Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小切手の現金化の手順は小切手の内容によって大きくかわります。現金化のためには銀行で換金する必要がありますが、手続きができる銀行が限られる場合と、そうでない場合があるのです。また、銀行に持ち込めばすぐに現金化できるケースだけでなく指定口座への振込みに時間がかかる場合もあるのです。

小切手の種類で現金化の手続きがかわる!表だけでなく裏面もチェック

更新日:

小切手を現金化するためには銀行に持ち込む必要があり、その場で受け取れる場合と指定口座への振り込みになる場合があります。

小切手の種類で現金化の手続きがかわる!表だけでなく裏面もチェック

一般的な小切手は銀行に持ち込めばすぐに現金化することが可能ですが、セキュリティのために換金できる銀行を指定するケースがあるのです。

また、裏書をすることで本来換金に時間がかかる小切手でもすぐに現金化ができるようになるなど例外も存在します。

銀行窓口で即現金化できない小切手は、銀行が手形交換所を経由して現金化し、指定の口座に振り込むことになります。

振込みには数日から1週間程度かかるのが一般的です。

振出日が未来日になる先日付小切手の場合も銀行に持ち込めば換金ができますが、決済のタイミング上不渡りになる可能性がある点に注意が必要です。

内容をしっかりと確認した上で、いつどこに持ち込み、現金化するかが大切なのです。

一般的に使われるのがすぐに現金化できる持参人払式小切手

小切手でも特に使い勝手が良く多用されるのが持参人払式小切手です。

一般的に使われるのがすぐに現金化できる持参人払式小切手

小切手を銀行や信用金庫などの金融機関の窓口に持ち込み、手続きをすることで現金化することができます。

特定の金融機関でなければ換金できないなどの制限がないのが魅力になります。

一方で、紛失した場合や盗難にあった際に第三者に現金化されてしまう可能性があるのもポイントになります。

発行する側も受け取る側も自己責任で行う必要があり、管理能力が問われます。

そのため、発行側だけでなく受け取る側が手を加え、換金に制限をつけるケースもあるのです。

制限をつけると換金までに時間がかかるようになります。

しかし、換金までに時間がかかるようになれば支払い停止などの処理もしやすく、紛失や盗難に対する対策をしやすくなります。

そのため、企業間取引では持参人払式小切手を避けるケースが増えるのです。

日本企業の場合は小切手自体を避け、振込みにするケースも増えます。

線引小切手と呼ばれる平行線が引かれたものは換金に時間がかかる

企業間の取引などを行う際に使われることが多いのが線引小切手です。

小切手の表面上部に二本の平行線が引かれているのが特徴です。

銀行に持ち込んでもすぐに現金化ができないようになっていて、手形交換所を経由して口座に振り込んでもらう仕組みになっています。

手形を発行した発行主がどの口座に振り込まれたか確認できるため、取引内容をしっかりと確認したい場合に使われます。

線引き小切手は一般線引小切手と、特定の銀行指定した特定線引小切手があるのがポイントです。

特定線引小切手を受け取った場合は、指定の銀行に口座がないと支払を受けることができないのが特徴になります。

表面上部の二本の平行線の中に金融機関名が記載されている場合は特定線引き小切手、銀行やそれに相当する文字のみがある場合は一般線引き小切手になります。

裏判が押してある小切手はすぐに現金化することができる

線引き小切手は現金化に時間がかかりますが、振込先の口座がわかるなどのメリットがあります。

裏判が押してある小切手はすぐに現金化することができる

一方で、すぐに現金が欲しい状態の場合は使い勝手が悪いなど、避けられる原因となってしまう場合があります。

資金繰りが厳しい中小企業や個人事業を行っている場合は一刻も早く現金が必要になることも多く、線引小切手は使い勝手が悪くなりがちなのです。

線引小切手でも小切手の裏面に裏書きを行い、裏判と呼ばれる銀行取引印を押したものは銀行窓口で即現金化ができるのがポイントです。

企業間取引が中心で、通常は線引き小切手しか発行していない企業でも持参人払式小切手のように処理できる小切手を発行できるのです。

裏書きと裏判の効力により線引きの効力が失われるため、すぐに現金化をしたい場合は取引先に交渉をしてみるのも方法になります。

自社で発行する場合も交渉材料として検討する価値があります。

支払いが未来日になっている小切手は現金化に注意が必要

小切手の振出日は未来日にすることも可能で、振出日が未来日のものは先日付小切手と呼ばれます。

資金繰りが厳しい企業などが支払い能力に余裕がある時に現金化して貰うために使われます。

小切手を現金化する場合は発行した企業などの当座預金の口座からお金が引き落とされるため、支払いの集中などを避けるために使われるケースもあります。

注意したいのは先日付小切手を金融機関に持ち込むとすぐに換金手続きができることです。

振出日が未来日に設定されていても、小切手を持ち込まれた金融機関は受付を拒否することができないのです。

振出日より先に現金化は可能ですが、発行した企業などの預金口座に引き落としできるだけのお金がなければ小切手は不渡りになります。

また、当事者間の取り決めとして振出日を決めるのが先日付小切手になるため、無理に現金化しようとすれば取引先との信頼関係が崩れる恐れがあるのです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.9月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.