Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

他人のクレジットカードを使う方法はありますが法律上の問題が生じます。これはクレジットカードには名義があり、本人以外が使うと名義を偽った詐欺罪が成立してしまうからです。家族名義のクレジットカードを本人の許諾を得て利用しても詐欺罪が成立したケースもあるのです。

他人のクレジットカードを使う方法はあっても違法なのか?解釈のポイントを見極める

投稿日:

インターネットショッピングなどをしていると、クレジットカードは名義の入力とクレジットカード番号、有効期限、カード裏面記載の3桁のコード入力を求められることが一般的です。

他人のクレジットカードを使う方法はあっても違法なのか?解釈のポイントを見極める

まれに3Dセキュアなど二重の三重のセキュリティでパスワードなどの入力が求められるケースがありますが、全てのサイトで求められるわけではないのがポイントです。

実質的に他人のクレジットカードを使うことは可能になっていて、買い物などに利用することもできます。

注意したいのは他人のクレジットカードを利用する違法性です。

クレジットカードには名義があり、本人以外に貸すことは利用規約違反になります。

他人に貸したことがわかってしまうとカードの利用停止や強制解約が起こりえるのです。

借りた側でなく、貸した側に不利益が発生します。

また、借りた側の刑事責任が追及される可能性もあります。

不審な買い物に関しては本人に確認の連絡が入るケースもある

インターネットショッピングを経由するなど、他人のクレジットカードを使う方法はあります。

不審な買い物に関しては本人に確認の連絡が入るケースもある

しかし、クレジットカードの規約違反であるだけでなく、高額の買い物や不信な買い物があった時は本人確認の連絡が入るケースや、決済自体が処理されない可能性がある点に理解が必要です。

これは不正なカード利用を防ぐためで、クレジットカードの貸し借りだけでなく、盗難などで第三者が利用することを防ぐためでもあります。

航空券の購入履歴がなく海外で使われるなど、カード番号の流出の恐れがあるなど不正な利用が疑われるものもカード会社が決済の許可をださない場合があります。

人によってマネースケールが違うため、高額なショッピングなどになにが該当する該当するかという基準はないものの、確実に決済が通るという保証はないのです。

ギフト券の購入などは不正利用が疑われやすい

他人名義のクレジットカードでamazonギフト券等のギフト券を購入し現金化する手法は不正行為によく利用されます。

そのためギフト券販売強者もカード会社側も厳しくチェックしていて、決済が通らないケースがあります。

高額なギフト券購入ほどチェックに時間がかかるのはそのためで、数万円単位の購入をしようとすると決済自体が通らなくなる可能性が高まるのです。

電子マネーの購入やバンドルカードなどにチャージし、ショッピングの承認を通すなど不正対策を迂回する方法もあります。

しかし、電子マネーのチャージは一日の上限額が決められているなど別な制限がかかっていることが増えます。

バンドルカードやチャージ式のプリペイドカードにも制限がつく場合があるのもポイントです。

仮に他人のクレジットカードを利用しても制限が存在し、疑われる確立も高くなるのです。

コンビニやスーパーの小額決済は可能だが名義で疑われやすい

コンビニやスーパーのクレジットカード利用は、小額であればサインも不要なケースが増えています。

コンビニやスーパーの小額決済は可能だが名義で疑われやすい

他人のクレジットカードを利用する方法として真っ先に利用しようとする人もいますが、利用の履歴が残ることと、名義の不一致を指摘された場合にどうなるかは考える必要があります。

たとえばカード名義から男女の性別があきらかな違いがわかる場合は店員の判断で通報されるケースなどもありえます。

また、拾ったカードを使うなど不正に入手したカードを利用すれば購入履歴などから責任が追求される恐れがあります。

コンビニやスーパーのレジは監視カメラがつくことが一般的になっているため、履歴だけでなく自分の姿が映るのがセットになる可能性が高まるのです。

拾ったカードなどは使わずに警察に届け、不正に利用しないことが大切です。

他人のクレジットカードを利用した場合は詐欺罪が成立することがある

他人のクレジットカードを利用する方法はありますが、その違法性にも理解が必要です。

クレジットカードには名義があり、他人が利用した場合は名義を偽って利用したことがあります。

他人のクレジットカードを利用した場合は詐欺罪が成立することがある

購入したショップに対する詐欺罪が成立する他、クレジットカード会社からは損害を与えたことに対する賠償を請求される可能性があるのです。

被害の届出が出されなければ判明せずに終わりますが、家族のクレジットカードを利用する場合であっても注意が必要になります。

名義人の不一致を理由にショッピングした店側から通報が入ることもあるからです。

過去には家族からカードを借りるという許可を貰っていても詐欺罪が成立したケースもあります。

他人のクレジットカードは使わない、貸さないことが原則です。

被害の届出がなければバレないといっても注意が必要

他人のクレジットカードを使うのは基本的に違法で、本人に許可を得ても法律上犯罪になるケースがあります。

ただし、本人の許諾を取った上でインターネット上で利用した場合は実際に誰が決済を行ったかを判断しにくく、通報などに繋がる可能性は低くなります。

ただし、高額決済などで本人確認の連絡が入った場合に、「カードを貸した」といった発言をすればカードの持ち主が規約違反を問われ、不利益をこうむる可能性があります。

家族のクレジットカードを使った代理の決済でもトラブルが発生する恐れがあるのです。

バレないから安心というわけではないため注意が必要になります。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.7月夏版〕マネフレ All Rights Reserved.