いつもの買い物レシートで現金化ができる!捨てないで撮影するだけでお得

レシートが現金化できる方法は存在するのか

なぜレシートが現金に変わるのかというと、レシートには情報がたくさん詰まっているからです。

消費者のデータとして買い物の傾向を読み解くことができます。

これを分析することで隠れた人気商品や商品開発にも役立ちます。

消費者がどんなものを好んでいるのか、ニーズが高まっている特徴はなにかなどわかるので、レシートのデータも価値を生みます。

そのため、現金として買取ってでもデータを求める需要があるのです。

もちろん、レシートには個人情報は入っていませんから、情報が漏れる心配もありません。

レシート現金化のタイプ① どんなレシートもOK

レシートの現金化にもタイプがあります。

レシート現金化がトレンドになる

中でも一番簡単でこまめに貯めるのに最適なのが、どんなレシートでも買取ってくれるタイプです。

商品の指定はなく、受け取ったレシートであれば買取ってくれます。

ただし、大まかに「麺類」とか「スーパーとコンビニ」などのジャンルは制限されていることもあります。

それでも特殊なお店や商品ではなく、何処でも誰でも手に入れられるものが多いので参加しやすいです。

レシートを申請する必要がありますが、捨てる前に撮影して送るだけなので手間もかかりません。

このタイプのサービスを展開しているのが楽天パシャやONEというアプリです。

ただし、楽天パシャは報酬としては楽天ポイントですので、厳密には現金化ではありません。

ただ、なんでも揃う楽天市場の支払いに充当できますから、貯めておいて損はありません。

1日5枚のレシートまで申請できます。

日々の必要な買い物で得たレシートが現金になるので、もともとただだったものが現金化できるなら嬉しいサービスです。

買取がわかりやすいレシート現金化アプリのONE

どのレシートでも買取ってくれて現金化のイメージに最も近いのが、アプリのONEです。

このアプリはiPhoneでもandroidでもアプリがありますし、利用するのは無料です。

高校生が考え出したシステムとして注目を浴びて、サービス開始時には買取依頼が殺到して、一時期サービスを停止していたくらいです。

今は安定的に運営されているので、気軽に利用できます。

レシートはどんなお店、ジャンルの商品でも対応してくれます。

ただし、1枚1円から10円と値段は決まっておらず、内容やその時の需要によって買取価格は変動するようです。

明確な買取価格の基準が示されていないので、判定されてから分かるのですが、買取してくれることは確実です。

レシート買取では指定のジャンルの含まれたレシートの買取もあります。

またその日の内に申請ではなく、過去の分も指定期間内なら対応してくれるのも使い勝手の良いアプリと言えます。

どうせ捨ててしまっていたレシートですから、それがコツコツ貯めることで現金になるなら利用して損はありません。

レシート現金化② 指定の商品を購入

続いて商品が限定されるが、その商品を購入する事で効率よく現金化ができる方法です。

このしくみは商品メーカーが販促の一環としてバックアップしていて、宣伝効果を狙ったものです。

最近はさまざまな宣伝方法がありますから、レシートが現金になるサービスを活用して、販売数をアップさせるようにすることも多くなっています。

具体的には指定の商品が提示されているので、それを含んだレシートを撮影して送ると、既定のポイントや現金が貯まります。

代表的なのがテンタメやCODEというアプリ、カタリナなどです。

テンタメはそのまま現金として引きだすことができますので効率も良いですし、貯めた実感も得やすいです。

また、CODEは貯まったポイントをamazonギフト券やDポイントに交換できるほかPEXという現金交換サイトにも移せます。

PEXを経由すれば口座に振込が可能ですから、遠回りではありますが現金化もできます。

カタリナもPEXへの交換ができますから、そこから現金化をすればいいだけです。

レシート現金化でスピーディーに貯めるコツ

いろいろなサイトやアプリでレシート買取サービスは行っています。

とは言っても、レシート1枚では数円から商品代全額程度ですから、一気にまとまった金額にはなりません。

そこで効率的にポイントを貯めるコツを抑えて貯めることが重要です。

そのコツとは複数のレシート買取サービスを活用することです。

どんなレシートでも買取してくれるサービスを複数利用すれば、例えば2つのサイトを利用すれば、2サービスで買取してもらえます。

同じように指定の商品がある場合も、その指定された買取サイトはもちろんですが、どんなレシートでも受付可のサービスにも投稿すれば、1枚のレシートで複数のサービスで買取してもらえることになります。

出金できる金額まではコツコツ貯めるしかありませんが、出金できるタイミングが複数サイトで訪れれば、貯めたという実感にもなります。

また、ちょっとしたプチ臨時収入にもなります。

レシート現金化をやってみて感じたこと

実際にテンタメやカタリナ、楽天パシャを利用しましたが、現金化できたときにはちょっとした嬉しさがあります。

どれでも買取してくれると単価は低いですが、コツコツ貯まって手間も感じません。

また、どの買取サービスも身近な商品ばかりなので、買ってみようかなと思えるので面倒もありません。

商品代全額や半額が戻ってくるテンタメだと、2か月くらいで出金できる金額まで貯まりました。

レシーカや楽天パシャはコツコツと貯めるため、長期の楽しみと考えておくと負担になりません。

口座に振込まれて現金化できると、使い道が自由なので実用的です。

捨ててしまうレシートで現金が手にできるなら損はないですし、簡単で無料なので試してみる価値はあります。