病院のお金が払えないと思ったら?覚えておきたい現金化の対処法まとめ

更新日:

急な病気やケガなどで入院し、治療費が払えなくなってしまうこともあります。ポイントになるのが補助制度です。

高額医療には補助がつくため全額負担になるとは限らないからです。また、緊急時はギフト券の売買で現金化を行い、支払いに当てる方法もあります。

病院にはできるだけ通いたくないと言うのが人間の本音です。健康であることが一番で、できれば病気やケガで入院することは避けたいものです。

しかし、急病や事故などで入院する可能性もあります。医療費の支払いには様々な補助制度があるため、しっかりと覚えて利用することで経済的な負担や不安を取り除くことができます。

病院の支払いに困ってしまった場合は

急に病院費用が発生したら…病院で治療などを受けても支払いに困ってしまう場合があります。例えば事故などで入院したときにお金があるとは限らないからです。

ポイントになるのは病院と交渉することで支払いを猶予してもらえる場合があることです。この場合はいつまでに払うといったように話をつめておくとよりスムーズです。

お金がないからと病院に通うことを躊躇していたら命に関わることもあります。まずは体を優先して、お金の事は後で考えてもいいのです。

健康や体を守ることが最優先にすることは非常に重要になってきます。治療費が高額になったら利用できる補助制度があるのもポイントになってきます。

病院の費用が増えすぎたら一部がかえってくる

日本の保健医療には高額な医療費を一部返還する制度があります。一人一人が支払える医療費には限界があるため、限界を超えた場運は払い戻しが行われるのです。

手続きをとれば一度支払ったお金が戻ってくることがあるのは覚えておきたいポイントです。

自分が該当するかどうかは、病院のケースワーカーに相談するのが基本になります。

ケースワーカーは医療費の補助などの知識を持ち、患者にどのよう制度が利用できるか教えてくれる人材です。

金額がわかればどの程度を負担し、どの程度が戻るかもわかりやすく説明してくれるため、医療費に困った場合は相談した方が良いのです。

医療費が高額すぎる場合はお金を借りることもできる

医療費のために借りたお金は無利子です医療費が高額な場合は、医療費のみに使えるお金を借りることができます。

自分が入っている保険の窓口に相談し、手続きをとれば2週間から3週間で費用の受け取りができます。国民健康保険や健康組合保険など、仕事によって問い合わせ先がかわるのがポイントです。

医療費のために借りたお金は無利子なのが特徴です。返済に時間がかかってもお金が増えるということはないのです。

ケースワーカーに相談したときに一緒に教えてもらえることはあるものの、事前に知識があると話がスムーズです。必要な書類もあるため、念のために聞いておくのもおすすめです。

現金化で急場をしのぐ方法もある

高額医療費に関しては様々な補助制度が利用できますが、わずかな金額の場合は制度自体が使えないことが増えます。

この場合はクレジットカードの現金化を活用するなど工夫が必要になります。ギフト券をクレジットカードで購入し、業者に売って現金化することも可能だからです。

クレカの現金化はどこでやるのか?

まずはどの程度支払いをまってくれるか確認するのが基本ですが、聞くこと自体が苦痛な人もいます。裏技ではあるものの、様々な方法でお金をつくる方法はあるのです。

病院の怪我や病気による医療費をクレジットカード払いは頼りになる

買い物に遊びに便利なクレジットカードですが、実はこれ病院の医療費の支払いにも威力を発揮してくれます。

病院の支払いというもの、普通なら大体の目安がわかりますし、その分のお金を財布に入れていけば済みます。

しかし病気というのもは時に、いきなり襲ってくるものです。

病院に行ったら検査となった場合は時に保険適用外になることもあるのです。

そんな時にはもちろん、医療費は多額になってしまいます。クレジットカードを用意して入れば、そんな時にも慌てずに済むのです。

クレジットカードでの病院の医療費支払いって?

普段の買い物にも大変便利なのが、クレジットカードです。

加えて近頃ではキャッシュレスが推奨されているので、使う機会も増えているでしょう。

もちろん他にもキャッシュレスで便利に使えるシステムはありますが、お金の管理などを考えると、クレジットカードの使用はやはり抜きん出て使い勝手のいいものです。

特に支払いが思ったよりも多額になった時など、これがあればその場で購入ができるので、1枚持っていると安心ですね。

実はこれ、病院の医療費にも便利に使える支払手段なのです。

病院に行く時には1枚必ず持って出かけると、いざという時に効力を発揮してくれます。

クレジットカードで病院の医療費の支払いってできるの?

