飲み会を使った現金化の特徴、メリット、注意点について詳しく解説しています。特に注意点については力を入れて解説していますので初心者でも飲み会を使った現金化が安心してできるようになります。メリットに関しては換金率100%が可能になる仕組みなど、飲み会の現金化について詳しく知りたい方には大変有益な情報となっています。

飲み会を使った現金化がこんなにも上手くいくなんて知らなかった!

更新日:

カード停止リスク無でできる飲み会の現金化とは?

個人でやるとカードの強制解約など手厳しい罰則があるクレジットカードを使った現金化。

手軽にやれるのに、やったらカードが使えなくなるのでは困るので現金化業者を使うのが一般的ですが、手数料や還元率を考えると自分でやった方がお得なんですよね。

飲み会を使った現金化なら脅威の換金率100%も目指せる!

それに信頼できる業者を探したり、電話やメールで連絡を取り合うのも面倒です。

できれば自分だけで現金化したいのが正直なところ。

そんな時に活用したいのが「飲み会を使った現金化」です。

カード停止のリスクがゼロの安全なセルフ現金化方法として密かに広まっています。

気になる方も多いでしょうから、この記事では飲み会を使った現金化のメリットや注意点、そしてやり方について解説していきますよ。

さっくり習得して現金化の選択肢を増やしてください。

飲み会で現金化のやり方は簡単!必要なのはクレカだけ

飲み会で現金化する方法は大変に単純です。

友人知人を誘って飲み会を開き、参加者から会費として現金で集めて、最後にあなたのクレジットカードで飲食店の支払いを済ませるだけです。

クレジットカードで払うことで参加者から集めた現金を自分の懐に収められます。

飲食店の支払いですからクレジットカード会社に現金化(転売)を疑われる心配もありません。

必要になるのもクレジットカードだけです。

業者を利用する場合のように個人情報が記載された本人確認書類の写しを会ったこともない相手に渡す必要もありません。

現金化業者には個人情報の管理が杜撰なところも多いですから、悪意ある人間に渡って知らぬ間にクレジットカードを作成され支払請求書が送られてくるようなトラブルに遭う可能性があります。

本人確認書類を用いない飲み会の現金化ならば、そういったリスクはゼロです。

飲み会で現金化するメリットはどれも魅力的

飲み会はセルフ現金化の一種ですが、転売を使った一般的なものより魅力的なメリットがあります。

ちょっと手間がかかっても飲み会による現金化をやってみたいと思わせるものですから、詳しくない方は確認しておきましょう。

・高い換金率

飲み会を使った現金化は手数料が一切かかりません。

転売とは違い、金券ショップやオークションを利用することがないので手数料として中間マージンを取られることが無いんです。

飲み会を開くなら一人分の代金を無料にしてくれるところもありますから、そういったお店を上手く利用できれば換金率100%も夢じゃありません。

・ポイントバックが期待できる

クレジットカードを利用すれば当然ポイントも付いています。

人数が多ければ10万円を超える場合もありますからポイントバックの額も馬鹿にできません。

一人でも多くの参加者を集めたくなること間違いなしです。

・違法性がゼロ!規約にも反しない

当然ですが、飲み会の代金をクレジットカードで支払うことは法律的にまったく問題ありません。

代金がクレジットカードのショッピング枠内であれば一切のトラブル無に支払処理が完了します。

そして、これがポイントなのですが「クレジットカードの利用規約に反しません」。

各クレジットカード会社はいずれもカードを利用した現金化を規約で明確に禁止しています。

そのため転売を使ったセルフ現金化が問題になるんですね。

しかし単なる飲食代の支払いである飲み会の現金化は規約に触れることはありません。

安心してできる現金化なんです。

飲み会で現金化する時に覚えておきたい注意点について

非常に高い換金率が可能な飲み会の現金化ですが、利用する場合はいくつか注意すべきポイントがあります。

飲み会を使った現金化がこんなにも上手くいくなんて知らなかった!

下手すると時間だけ無駄にしてしまう可能性もありますから、ここでしっかり覚えてください。

・自分の好きなタイミングで現金化できない

飲み会は思いたったその日にできるものじゃありません。

開催する日から一週間以上前から色々と計画するのが普通です。

まず参加者を募るなければいけませんし、飲み会を開く飲食店についても参加者に話を聞きながら決める必要があります。

日取りや時間帯についても同様に意見を集める必要があるでしょう。

申し込みから最短10分以内で現金を手にできる現金化業者とは違い、何かと時間と手間がかかります。

スケジューリングを誤ると現金が必要な時期を過ぎてしまう可能性もあります。

飲み会の日取りと現金が必要な時期を事前に確認しておくのを忘れないでください。

・予想通りの額が集まらないことも

飲み会の現金化でいくら現金を入手できるかは参加者が何人になるかに大きく左右されます。

参加者が多ければそれだけ手に入る現金は高額になりますが、逆に少なければ必要な額が集まらない場合もあるでしょう。

さらに困った問題があります。

飲み会というのは大概のケースで参加者の中にキャンセルする方がいます。

このキャンセルする参加者の数を事前に予測することは難しく、当日キャンセルが重なると期待していた額の半分も入手できないことも珍しくありません。

換金率が高いのは魅力的ですが、手に入る現金の額が当日まで分からないというデメリットがあることを確認してください。

・飲み会のセッティングで疲れてしまう

飲み会の幹事を好んでやるという方は少数派でしょう。

飲み会のセッティングは参加者どうしの意見の対立を調整したり、当日まで参加確認が必要だったりと手間がかかります。

ちょっとしたことですが仕事や学業で疲れた身にはシンドイですよね。

それなりの額の現金化が期待できない場合は、苦労に対して割に合わないケースもあるでしょう。

飲み会で現金化するなら事前に確認すべきこと

ここでは飲み会を使って現金化する場合に絶対にやっておくべきことを解説します。

簡単にできる飲み会の現金化ですが、次の3点を見落とすと現金化できなくなる可能性もありますよ。

・飲食店が利用するクレジットカードの支払いに対応している
・支払い額がクレジットカードのショッピング枠におさまっている
・幹事が会計をすることに対して参加者から同意を得ている

飲み会と現金化は換金率の高さが魅力だが頼り過ぎには注意

飲み会の現金化は誰でもできるもので換金率も最大100%と夢のような現金化でした。

しかし、手にできる現金がいくらか当日まで分からないなど使いにくい面があります。

そのため飲み会の現金化で手に入る額をあてにして何かを購入するなどの予定を組むのは危険です。

飲み会当日に交通機関にトラブルがあって参加者が集まらないなど突発的な事態が発生すると、期待していた現金が一切入ってきません。

また飲み会の準備に時間がかかるため緊急を要する現金需要には対応できません。

そういった場合は素直に現金化業者に頼るのがベターです。

飲み会の現金化を有効に利用できるのは給料日前の金欠への備えなどでしょう。

手持ちの現金が減る時期に換金率の高い現金化が利用できれば心強いです。

飲み会の現金化は業者を利用する場合に比べて若干使い勝手が悪いですが、上手く使って換金率の高さを有効活用してください。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.