老後に不安を抱く人は多く、貯金などで備える人が多い理由にもなっています。注意したいのは、貯金だけで老後を生き抜くためにはかなりの金額が必要になることです。目安となる数字を計算することや、貯金以外の方法で資産を形成することも大切になります。

老後のお金の不安を解消してくれる役立つ年金や公的な貸付制度のお話

更新日:

これからの老後に不安を抱く人は多い

老後に不安を抱く人は多く、貯金などで備える人が多い理由にもなっています。注意したいのは、貯金だけで老後を生き抜くためにはかなりの金額が必要になることです。目安となる数字を計算することや、貯金以外の方法で資産を形成することも大切になります。

保険会社が販売している個人年金の加入や、納める年金を増やして受取額も増やす付加年金制度を利用する方法もあります。お金に困った場合は年金を担保にお金を貸してくれる公的機関も存在するため、身の回りの品の売却による現金化以外の方法も覚えておくのがおすすめです。

老後に必要な貯金の額は生活水準で大きく変わる


老後に必要な貯金の額は数千万円と聞くと、驚く人も多いはずです。注意したいのは数千万円という数字は、毎月旅行に行くなど余裕のある生活をした場合の金額だということです。生活水準を高くすれば毎月必要な金額が大きくなるため、全体で数千万円という結果になる場合もありえます。

一方で、生活水準を低くする場合は元になる数字がかなり低くなります。たとえば月20万円の生活費がかかっている場合は、1年で240万円の負担になります。ただし、老後に年金が年200万円が貰える場合は実質的な負担は40万円ほどに減ります。後は平均寿命などから生きられるおおよその年数を計算することで、必要な貯金の目安を求めることができます。

65歳から年金を受けとり、85歳まで生きた場合は年間40万円×20年で、800万円ほどの貯金があれば間に合うことになります。後は病気などに備えて余分に上積みをするかどうかという話になります。

将来受け取れる年金額の目安は日本年金機構のシミュレーターで計算が可能です。老後に必要な貯金額は計算方法さえ覚えれば簡単に調べることができるのです。

貯金以外の方法で老後に備えることも重要になってくる

老後に必要なおおよその貯金額を計算することは可能ですが、不安になるのが将来年金を貰えるのかという不安です。年金が減額される可能性を考えるのであれば、貯金だけで備えるのは危険になります。貯金をしても利子がほとんどつかないため、別の方法で貯めたほうが効率が良いためです。

たとえば、年1%の金利でも、銀行に預ける百倍以上の利子になってしまうことがあります。預け続ければ利子に利子が乗るのもポイントです。そのため、外貨預金や投資信託、外国債の購入など、工夫して金融資産を持つ人が増えているのです。

金融資産の多くは好きなタイミングで売却し、現金化できるのも魅力です。目減りする可能性がある商品も存在するものの、うまく利用すればリスク以上のリターンに期待できるのです。

個人年金も金融資産の一つです。解約でお金が戻ってくるケースがある他、条件を満たせば銀行の利回り以上の利息が乗った状態でお金を受け取れます。何がお得なのか、自分に向いてるかを調べながら、早いうちに備えておけば将来の不安を軽くできます。

個人年金以外にも老後の年金を増やす制度は存在する


個人年金以外にも老後の年金を増やすための制度や仕組みは存在します。厚生年金に加入できない個人事業主や自営業者のための公的制度になっているのが、国民年金基金です。1万円から収めることが可能で、支払った金額が全額税額の控除に利用できる他、非常に高い割合で年金を増やせるのが魅力になっています。

国民年金加入者は、付加年金制度を利用する方法もあります。指定機関に申請を行った上で年金に月額400円の上乗せをすることで、老齢基礎年金の支給額を増やすことができます。支払った金額は2年ほどで元を取れるほど効率が良く、厚生年金や国民年金基金が利用できない場合に候補に入ります。

他にも個人型の確定拠出年金に加入する方法もあります。確定拠出年金は資産運用によって得られた利益を上乗せして支払うのが特徴で、元本保証型の商品も存在するのがポイントです。元本保証型の商品でも銀行預金よりも高い利息を確保できることが多く、銀行などが仲介して販売していることが多いのが特徴です。

老後にお金に困った際の貸付制度も知っておくと便利

実際に個人年金など備えをしても、お金に困る事態はありえます。老後にお金に困った場合はどうするかも重要で、どのようにお金を用意するかは悩みの種になりがちです。不動産や金融資産を売却して現金化する以外にも、公的な貸付制度などを知っておくとプラスになります。

個人年金に加入した場合は、支払った保険料を基準に低金利でお金の借入ができる場合があります。どの程度のお金を借りられるかと年利は保険会社によって異なるものの年数%程度の利息でお金が借りられる場合があります。無担保のクレジットカードは年15%ほどの金利になるため、大きな差があることがわかります。

老後にお金が不足した場合は、年金を担保にお金を借りる方法もあります。国の運営する独立行政法人福祉医療機構では、年金を担保に低金利でお金を貸す事業をおこなっています。お金の返済は年金支給額から天引きされるため、返済忘れなどが起きないのも特徴です。

ただし、年金を担保にお金を借りる場合は、数週間程度の審査期間を待つ必要があります。現金化に時間がかかるだけでなく、医療目的や借金の返済目的など利用用途が限られます。旅行やギャンブルなどの娯楽目的では利用ができず、領収書など利用を証明する書類の提出が必要な点に注意が必要です。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.