多くの方が火災保険に加入していると思いますが、火災保険を使ったことがないと言う方が多くいらっしゃると思います。いざ自分自身が火災にあったときにどのような仕組みで火災保険が使われるのか、対象となるものはどれなのかと言うことを知っておかなければならないでしょう。

火災保険を利用して現金化を行うことができるの解ってましたか?

投稿日:

皆さんは火災保険についてどれほど知識がありますでしょうか?

火災保険申し込みをしている方は多くいらっしゃると思いますが、火災保険がどのような保険なのかと言うことや、火災保険が何を保証してくれるのかと言うことを知っている方はなかなかいらっしゃらないことが現状として挙げられます。

いざ火災保険が使われるタイミングになったときに「これは火災保険で保障されないものなの?」となってしまうことがないようにするために、あらかじめ火災保険について知っておく必要があるでしょう。

火災保険を使用することによって現金化を行うことができることもあるので、しっかりと火災保険について知識を深めておき、また火災保険を使用するタイミングで現金化を行うことができるようにしておきましょう。

火災保険の現金化が周囲で案外知られていなかったのでこの機会に学ぶ

特に火災保険に加入している方で、これまで火災保険についてあまり知らなかったと言う方はぜひ知っておいてください。

そもそも火災保険とは一体どのような保険なの?

火災保険とは損害保険の1つであり、実際に火災や水害よっての被害にあった建物や建物内に収容されていた家財用具や設備や商品の在庫などと言ったものを補填するための保険のことを指します。

また火災保険の対象になる建物によって大きく2つの種類の火災保険に分類され、主に一般的な住宅や団地やマンションなどの補填をする保険のタイプ、または店舗や企業などの火災を補填するタイプと2つの種類に分かれているのです。

加入する火災保険やこのような保険のタイプの違いによって、補填されない災害があると言うことも十分に注意しておかなければなりません。

いずれも火災の度合いやどのようなものが火災の対象になってしまったかと言うことにより等級が変わり、その際に補填される額が変わります。

そのような等級は実際に火災にあったときにではないと分かりませんが、等級によって補填される金額が変わると言ったことを覚えておくと良いでしょう。

現金の盗難や焼失などは火災保険の対象になるのか?

まず1番ベーシックな考え方として、現金の盗難や火災などによって焼失してしまった際にどのようなことが起こるのかと言うことについて考えていきます。

基本的に火災で焼失をしてしまった現金は火災保険の対象外となってしまい、補填される事はないと言われているのです。

ですからタンス預金などで現金を有していたのにも関わらず、そのタンスが火事で焼失してしまったと言う際には現金の補填はされません。

しかしながら空き巣や泥棒などによって現金やそれに準ずるものが盗まれてしまった場合には、火災保険によって補填される場合があります。

補填される対象物と補填額は加入している火災保険の保険会社によって異なりますが、原則的に通貨や小切手、切手や乗車券などのに盗難についての補償限度額は20万円程度であり、通帳や預貯金などを引き出すためのカードの盗難によって現金が引き出されるような損害が発生した場合には補償限度額は200万円程度と定められています。

ですから、この限度額以内の物の盗難をされた場合に保障された額が実際に被害にあった金額を上回れば、現金化されたときに余剰分としてプラスになると言った考え方をすることもできるのです。

また反対に盗難にあった額以上の負担を行ってもらうことができないと言うこともあるので注意しなければなりません。

このようなことを知らずに泣き寝入りしてしまうと言うこともあるので、ぜひこのような被害にあった場合にはしっかりと補填をしてもらい、現金化を行うと良いでしょう。

火災保険をうまく利用して自分のメリットになる現金化

火災保険を利用した現金化の考え方はまちまちですが、火災によって自宅の家財や私財が燃えてしまった際にもらえる保険料が自分自身の有している家財や私財の価値を上回ると言うこともあります。

火災保険を利用して現金化を行うことができるの解ってましたか?

またそのような家財や私財が不要になってしまったがリサイクルショップなどに売却をしても値段がつかないとなった際には火災によって焼失してしまい、火災保険による保険料を受け取った方が現金化として良い方向に進んでいると言うこともあるでしょう。

このように火災が起きたことによって様々なものが消失してしまって資産がなくなってしまったり、生活が苦しくなってしまうということも考えられることではあります。

しかしながら良い方向として考えるのであれば、そのような時間が経ってしまったり、もともと価値がなかったものが消失してしまったことによって、保険料がその家財や私財を上回ったと言う考え方を持つことができれば自分にとっては現金化のメリットが非常に高いことであったと思うこともできるでしょう。

仮にこのような火災による焼失を猫した火災保険に加入しようと考えているならば、家財や私財が焼失してしまった際に多額の保険料が支払われる保険に加入しておくことをおすすめ致します。

どのような火災保険を選ぶのが好ましいの?

現在では火災保険を提供している保険会社やサービスが数多く存在しています。

火災保険を提供している保険会社やサービスなどによって補填される物の種類が変わりますし、補填される金額も変化してくるのです。

火災によって支払われる保険料の額を多くもらいたいと考えているのであれば、少しでも補填額が多い保険会社やサービスを利用することが好ましいと言えます。

そのような保険会社やサービスをどのようにして探すと良いのかと言うことについてですが、現在では様々な方がスマートフォンやインターネットから保険会社やサービスを利用していますので、そのような利用者の口コミやレビュー評価などを参考にして利用することが保険会社やサービスを選ぶ方法の1つとして挙げられるでしょう。

また多くの保険会社やサービスの月額料金や補填をされる金額を一括で調べることができるサイトも存在していますので、そのようなサイトを利用して自分が調べたい項目を一括で調べると言ったことも火災保険に加入するのであれば考えたいことであります。

火災保険を利用した現金化を行いたいと思うようであれば、そのような現金または現金に準ずるものが盗難または消失した際に多くの金額が補填される保険会社やサービスを利用すると言うことが好ましいでしょう。

火災保険と現金化についての考え方とまとめ

基本的には火災や盗難などによって現金が消失してしまうような事はあってはなりませんし、火災や盗難が起きてしまうということも好ましくありません。

しかしながらそのような事はいつ起きるか分からないのが現状です。

そのようなことが実際に起こってから後悔をしたり行動を起こすのではなく、あらかじめそのようなことを見越して火災保険に加入をしておく必要があります。

先ほども述べた通り、そのようなことが起きて支払われる現金の額が大きくなるような火災保険を利用すること、また火災保険を利用するにあたり火災保険の月額料金が少しでも抑えられていたり、現金化を行うことを考えた際のコストパフォーマンスが高いと思うことができる火災保険を選ぶと良いでしょう。

現金化を見越して火災保険を利用することができる環境を作ると言う事はもちろん好ましいことではありませんが、いざ現金化を行うことができる環境になった際にはぜひ積極的に現金化を行うことを考え、火災保険を利用した現金化を行ってみると良いのではないかと思います。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.