Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お互いの配慮が必要なママ活において、プレゼントで気をつけるポイントをご紹介します。

ママ活はお互いの配慮が必要!プレゼントで気をつけるポイントとは

更新日:

ママ活はパパ活の性別を逆転したものです。女性が男性にお金を払ってデートをしてもらうのが特徴で、お金とは別にプレゼントなどを渡すケースもあります。ママ活をする女性の心理は様々で、人を甘やかしたい人も甘やかされたい人もいるのがポイントです。

注意したいのは、プレゼントの扱いです。人によってプレゼントの意味合いは異なり、すれ違いが生じがちなものでもあるからです。高価な物であればフリマアプリや買取サイト経由で現金化することも難しくないため、ある程度の理解が必要です。

ママ活は寂しさなどを抱えた女性が利用する


ママ活は寂しさや満たされなさを抱えた女性が利用するサービスです。ママ活サイトなども存在し、好みの男性を探した上でお金を払ってデートをしてもらいます。依頼の金額は受ける男性によって異なり、ステータス性の高い人物の場合は価格も上がることがあります。また、どの程度の時間の拘束が発生するかもポイントになります。

女性の心理は複雑で、利用の目的は様々です。すでに結婚していて、家庭ではなかなか女性として扱われないことに不満を覚え、ママ活をする人もいます。人を甘やかしたいという欲求をもっているため、お金を使って男性を甘やかすのが好きという人もいます。

注意したいのは、ママ活をするのと性的な関係をもつのは別ということです。援助交際のように体の関係が前提になるわけではなく、あくまでデートなどの範囲で止める人も多いのです。中にはやってみたいデートプランを実現するために男性にお金を払って好みの男性を演じてもらうといったケースも存在します。

デートを楽しむ上で、プレゼントをあげるかどうかは人によって異なります。理想のデートプランを提案した場合は男性からプレゼントが送られる場合もあります。ただし、基本的に女性がプレゼントを贈るものであり、そのプレゼントをどうするかでもめてしまうことも多いのです。

現金化しやすいプレゼントを贈られる場合も

ママ活の報酬はお金で支払われる場合が一般的です。男性はあくまでサービスを提供するもののため、売春などの罪に問われる恐れがないからです。もちろん性的なサービスが中心になった場合は問題化する可能性がありますが、ママ活の場合に該当するのはごく一人に義理です。

あくまで女性に主導権があるため、男性から迫るのは基本的にNGなのです。ただし、ママ活を続ける上で感情移入してしまうケースもあります。恋におちた場合にどうするかはそれぞれの男女の問題になるため、それぞれの考え方が重視されます。

注意したいのは、プレゼントの扱いで、恋愛感情から贈られたものなのか、甘やかしたい願望から贈ったものかを判断するのが難しいことです。デートの内容がよかった場合はあえて現金化しやすい商品を購入し、プレゼントとして利用するケースもあります。

関係が一度切れてしまうものなのか、リピートがありえるかも重要なポイントです。男性側からしても良いお客様の場合はプレゼントされたアイテムを実際に利用したほうが好感度が上がる場合があります。ファッションアイテムは特にそうで、お互いの機微を読むことも重要になります。

ママ活は束縛が強いと破綻しやすい点に注意


注意したいのは、ママ活をしたさいのママ側の束縛が強い場合です。あくまでお金で繋がっている関係のため、プライベートを拘束する権利がないためです。プレゼントしたものがフリマアプリなどで売られていても、見ないふりをするのが基本です。

ただし、人間同士の感情の問題のため、どうしてもこじれてしまうケースもあります。男性側はプレゼントを処分する場合はリスクを考えてどのように扱うかを考える必要があるのです。フリマアプリなどではなくブランド品の宅配買取などを利用し、自分の住んでいる地域以外で処分してしまう方法もあります。

ママの束縛が強い場合は男性が逃げてしまう場合もあります。あくまでママ活サイトで繋がっている関係のため、簡単に縁がきれてしまう場合もあるのです。お互いの配慮がなければ関係が切れやすくなります。縁が切れないように報酬に色をつける女性も多いのがポイントになります。

女性の満足を引き出せないと、男性は二度と会って貰えないかも知れないのもポイントです。依頼の時点で駆け引きが始まっているケースも存在し、お互いの相性や考え方が大切になります。

プレゼントは贈る側もねだる側も雰囲気を壊さないように

ママ活のプレゼントは、楽しい時間を壊さないように工夫するのが基本です。デート中にテンションが下がるような行動があれば印象が悪いまま次を利用する気がなくなってしまいます。男性としてはエスコート力や発想を試されることになるのです。

リピーターかどうかも影響が出るポイントです。リピーターが出るということはデート内容が評価されているためです。プレゼントに気持ちが入るケースも珍しくなくなります。初回でプレゼントをねだる男性は「ねだられたい」という女性の需要を満たせなければマイナス印象にしかならないことも注意が必要です。シチュエーションの指定などがなければイメージが悪くなる可能性が高くなります。

雰囲気を壊さないセレクトも重要なため、考えて選ぶことも大切になります。もちろん、あえてビジネスライクに商品券などを渡してしまう方法もあります。関係を切りやすくするために利用するというのも一つの考え方なのです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.