妊活中は仕事や家事とどう向き合うべき?バランスをとるコツは

更新日:

妊活は言葉として定着していますが、どのように向き合うかは人それぞれです。排卵日のタイミングなどを正しく把握することや、生理の周期が乱れないようにするための工夫など、できることが非常に多いためです。

妊活は女性だけでなく男性の協力も必要になります。また、実際に妊娠した際にどの程度お金がかかるのか、仕事をどうしていくのかまで考えておく必要があります。行政からの補助金などが出ることもあるものの、現金化までに時間がかかるケースもあるため計画性も大切になるのです。

妊活の基本は妊娠できるタイミングを知ること

排卵日のタイミングで性行為を!
妊活の基本中の基本は妊娠できるタイミングを知ることです。排卵日のタイミングで性行為をしなければ妊娠を望むことはできないため、いつ可能性があるのか知っておくのは非常に重要です。男女の協力が必要になるため、基本的な知識も共有しておく必要があります。

排卵日をチェックする方法は複数存在し、基礎体温をチェックして把握する方法や、生理周期から把握する方法などがあります。より確実なのは排卵が予想される日に婦人科で検査を受け、実際に排卵が行われているか確認することです。無理なダイエットなどの影響で排卵がずれたり止まってしまう人もいるため、チェックしたほうが良いケースもあるのです。

男性側もチェックしてもらう方法もあります。特に年齢があがると、精子の数が減りやすく、見た目は問題がなくても不妊の原因となってしまうこともあります。どちらかに異常が見られる場合や、結果がなかなか出ない場合は不妊治療が視野に入るようになるのです。

ストレスなどの影響で生理周期がずれることがあるのも覚えておく必要があります。妊活をするのであれば体への負担が少ない仕事に切り替えたほうが良い場合もあるのです。バランスを考えながらやりくりすることも大切になります。

妊活中も適度なハリがあったほうがいい理由とは

妊活に専念するために仕事を辞めたり、環境を変えることを考える人もいます。経済的な余裕があれば考える余地もありますが、多くの人は働きながら妊活を両立しています。共働きの家庭は多く、妊娠後の生活に備えて資金を貯める人も多いからです。

妊活中はストレスをかけなければ良いというわけではないのもポイントです。適度な運動で健康状態を保つのも大切で、簡単でも仕事をしていたほうが良い場合もあります。家でできる在宅ワークや、フリマアプリを利用した身の回りのものの現金化、人気になりそうな商品などをいれてオークションなどで高く売るせどりなど、お金を稼ぐ方法は増えています。

パートやアルバイトと組み合わせて休みの量を調整する人もいるため、検討したほうが良い場合もあります。また、正社員であれば男女問わずに育児休暇をとる人も増えているため、制度をめいっぱい利用することも大切です。その上で残業や休日出勤を避けるなど、工夫をすれば良いのです。

妊活をするのであれば行政の支援も利用すること

妊活をするのであれば、行政の各種支援を利用することも大切になります。出産に関する補助金などを用意する自治体は多く、高額な医療費を健康保険で負担する制度なども存在します。お金の問題で子供を作るか悩んでいる場合は各種補助制度を調べておくのがおすすめです。

たとえば、出産をした場合は申請をすることで育児一時金を受け取ることができます。子供一人につき42万円程度になっており、条件などによって若干変動します。事前に申請しておけば、病院の支払いに直接当てられるのもポイントです。手元のお金がない場合に急いで身の回りのお金を現金化するのではなく、手続きで緩和することもできるのです。

健康保険には無利子で治療費や診療費を貸してくれる高額医療費貸付制度も存在します。いざという時に頼れる制度があるとしておくだけで精神的な安心感やストレスのかかり具合がかわってきます。妊活中から勉強しておくことは大切で、いざという時の連絡先や手続き方法をまとめておくと安心できます。

民間保険の出産祝い金や、会社に申請する出産手当、など複数の制度を組み合わせると経済的な負担を大きく緩和できるのです。

妊活中は栄養バランスの管理なども重要に

栄養バランスが大切
妊活中の食事の内容は重要で、運動などの生活習慣とあわせて見直したいポイントになっています。栄養の偏りが妊娠に悪影響を与える場合があるほか、生理周期の乱れに繋がるケースもあるからです。妊娠に備えてサプリメントを利用する人も多く、栄養の知識もある程度身につけておいたほうがプラスになることもあります。

たとえば、妊娠初期の葉酸を補うことは大切で、葉酸を含んだサプリメントを様々なメーカーが販売しています。厚生労働省が接種を推奨しているのもポイントで、不足すると赤ちゃんが障害を持って生まれる可能性があがるといわれているからです。

妊娠に悪影響を与える栄養素もあります。日常的に口にすることの多いカフェインも、赤ちゃんができた際はマイナスの影響が大きくなります。妊活中もある程度気を配ったほうがよく、気がつかないうちに妊娠していた場合のリスクを減らすことができます。

ハーブや漢方の中にも妊娠時の利用に注意が必要なものや、利用を避けたほうが良いものもあります。健康にいいものが妊娠にプラスになるとは限らないため改めて確認する慎重さも大切になるのです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.