引越しでお金が必要になったら?節約しながら不足を埋めるポイント

目次(クリックして表示)

引越しでお金が必要になったら?節約しながら不足を埋めるポイント

引越しにかかるお金は大きく、荷物の量に比例して増えていきます。単身者と家族では大きく費用が異なるだけでなく、どのようなサポートをつけるかで大きく金額が変わるのもポイントになってきます。

重要なのは契約プランを調整しながら費用を節約することと、不用品を処分して現金化して補うことです。大型家具や家電は一度処分して引越し先で買いなおしたほうがよいものも多いため、処分方法も合わせて知っておくとプラスになります。

引越しには何かとお金がかかるもの

引っ越しにはお金が必要 引越しにかかる費用は引越しの荷物量と距離に比例します。同じ市内や町内の引越しを見据えた短距離の引越しサービスなども存在し、長距離の場合はトラックで運送するのか電車などを併用するかで費用が大きく変わります。

時間指定や梱包の品質などにこだわれば費用が増える傾向があるのもポイントです。家具に対する保証の範囲なども引越し会社によって異なるため、費用対効果も含めて考える必要があります。また、費用を節約する場合は自分で作業しなければいけない範囲が増えるため、あわせてスケジュールの調整が必要になるころが増えます。

荷物の梱包からおこなってくれるだけでなく、粗大ゴミの処分まで引き受けてくれる引越し会社も存在するのもポイントです。経済的に余裕があり、ストレスを受けたくない場合や、準備の時間がない場合は利用する価値があります。ただし、予算がない場合はどのように費用を安くし、不足分を埋めるかを考えル必要があるのです。

家電や大型家具を売ってしまう人は意外と多い

引越しの荷物量が増えるほど引越しの費用は高くなります。逆に言えば減らせば減らすほど費用を安くできる可能性が出てきます。特に注目したいのは家電や大型家具です。どちらも引越し前に処分してしまえば臨時収入が入るだけでなく、引越し費用も節約できる可能性があるからです。

単身者の引越しでは特に重要なポイントで、家電や家具の処分で費用が数分の1まで減らせるケースもあります。単身者の引越しは専用コンテナ1つ分など、規格が決まっていることが多いのが特徴です。ベッドや大型家電を持ち出そうとすると追加のコンテナが必要になる場合や、規格外で追加料金が必要になることが多いのです。

家電の保証も重要なポイントです。引越し会社とパックによって家電に対する保証の範囲は異なり、分類によっては保証が効かないものも存在します。たとえば小さなコンテナパックの場合は薄型のテレビなどを入れると破損の恐れが高まります。この場合はテレビを宅急便などで送るなど別の輸送手段が視野に入ることがあるのです。

また、引越しの追加料金を支払うくらいであれば、家具などを買いなおしたほう安上がりになるケースもあります。

引越しをする際は、事前にリサイクルショップなどにいって家電や大型家具などを処分してしまえば現金化できる可能性が高まります。引越し業者に引取りを頼むと処分料がかかってしまうことが多いため、事前に行動できるかどうかが重要なのです。

出張買取をしてくれる業者を探すのがポイント

家電や家具の処分をおこなう場合は、出張買取をしてくれる業者を探すのがおすすめです。自分で家具を運ぶ方法もありますが、部屋や家具に傷が付く原因となることもあります。重量があるものを運ぶとケガの元になることもあるため、リスクを減らすためにも出張買取を利用したほうが安全なのです

出張買取を依頼する場合にもコツがあります。家電の取り扱いに強い業者と、家具の取り扱いに強い業者は別な場合があるからです。それぞれの専門業者に任せることで買取価格がアップし、現金収入が増える可能性があります。

現金化よりもスケジュールを優先する場合はまとめて買取が可能な業者を探すのが大切になります。買取価格の平均値は下がるものの、手配の手間を節約することができます。その時間を利用して荷物の梱包を自分で行い、引越し費用の節約につなげることも可能だからです。

ただし、ピアノや高級家電は専門業者を利用するのがおすすめです。元値が高い商品は買取価格の水準自体が大きく変わるケースが多く、専門外の業者に依頼すると買い叩かれてしまう場合が増えます。専門業者に売却する前提で価格提示がされることもあるため、最初から専門業者に頼んだほうがお得なことが多いのです。

服や本なども可能な限り処分しておくのがおすすめ

できる限り処分しよう! 出張買取が依頼できるのは、家電や家具だけではないのがポイントです。本やブランド品の出張買取サービスや、宅配買取サービスは一般化しています。不要な服などをダンボールに詰めて宅配買取を依頼し、値段がつかないものもまとめて処分してもらう方法もあるのです。

注意したいのは、出張買取はある程度物がなければ受け付けてくれない業者が存在することです。業者によって対応できる地域にも違いがあるため、宅配買取で送ったほうがよいものも出てきます。効率よく荷物を処分し、現金化することが引越しで不満を抱かないポイントになります。

宅配買取サービスの中には査定結果の連絡を省略し、即振込みをしてくれるオプションを選択できるケースもあります。引越し費用が足りない場合は早めに処分をして少しでも不足を埋めるのがおすすめです。アイテム数が増えるほど買取り額があがる業者もあるため、うまく利用すれば想定以上の収入になることもあります。

引越し費用を節約しつつ現金化して、初めて最適な引越し方法がわかることも多いのです。

クレカ現金化の時事トピックス

PageTop