これまで皆さんは宝くじとはどのようなものなのかと言うこと、またどのような仕組みなのかと言うことを考えたことがありましたでしょうか?また大きな金額の現金を保有したいと考えたり、一括で手元に現金を残して現金化を行いたいと言う方に対して宝くじは非常に良いツールであると言えるのです。

宝くじで大金持ちになれる夢と希望に近づくチャンス場所を教えて!

更新日:

突然ですが皆さんは宝くじを購入したことがありますでしょうか?

また宝くじとはどのようなものなのかと言うことを宝くじを知らない方、または初めて宝くじと言う言葉を耳にする外国人に説明できますでしょうか?

日常的に宝くじを購入していると言う方や、改めて宝くじとはどのようなものなのかと考えたことがない方は説明することが難しいかもしれません。

そこで今回は宝くじとは一体どのようなものなのかと言うことを、また宝くじについて詳しく調べてみたり考えてみる機会を設け、宝くじのあり方について考えていきましょう。

改めて宝くじとは一体どのようなものなの?

さて宝くじとは一体どのようなものなのかと言うことについて考えていきましょう。

宝くじとは、日本において当せん金付証票法と言う法律に基づいて発行される富くじのことを言います。

正式名称を「当せん金付証票」と言い、江戸時代からと言う古い歴史を持つ富くじでもあります。

戦時中は物資の不足もあり、現金はもとよりタバコや食料品などが当選した際には与えられるといった歴史もありました。

現在ではサマージャンボ宝くじやオータム宝くじ、女神宝くじなどと言った様々な宝くじの種類が存在しており、多くの方が一攫千金を夢見て購入しているのです。

またこのように宝くじを購入した際の購入品は地方自治体などの事業に役立てられると言うこともあり、宝くじの売り上げ金額は様々な用途を用いられて利用されています。

宝くじはどのようにして購入する?

先ほども述べた通り宝くじは現在様々な種類があり、その購入の仕方も様々となってきています。

一般的な宝くじの場合は宝くじ売り場、またの名をチャンスセンターと言われる場所において購入することがほとんどです。

「toto」と呼ばれるサッカーの試合の勝敗や得点差などを当てる宝くじにおいても、宝くじ売り場で購入することができたり、スポーツショップやインターネットなどから購入することが可能です。

現在ではインターネットの普及によって様々な購入方法が存在しています。

基本的に宝くじは18歳未満の購入は禁止とされており、もし子どもが宝くじを購入したいと考えていたり、スクラッチくじを行いたいと考えている場合には親が購入を行うか、親子同伴で宝くじ売り場に行き購入を行わなければなりません。

子供のみで購入を行おうとした場合には注意を受けてしまう可能性もありますので、充分に気をつけておかなければなりません。

現在主流となっている宝くじの方式について

現在日本で売られている宝くじの種類は大きく分けて3種類存在し、開封くじ・被封くじ(スクラッチ)・数字選択式宝くじと言う3つの方式が存在しています。

開封くじと言うものはサマージャンボ宝くじなどのジャンボ宝くじに代表されるものであり、1枚100円から500円程度の金額を支払いって番号が印刷された券を購入し、後日の抽せんにおいて自分の保有している開封くじの番号と一致すれば100円から最高で数億円の当せん金を受け取ることのできる宝くじです。

現に宝くじと言ったらこの方法を指す1番ベーシックな宝くじと言えます。

また発売元や販売地域などにより分類があり、発売元が記載されていないものは、販売地域内の全都道府県・政令指定都市が発売元となっています。

また被封くじはスクラッチと言う名前で呼ばれているくじであり、購入をして銀色のカバーがされているところを削りその場で当たりがわかるくじのことを言います。

その場で当たりがわかると言うことから多くの方が好んで購入しているくじなのです。

開封くじに比べても当選金額が少ないことが特徴的であり、それに応じて購入を行う際の金額もそこまで高くありません。

数字選択式宝くじはナンバーズやロト6などが代表的なくじの方法であり、一定のルールに従った任意の番号の組み合わせを指定した券をそのくじの販売金額で購入し、数字が該当していればあたりと言うシステムです。

このくじも最近主流となってきているくじの1つであり、多くの方が楽しむことができているくじと言えるでしょう。

宝くじの払い戻し率についてしっかりと知っておこう!

宝くじで当選した際の当選金額は収入としてカウントされます。

パチンコやパチスロ、競馬競輪や競艇などのギャンブルで得たお金はに関しては税金を支払わなければならないとされていますが、宝くじの場合は払い戻し時に税金を控除していると言うことがみなされ、当選金額から税金を支払う必要がないとされています。

ですから計算上、購入金額に対し当選金額として支払われたり分配された金額が払い戻し、また払戻率としてカウントすることができるのです。

ほとんどの宝くじの控除率は50%以下であると考えられ、2008年においては45.7%と言う金額が全体の払戻率としてカウントされています。

一度宝くじに当選さえしてしまえば税金を払う必要はなく、当選さえしてしまえばまるまる自分の手元に残ると言うことになります。
一見45.7%と言う数字は少ない数字と思われるかもしれませんがそのような事はなく、周りの声ギャンブルなどと同じ払戻率と言うことになります。

ちなみに公営競技も50万円以上の収入があった場合には確定申告を行わなければならず、最終的に50%前後になると考えられているのです。

実は宝くじの現金化はとても熱いと言える!

こちらも先ほどからお話ししています通りで宝くじには税金がかかりませんので、一度当選さえしてしまえば自分に残る現金は非常に多いと考えられます。

また自分の狙いたい金額に応じて様々な宝くじを購入することができたり、購入金額に変化をつけることもできますから宝くじを当てて現金化をすると言う事は非常に熱い話であると言えることは間違いありません。

宝くじを知らなかったと言う形は今回をきっかけとして宝くじを購入してもらいたいですし、宝くじを知っていたがこれほどまでに種類があると言うことがわからなかったと言う方は今まで自分が慣れ親しんでこなかった宝くじを購入してみると良いと言えるでしょう。

とにかく税金がかからない現金化を行いたいと考えているようであれば宝くじを購入し、実際に当てて自分の手元に現金を残しておくと言う作戦を立てておくと良いと言えます。

ぜひ皆さんも宝くじを用いた現金化を行ってみてはいかがでしょうか。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.