若い人だと、当たり前じゃないかと答えが返ってきそうですが、少し前までは病院の支払いは現金と決まっていました。

ATMが一般的になってからは、病院内にATMが設置されて、お金が足りない時にはすぐに出せるようにもなりましたが、それまではいささか大変だったのです。

今でも小規模の病院などでは、クレジットカードは受け付けないところが多いのですが、かなりの確率で病院の支払いクレジットカードが使えるようになりました。

なのでできるだけ病院に来訪する時は、クレジットカードを持参することをおすすめしたいです。

というのも、単に風邪かなと思って病院に行ったら、どうも様子がと言われて検査することになり、他の病気が見つかったなどということもあります。

そんな時、検査料など非常に高いので、精算する時にびっくりということもありますね。

お財布の中身を考えて、慌ててしまうこともあります。

行きつけの病院ならカルテもありますから、ATMで下ろしてくるまで待ってくれたりもしますが、やはり恥ずかしいものです。

クレジットカードはそういった時のお助けになってくれます。

クレジットカードが必要なくらい病院の医療費ってかかるの?

一般的に病院の支払い、国民健保などの補填がありますから。

普通だったらそれほど多額にはなりません。

処方された薬が高い、ということもそうそうはありませんね。

しかし検査というもの、治療ではないので3割負担など効かないケースがあるのです。

そうなると、全額負担ですから驚くほどの金額の請求が来ます。

特に後期高齢者の場合、普段は1割負担なので油断していると、全額の請求で本当に慌てることが多いのです。

初診の場合は初診料なども計算に入れてお財布を用意しますが、いつも行く病院でいつもの通院などの場合、大体これくらいという目安を持って出かけます。

ところがいきなり、ちょっと検査してみましょうとなると、いきなり請求金額が増大するのです。

他にも、こういったちょっとした問題が病院では起きることがあります。

特に総合病院の場合です。

クリニックだと一つの科ですので、他の科にまたがるような病根など医師が見つけた場合、他の医療機関の受診を勧められます。

しかし総合病院だと病院内ですぐに移動して他の科の受診ができますね。

結果、思った以上に医療費がかかってしまうことがあるのです。

病院の医療費というものはどこでもクレジットカードを用意するほうが

クレジットカードというもの、近年では旅行保険なども付帯されています。

なので旅行の時に持っていくのは当たり前になっています。

もちろん現金よりも旅行先で使い勝手がいいと言う場合は、必須の持ち物です。

もし旅先で何かあった時にも、とりあえずの支払いができるので便利ですね。

旅行保険機能も持っているので、その場で保険会社から支払いが可能、自分は何も支払いなしに帰国という場合もあります。

この保険会社との連携、していてくれる病院があればすぐに、負無しに支払いができます。

しかし時に提携病院出ないところに運ばれたりすると、保険会社からの入金は後日ということもあるのです。

誰でも海外旅行する人はよく知っていることですが、海外での医療費はとんでもなく高いものです。

保険会社からの送金が後日などになったら、持っている現金だけではどうにもなりません。

クレジットカードはそうした海外での病院の支払いにも、役に立ってくれるのです。

持っているなら忘れずに、利用してくださいね。

クレジットカードで病院の支払いが何とかなった経験談

これは私ごとなのですが、ある日腰の痛みに耐えかねて、すでに1ヶ月以上我慢していた腰痛と股関節痛だったのですが、近くの総合病院に駆け込んだのです。

受付で相談したところ、そうした部位の痛みなら整形外科だと言われ、整形で受診することになりました。

それまで他のクリニックで簡単な検査、レントゲンなどはしていたのですが、これには異常が見られなかったのです。

結果、担当医師がMRIの撮影を提案してきました。

とにかく痛みの原因がわからないとどうにもならないので、検査をお願いしたところ腰椎ヘルニアが見つかったのです。

手術もできるししばらく放置して自然治癒もできないことはないと言われました。

その場ではしばらく痛み止めを投与しつつ、放置ということになったのです。

そして支払い、やはりMRIの撮影はお値段がかなりのものでした。

加えて念の為にと、レントゲンも再度撮られたのでその分も加えると、ちょっと困った金額になってしまいました。

この日、何故か何時もなら持ち歩かないクレジットカード、財布に入れて病院に行っていたのです。

何かの予兆があったのかもしれません。

でもそのお陰で、慌てることもなく支払いができました。

何しろ鎮痛剤の処方も、処方箋薬局での支払いを考えると、現金はギリギリだったのです。

こうした急の検査など、決して無いとは言えません。

病院に行く時には、カードを1枚財布に入れることをおすすめします。

実際自分も、あれ以来病院の受診の時には、必ずカードを持っていっています。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2020.9月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.