消費税増税は社会保障制度維持のためな財源確保のために避けられない負担であり、国民全員で平等に負担を共有できる消費税の必要性や、消費税導入によるのメリットとデメリットに加えて公平な負担感実現のために実施された軽減税率などの対策による負担軽減措置の紹介、今後予想される政府の消費税に関する展開を説明していきます。

消費税が増税されてしまった感が強い今回の増税の光と影とは

更新日:

なるほど納得!消費税増税ってそういうことですか!

なぜ消費税が増税されるのか?それは取りやすいところから取れるだけ取るのが税金だからとあきらめムードの方もたくさんいるようですが、これからの少子高齢化で少ない働き世代と増加する高齢者という構図の中では医療や介護などの社会保障のために必要な財源を十分に確保することは難しいですから、足りない社会保障の財源を消費税増税で少しでも補おうとする対策なのです。

社会保障のための国の予算は税金などでまかなわれていますが、高齢化によって社会保障にかかる費用が急速に増えると財源不足から社会保障制度の維持が困難になってしまうのです。

そういった危機感から導入された消費税は所得税などと違って子供や高齢者にも負担してもらえることになり、国民全員で社会保障の財源を平等に負担することになりますから比較的増税が受け入れられやすい税金だと考えられています。

消費税の欠点となんちゃって救済策から見えてくるもの

消費税は誰しもが同じ負担を強いられる税金ですから平等である反面、裕福である人と日々の生活で手いっぱいの人では実際の負担感は全く違ってきてしまい弱い者いじめのような効果を生み出しかねませんからそういった逆進性に配慮した政策が同時に必要になり、今回の消費税増税では日本の消費税において初の導入となる軽減税率という制度を登場させました。

酒類や外食を除く飲食料品は今までどおり8%の消費税で購入することができるなどの低所得者への配慮から生まれた軽減税率は消費税の欠点を補う優れた制度なのですが、視点を変えると社会保障制度維持のための財源としての消費税による税収が少なくなってしまうため不足分を国債発行で補うことになってしまうという一面もあるのです。

国債のツケを払うことになるのは今の若年世代ですから、シルバー民主主義などと揶揄される単なる負担の先送りにしかならないことを分かっていながらこうすることしかできなかったのは何に原因があるのでしょうか。

消費税増税後どうするの?どうにかなるのならないの?

1988年に導入されて以来3%、5%、8%と引き上げられ続け今回の増税で10%の消費税二けた時代に突入しましたが、過去には消費税の導入によって景気が冷え込み悪化したという失敗もあり、今回どのような結果になるのか予断を許しません。

消費税の家計に与える影響は大きく消費の冷え込みや景気の悪化という過去の失敗を繰り返さないために、政府は軽減税率の他にもいくつかの対策をとっています。

3歳から5歳までのすべての子供の幼稚園や保育所、認定こども園の費用の無償化を行い、低年金の高齢者に対しては年金生活者支援給付金の支給を実施。

低所得者や子育て世帯に対して一定期間に限って使用できるプレミアム付き商品券を発行し、住宅や自動車といった耐久消費財の購入者に対しては負担軽減の税制措置をとっています。

事業者向けには消費税の軽減税率制度にかんするQ&AというPDF100枚超の資料が配布されていますが、どこまでが軽減税率の8%でどこからが本来の税率の10%のなのかというヒントがすべてこの中にあるわけですから線引きはそうとう厄介なものになると予想できますし、線引きをどうするのかに関するもめ事も多発する可能性大です。

消費税増税がたどり着くゴールの光景はズバリこれだ!

消費税は導入したが最後上げられるところまで上がってゆくという性質があり、政府は景気動向を見ながら導入するか否かを慎重に判断するという建前のもと景気動向というあいまいな判断基準を利用して消費税増税を繰り返すでしょう。

日本の高齢化による社会保障費の増大は消費税10%程度ではどうにもならないことはすでに明らかですから、消費税10%の時はまだ楽だったなあと思い返す日はそう遠くないと考えられます。

最終的には欧州諸国並みの20%台で落ち着く形となる可能性が高く、社会保障制度維持のためにはこのレベルの負担が必要不可欠ということなのでしょう。

現金化は消費税増税の影響を受けるの?受けないの?

クレジットカードの現金化をする時には利用する人が消費税を支払います。

現金化は現金化業者から利用者が商品を購入したキャシュバックとして利用者に現金を振り込んでいますから、消費税を支払わなくてはいけません。

通常は現金化業者のホームページに記載されている換金率には消費税や手数料は考慮されていないため、消費税込みで考えれば現金化業者が提示した換金率で計算した金額から消費税分が差し引かれて指定口座に振り込まれることになり、実質的な換金率は下がることになります。

たった2%といえども高額利用をする場合はかなりの痛手となりますから、これから現金化業者を選ぶときには高換金率であるということだけでなく手数料等が全く引かれることのない業者を選ぶことが大切です。

手数料等が全くかからない業者であればホームページに記載されている換金率が他社と比べて多少低くても、手数料や消費税10%が差し引かれませんから実際に振り込まれる金額は高い換金率を提示している業者よりも高額になります。

時間のある人は業者が行っているキャンペーンをチェックして、新規申し込みでアップする換金率やプレゼントされる現金を加味したうえでトータルでどこが一番お得なのかを検討してみましょう。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.