Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

住宅と住所それぞれ似た意味の言葉ですが、改めてそれらの意味についてまとめ、豆知識として住所の正確な書き方や住宅と住所が一致しないケースの意味、登記住所の変更をする際の手続きなどをまとめました。あわせてそれらに関係なくどの地域においても現金化を行う手法や登録する住所の書き方についても触れていき紹介します。

住宅と住所による現金化の関係を改めて知ることとなる

更新日:

住宅と住所とは?改めて知りたい言葉の意味を紹介

住宅と住所は何となく漠然とした意味で理解している場合が少なくありませんが、実はきちんとした意味を持っています。

住宅と住所が必要な際に現金化で手違いにならないようにしなければいけない!

住宅についてですが、人が住むことを目的とした建築物になります。

一つの世帯が一つの建物に居住するものを一戸建て、複数世帯が居住するものを集合住宅と言います。

住所は住んでいる所や生活の拠点としている場所、あるいは組織の拠点となる場所(所在地とも言う)などを指します。

本籍や住民登録といった形式上の条件を基準として住所を定める形式的なものと実質的に生活の中心としている場所を住所とする実質的なものがあります。

このように改めて調べてみると様々な意味を持っていることが分かります。

こういった住所と住宅の知識についてまとめてみます。

住宅と住所の豆知識①住所の正式な書き方の紹介

正式な住所の書き方ですが、結論を言うと地域によって違いがあります。

マンションの室名の書き方、アパートやマンション名の表記、数字の表記などです。

マンションの室名の書き方ですが、例えば101で大丈夫な地域もあれば、101号室まで表記しなければいけない地域もあります。

これは地域差があるため注意が必要です。

アパートやマンション名ですが、これは表記が必要な場合と不要な場合がありますが、共通の見解としてマンション名なしで番地や号数で建物が特定できる場合は不要になっています。

逆に同じ番地内に複数のマンションやアパートなので集合住宅がある場合はそれらの名前を書く必要があるのです。

数字の表記ですが、例えば1-100-1の場合は「1丁目100番地の1」や「一丁目100番地1」などエリアによって「の」を入れるかどうかが地域によって異なります。

では、これらの状況からどのようにして正確な住居の住所を書けばいいのかと言うと住民票を見て書くというのが重要です。

これがその地域における正式な表記と言えるというのがその理由になります。

住宅と住所の豆知識②住宅の場所と住所が一致しない

住宅と住所が一致しないという現象がまれに起こります。

これ住宅は登記簿に記載されている「地番」というものと地図や郵便などで使用される「住居表示」が異なるということから起こる現象です。

これは異なる場合が少なくありませんが、トラブルが起こるのはこの地番が住居表示と混同してしまていることによって発生することに起因します。

地番自体は非常に複雑になっており、長い歴史の中で分筆(同じ番地の住所を分けること)などが盛んに行われてきた歴史があります。

そのため欠番や地番で見たら道路になっているなど混乱を生じやすい状態になっているのです。

そういった理由から住居の住所は基本的に住居表示の方が採用されており、地番と住居表示を一緒のものと考えてしまうと冒頭でお話ししたトラブルが発生します。

なので、住宅の住所は住居表示が設定されていることがほとんどなのでそちらを優先して使用することで混乱を避けることができるのではないでしょうか。

>住宅と住所の豆知識③登記住所の変更をする際の手続き

登記住所とは不動産の登記上の住所のことになります。

住宅と住所による現金化の関係を改めて知ることとなる

これは先ほどお話ししたところの地番に近い要素です。

この登記住所は相続することや贈与する場合や住宅ローンの申請などの場合で必要になります。

この変更は売り手(売主)と買い手(買主)によって方法は異なり、それぞれについてまとめました。

売り手が住所変更登記をする場合、買い手に空き家として引き渡しする時です。

住所変更登記には、印鑑証明が必要です。

しかし印鑑証明の住所と登記の住所が一致する必要があり、登記住所の変更を行います。

買い手が住所変更登記をするケースは、引っ越しをして実際に住み始める状態になってからです。

所有権移行の登記や住民票を移し終わった後に行います。

最初に売り手が行い、買い手が取引の最後に行うという流れです。

これらの手続きは司法書士に依頼すると容易に行ってくれますが、住所変更登記の場合には個人でもできます。

住所変更登記の申請用紙を法務局のホームページでダウンロードし、ここに印紙(1,000円分を2枚)、住民票の写し、戸籍の附票などを用意し、記入、法務局へ提出後、登記完了証を受け取れば完了です。

住宅や住所と現金化をそれらに関係なく行う方法の紹介

住宅や住所などとても複雑ですが、現金化においては日本国内のほとんどの場所で利用できる手段としてネットの現金化があります。

これを利用すれば、どんな場所に住んでいても関係なしに利用が可能です。

ただし、この手続きの際に住所を記載し送信する必要があります。

この住所はどのようにして記載すれば良いのかと言うと基本的に身分証明書の住所になります。

もし、免許証で自分の住んでいる場所と違う場合は可能であれば変更しておく必要があります。

もし現金化で手違いなどがあった場合、書面などで連絡したりする場合や古物(中古品などのこと)の取り扱いなどをするうえで実際の住居の住所が必要になる場合もありますから、住所を名義と実質のものをあわせてから依頼するのがおすすめです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.10月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.