生命保険はもしもの時のために残された家族の生活を支えるための金融商品で、受取人を指定することでその人に財産を残すことができます。それは受取人固有の財産という性質があります。生命保険(死亡保険・生存保険・生死混合保険)などはそうした意味で、現金化することができ、非課税枠などの節税対策も利用することができます。

生命保険は受取品固有の財産により現金化を最適化することができる!

更新日:

生命保険にはどのような特徴があるのか知ろう

生命保険とはたくさんの人が少しずつ保険料を出し合って、その中からもしものことが起こって困ってしまう人に対してサポートとなる保険金や給付金を支払うということを約束した金融商品になります。

今までの万が一の備えにより生命保険加入のおかげで財産が現金に生まれ変わる

保険商品は生活と家族のための備えともいえます。

生命保険はこうした保険金がどのように残された人などに支払われるかによって、死亡保険と生存保険、生死混合保険とそれ以外の保険という4つのカテゴリに分けられると言われています。

この生命保険はもしもの時に保険を支払う人を指定することで、その人に現金を渡すことができるのです。

つまり、保険金を渡す人を指定して行う現金化と言えます。

そこで、生命保険と現金化についてご紹介しましょう。

生命保険は受取人指定することで現金にすることが可能

保険は死亡や病気、けがなどの生活を取り巻くリスクに備えるための商品です。

こうしたリスクを保険で備えることで安心して暮らしていくことができます。

生命保険は万が一の死亡リスクに備え、残された家族の生活を支えるという保険になります。

このような保険は受取人固有の財産という性質があります。

受取人の指定ができるため、遺産分割対策になるのです。

つまり、受取人を指定することで、保険金は受取人固有の財産となり、遺産分割協議の対象外とすることが可能という点がメリットです。

保険の受取人に指定することで、その人が確実に現金を得られるということで、現金化ができるということなのです。

保険の受取人は複数人でも、途中で変更したりすることもできるようになっています。

不動産などの資産と比較して、保険は分割しやすいという特徴もあります。

このように、保険は確実に指定した人に現金を残すという点で、現金化することができるという特徴があります。

生命保険は相続発生後にすぐに現金にすることができる

生命保険は相続の万能商品と言われ、相続発生した時にすぐに現金化できる点がメリットとして挙げられます。

相続が起こると葬式費用や不動産の名義変更のための費用、そしてプラスの財産が有る場合は相続税などさまざまな費用が必要となります。

相続が開始すると、亡くなった人の金融機関口座は凍結されるため、葬式費用などの当面必要となるお金をどのように準備するのかを考えておく必要があると言えます。

被保険者の死亡後に、保険金受け取りを請求した時から、最短5営業日以内に保険金が支払われると言われ、保険の中には即日支払いのサービスとして、保険金の一部が即日で支払われるものも有るのです。

突然の事から、葬儀代など様々な必要な費用でお金が必要になる時に、まとまったお金が支払われるのは残された遺族にとっても、とても助かることです。

このように、生命保険はすぐに現金化ができるというメリットもあり、契約を結んだ方がなくなった後に様々な費用が必要になった時に現金を遺族に渡すことができます。

生命保険は非課税枠もあるため節税効果もある

生命保険金はその人が死亡した後に契約に基づき、保険会社から保険金受取人に対して支払われます。

生命保険は受取品固有の財産により現金化を最適化することができる!

相続税法では、被相続人が保険料を支払っていた保険はみなし相続財産といわれ、相続税課税対象とされます。

しかし、相続人の数に500万円を乗じた金額を非課税財産として控除することが認められているのです。

この非課税枠を利用できることが、保険の最大のメリットと言われています。

預金という形で財産を多く残して相続を迎えるのであれば、保険の非課税枠を活用したほうが残された遺族もよりよいと言えます。

さらに、保険プランを選ぶ自由があるため、いくらの保険商品を選ぶのかや保険料をどのように支払うのかや、受取人をだれにするのかなどはその人が自由に選択することができるのです。

そのため、だれにいくら残すのかということを決めれば、その後、その人がなくなった後に、保険請求の手続きをすればその人がそのお金を現金化できるということなのです。

さらに、生命保険には非課税枠も設けられていますので、節税という点でもメリットがあるということなのです。

生命保険は受取人固有の財産で現金化をすることができる

生命保険は保険会社との契約に基づいて、残された遺族が安心して生活できるように支えるための保険商品になります。

そのような生命保険は受取人を指定することで、保険契約を結んだ人が死亡したら、受取人に現金を用意することができます。

つまり、保険は現金化を行うことができるのです。

どれくらいのお金を残すのかということやだれに残すのかということをあらかじめ決めて契約を結びますが、金額や受取人は途中で変更することもできます。

保険は非課税枠があるため、現金化しても節税することができると言ったメリットなどもあります。

このように、生命保険は受取人の固有の財産で、指定した人に確実に現金を残せるという特徴があります。

また、みなし財産として相続税の課税対象になりますが、非課税枠が利用できると言った点も特徴として挙げられます。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.