換金手段に使うこともできるのです。宅配買取などに対応している業者も存在し、近くに買取ショップがない人でも使いやすくなっています。LINEで画像を送ると査定してくれる業者も存在します。

注意点は通信用のSIMが余ってしまうことです。ただし、もともとWi-Fiルーターを利用していた場合は古い端末に新しいSIMを入れ、新品の本体を売るという方法も出てきます。新しいWi-Fiルーターほど買取り価格が高くなるため、売り時や処分がわからなかった場合は再利用してしまうのも方法なのです。

Wi-Fiルーターを売る場合は違約金に注意が必要

Wi-Fiルーターを現金化する場合違約金に注意!
Wi-Fiルーターを現金化する場合や、キャッシュバックをうまく生かす場合は、元をとれるかどうかも重要になります。Wi-Fiルーターの契約を早期に解約してしまうと、違約金が発生する恐れもあるため注意が必要です。お金や商品券を受け取れるタイミングをうかがいつつ調整する必要があります。

基本になるのが、実用を前提に契約することです。2年から3年程度の契約とセットで割引が受けられることも多いため、契約が切れるタイミングで乗り換えを検討します。キャッシュバックと本体割引をあわせてお釣りが出るようであれば乗り換えが候補に入ります。特に問題がなければそのまま使い続けるのも方法です。

違約金が発生してもキャッシュバックなどの金額の方が高くなるケースもあります。違約金以上のサービスが受けられる場合も乗り換えが視野に入ります。この場合は古い端末にSIMを入れ、新しい本体を売ればさらに換金率が高まります。特に春先はキャンペーンが充実していることが多いためチェックするのがおすすめです。

通信会社はキャッシュバック以上の収益をえる前提で様々な商品を開発しているため、消費者との駆け引きになっている部分もあります。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.