Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

株を売買するなら口座選びが重要!口座開設でたまるポイントを現金化することも可能!株売却や持株会など株主優待券を活用してお得な利用もできるタイミングもあるので、株の手数料などの計算方法で一度確認しておくのもいいかもしれませんね。

株をするなら口座選びが重要!現金化目的で考えるのも大切

更新日:

株をするならニーサ口座選びなどが重要不可欠!株を売買するなら口座選びが重要になります。株の売買には手数料が発生するからです。

また、夜間でも株取引が可能なPTSに対応可能な証券口座も存在します。

口座開設でたまるポイントを現金化することも可能で、複数の口座を作った方が良い場合もあります。

株と一言で言っても、儲け方は人それぞれです。一つが短期売買で利益を得ることで、他にも配当収入や長期保有で価値が上がるのを待つ方法もあります。

それぞれに応じて適した証券会社が存在し、どのように運用するかも大切になってくるのです。

株取引の仕方や株主優待は人それぞれになる

株取引の仕方は人それぞれで、どのように利益を出したいかがかわります。株は売買で利益を出せるほか配当収入を得ることもできます。※人気の企業や好みの企業による株主優待券もお得です

ただし、配当を行っているのは一部企業であり、赤字企業の中には配当をする余裕がないケースもあります。

配当金を設定していない企業もあるため、保有によりどんなリターンがあるかはチェックしたいポイントです。

売買で利益をあげる場合も、短期取引を利用するのか長期保有をするかでも違いが出ます。

長期保有の場合は数年から数十年単位で待つことになるのが珍しくないのが特徴です。

短期の場合は活発に取引することになるため、手数料にも注意が必要です。

証券会社によって株取引の費用はまちまち

証券会社によって株取引の費用はまちまちです。少額の取引であれば無料であるケースもあれば、大きな金額を動かす場合には割安になるケースもあります。

証券会社ごとに強みがあるため、自分の取引スタイルに合わせて利用するのが基本になるのです。

手数料以外にも、夜間取引ができるPTSが利用できる証券会社を利用する、IPOに強い証券会社を選ぶなど、選択肢はかなり多くなっています。

夜間取引やIPOは取引の幅を広げてくれるため、積極的に利益を出したい場合は検討してみるのも方法です。

【2019年度】人気のネット証券会社一覧はコチラ

野村證券 SBI証券 楽天証券 大和証券
松井証券 マネックス証券 カブドットコム証券 丸三証券
みずほ証券 DMM.com ライブスター証券 SMBC日興証券

IPOを狙うなら株取引の口座は多い方がいい

複数の証券会社口座取引でIPO狙いIPO狙いで複数の株取引口座を保有する人も珍しくなくなっています。IPOは新規上場公開を行う株で、値上がりしやすいことで知られています。

株式発行の数が少ないケースが多く、プレミアム価格がつきやすいからです。

必ず上がるわけではないものの、多くの銘柄が上場後に上昇しており、勝率の高い投資として知られています。

IPOは各証券会社に割り振りが行われ、希望者が申請を行った上で抽選になります。そのため証券会社の口座が多いほど申し込める数が増え、当選する確立も増えるのです。

普段利用していなくてもIPOの申し込みはできるため、とりあえず申し込んで様子を見て購入を決める方法もあるのです。

低リスクで高いポイントサイト経由の現金化できる

証券会社の口座開設は、ポイントサイトでも人気のジャンルです。

低リスクで高いポイントをもらえるため、簡単に現金化ができるからです。※バイナリーオプションなどのFXは初めての人は絶対に手を出さないほうが無難です!

口座を複数作るのであればポイント管弦サイトと経由がおすすめで、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。

稼いだお金をそのまま投資に回してしまうのも方法で、少額で買える株で株主優待券を活用したり、遊んでみる方法もあります。

価格は安くても配当金を設定している株も存在し、わずかならでも利益が得られる場合があるのです。

もちろん本格的に投資することも可能なため、資金を増やして選択肢も増やすのがおすすめです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.4月春版〕マネフレ All Rights Reserved.