車両保険加入していてもその補償内容について知らないことが多いと思うので、車両保険の補償内容について分かりやすく紹介います。これから加入を考えている方もいるかと思いますが、そんな方のために加入する場合の判断基準や、意外と知らない保険金の受け取り方があるので、 詳しい車両保険の概要について知ることができます。

車両保険はいざという時のために必要!そして現金で受け取ることも可能だった!

投稿日:

知っているようで知らない車両保険についての話

自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類あります。

車両保険の補償内容と意外な保険金の受け取り方による現金化内容とは

自賠責保険は、すべての自動車の所有者に加入が義務付けられており、強制保険ともいいます。

自賠責保険は、事故を起こした相手に対して補償がされます。

しかし、自分の自動車に対する補償はされません。

もし、その補償を付けたいのなら、任意で保険に加入する必要があります。

自分の自動車に対して補償する保険を車両保険といいます。

もし自分の自動車にも補償を付けたいなら、車両保険に加入する必要があります。

車両保険の大まかな補償内容と車両保険金額

車両保険は、事故で損害を受けた自分の自動車に対して補償をしてくれます。

衝突、接触、当て逃げ、自損事故、盗難、車体に落書きなどの場合に、その内容によって限度額に合わせた保険金を受け取ることができます。

最近は、異常気象によるゲリラ豪雨や台風などの自然災害によって、自動車が損害を受けることが多くなっていますが、この場合も保障されます。

では、補償される場合は、どれくらいの保険金が支払われるのでしょうか。

車両保険には車両保険金額という支払限度額があります。

つまり、支払われる保険金は、設定されている金額までしか支払われません。

そして、車両保険金額は、自由に設定することができないのです。

車両保険金額は、所有する自動車の時価を初年度登録から計算していき、保険加入時の時価相当額で設定されます。

時価相当額は、自分の自動車が仮定で、一般市場で販売された場合に設定される価格です。

そのため、車両保険金額は時価相当価額以上に設定できず、時間の経過とともに減っていき、だんだん設定される金額も低くなっていきます。

しかし、車両保険金額は、車種や年式、型式で決められた範囲があり、その範囲内で金額を設定することもできます。

車両保険の2タイプの補償範囲とメリットデメリット

事故で損傷した自動車の修理費用などは、急な出費です。

自賠責保険だけでは、相手に対する補償だけなので、自分の自動車の修理費用は自腹になってしまいます。

しかし、車両保険では、その費用を補うことができます。

車両保険に加入する最大のメリットは、自分の自動車を対象に補償してくれることです。

ある日突然、事故は起こります。

そのため、まとまったお金がなくて、修理費用などを捻出できない場合も考えられます。

車両保険に加入しておくと“万が一”が起きても、慌てることなく対応できます。

しかし、車両保険には、デメリットもあります。

それは、保険料の負担が多くなることです。

そして、補償範囲には2タイプあり、選び方を間違えると十分な補償がもらえない場合も考えられます。

車両保険の補償範囲には、一般型とエコノミー型の2タイプがあります。

それぞれの主な補償範囲は、次の通りです。

・エコノミー型

衝突や接触、落書き・いたずら、盗難、飛来・落下物との衝突、台風・洪水など、火災

・一般型
衝突や接触、落書き・いたずら、盗難、飛来・落下物との衝突、台風・洪水など、火災、当て逃げ、転覆・墜落、単独事故、自転車との接触、地震、噴火、津波

上記の補償範囲を見ていただけば分ると思いますが、エコノミー型よりも一般型の方が、補償範囲を広く設定しています。

一般型の補償範囲は、ほとんどの車両事故が補償対象になっているので、オールリスク型と呼ばれています。

しかし、その分保険料がエコノミー型に比べて高くなっています。

エコノミー型は、一般型に比べて保険料が安くなっていますが、その分限定された補償になっています。

この2タイプの補償範囲と保険料を比べて、運転経験の長い方や保険料を少しでも抑えたい方がエコノミー型を選択しています。

しかし、自動車を動かす以上は、何が起きるか予想できません。

運転に自信のない方などは、一般型を選択して万全の態勢をとっています。

どちらのタイプを選択するかは、加入者の方針しだいです。

ただ、保険料を安くしたいだけで決めるのではなく、自身の運転経験や補償範囲を考慮して選びましょう。

車両保険の加入を決める判断基準は何?

車両保険の加入率は、2017年度3月末時点で43.8%です。

自動車を保有している方のほぼ半数が加入しています。

では、加入を考える場合には、何を基準に判断すればいいのでしょうか。

そこで、主な基準を次の通り書き出してみました。

・自動車の時価額

車両保険金額は、自動車の時価相当額から決められます。

そのため、自動車が古くなると設定される保険金額が低くなってくるので、十分な保険金をもらえなくなります。

この場合は加入しない方がいいかもしれません。

・ローン残高

自動車をローンで購入する方は、多いと思います。

もし、ローンの途中で自動車が全損するような事故に遭ったとします。

その場合に加入していれば、支払われた保険金で残りのローンに充てることができます。

そのことを考えた場合、ローンを抱えている人には加入をおススメます。

・自動車を日常的に使用している

通勤などで日常的に自動車を使用している方は、自動車を使えないと生活に支障をきたすことになります。

そのため、加入しておく方がいいでしょう。

車両保険は、加入しておいてもジャマになるものではありません。

しかし、場合によっては加入しない方がいい場合もあります。

車両保険の保険金は現金で受け取ることができる?

一般的に車両保険で支払われる保険金は、事故などで損害を受けた自動車の修理費用に充てますが、修理をせずに現金で受け取ることも可能です。

車両保険はいざという時のために必要!そして現金で受け取ることも可能だった!

多分、多くの方は、このことを聞いて詐欺だと思われるのではないでしょうか。

しかし、これは自動車保険の約款に記載されていることで詐欺には当たりません。

保険金を現金で受け取るためには、保険会社にそのことを伝えるだけ了承されます。

しかし、注意点もあります。

補償されて下りる保険金は、修理費用の見積りをして保険金額を算出しています。

そして、そのうち受けと取ることができる保険金は、見積額の消費税と、保険会社の損害調査費用が差し引かれた金額です。

一般的に、現金で受け取れることは知られていませんが、
中には車体を擦っただけなどの場合に、修理せず現金で受け取る方もいます。

擦っただけなら、問題ないと思われますが、衝突した場合だと内部に損傷を負っている可能性があります。

その場合、あとになって走行に障害が出て、受け取った保険金よりも高くつくことにも成りかねないので注意しましょう。

車両保険は、加入しておいて損がありません。

しかし、その保険を自分に合った内容で適切に使用することが望ましいです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.