家事代行のサービス内容は掃除や洗濯・料理の作り置き・食器洗いなど日常的な家事が中心で、家事代行にはスポット契約と定期契約の2種類があり、定期契約の方が安くなります。難易度がそれほど高くない家事代行の仕事は、自分の持つ家事のスキルを現金化する手段としても有力です。

家事代行で依頼できるサービス内容とお金にする現金を得る手段とは

更新日:

共働きや高齢者世帯に人気のサービス

巷で話題を集めている家事代行とは、代行会社のスタッフが利用客の自宅を訪問して掃除や洗濯などの家事を代行してくれるサービスです。

家事代行が人気を集めている背景には共働きの家庭が増えているという社会の変化があり、働く女性が増えて家事の負担が大きくなってきているという事情も見逃せません。

一人暮らしをしている人の中にも家事が苦手で部屋が片付かない悩みを抱えている人は多く、部屋の整理や引越しの際にスポットで家事代行を利用するケースも見られます。

高齢者世帯でも思うように家事をこなせない人が少なくないことから、家事代行の需要は年々増加傾向です。

家事代行の仕事は主婦やOLの副業としても人気を呼んでおり、掃除や洗濯・料理の得意な人がスタッフを務めている例が多くなっています。

依頼できる家事と依頼できない作業

家事が苦手な人や忙しい人にとって家事代行は便利な存在ですが、依頼できる作業とできない作業がある点には注意が必要です。

家事代行で依頼できるサービス内容は運営会社によって異なるとは言え、基本的には日常的な家事全般に対応しています。

掃除機がけや部屋の片付け・窓拭き・水回りの清掃など日常的な掃除はもちろんのこと、庭やバルコニーの掃除・植物の水やりなども依頼が可能です。

利用客の自宅にある洗濯機を使った洗濯だけでなく、アイロンがけやクリーニングの受け渡しも作業内容に含まれます。

掃除や洗濯以外では料理の作り置きや食器洗い、ゴミの分別とゴミ出しに加え、家事代行サービスによっては食料品・日用品の買い物やペットの世話なども依頼が可能です。

一方ではエアコン・換気扇・レンジフードの内部清掃や室外機の清掃、床のコーティングやワックスがけなどは家事代行サービスに依頼できません。

それらの作業には業務用の洗剤や専門の道具が必要で専門技術も要し、プロのハウスクリーニング業者でないと対応できないのです。

家政婦やハウスクリーニングとの違い

家事代行サービスはハウスクリーニング業者と混同されがちですが、扱う仕事が一般的な家事の範囲内かどうかという点で大きな違いがあります。

家事代行の仕事内容には年末の大掃除なども含まれるとは言え、あくまでも一般的な家庭で行われている家事を依頼人の代わりに実施するのがサービスの趣旨です。

一方のハウスクリーニングは一般家庭で家事として実施できない専門的な清掃を請け負う仕事で、賃貸物件の原状回復やオフィス・店舗の清掃なども仕事内容に含まれます。

ハウスクリーニングで使用する洗剤も家庭用より強力な作用を持つため、取り扱いには専門知識が必要です。

家事代行とよく似た仕事としては、古くから上流家庭などでよく利用されてきた家政婦が挙げられます。

家政婦も仕事内容は家事代行と共通していますが、家政婦紹介所から紹介された人を依頼人が雇う形で直接契約を結ぶのが一般的です。

家事代行サービスのスタッフは依頼人ではなく運営会社と雇用契約や業務委託契約を結び、依頼人は運営会社からスタッフを派遣してもらうという点で家政婦と異なるのです。

契約方式による違いと料金相場

家事代行を利用する際の契約方式には、大きく分けてスポット契約と定期契約の2種類があります。

スポット契約は急な来客や引越し・大掃除などで家事がこなしきれないような場合によく利用されており、1回単位で家事を依頼してその都度料金を支払う仕組みです。

定期契約は週に1回や月に2回など任意の頻度でスタッフを派遣してもらい、定期的に家事をしてもらうコースとなります。

スポット契約は1時間あたりいくらという形で料金が決まり、1時間2,000円から3,000円程度が料金の平均的な相場です。

1回の依頼で作業時間が2時間から3時間ほどかかるのが一般的で、家事代行の料金に加えて通常は1回あたり1,000円前後の交通費を別に支払う必要もあります。

定期契約の場合は月額料金の形で毎月決まった金額を支払うという例が多く、1回あたりの作業時間と利用頻度に応じて月額料金が決まる仕組みです。

家事代行を定期契約で利用する場合は1回あたりの作業時間を多めに設定し、利用頻度を少なくした方が交通費の節約になります。

定期契約を結ぶことで割引が適用され、スポット契約より1回あたりの料金が安くなるケースが多いという点も見逃せません。

スタッフとして稼げる収入の目安

家事代行の仕事内容は日常的な家事の範囲内で難易度がそれほど高くないだけに、現金化が目的なら自分自身がスタッフを務めるという利用方法も考えられます。

不用品を販売したり手持ちの金券を換金したりすることでも現金化は可能ですが、換金できるような品を持っていない人にとって家事代行は現金を得る最も手軽な方法となってくるです。

実際に家事代行サービスは他に収入手段を持たない専業主婦が現金収入を得る手段として多く利用され、会社員の副業としても人気を集めています。

家事代行サービスの利用料金は1時間あたり2,000円~3,000円が平均相場ですが、運営会社の取り分もあるのでスタッフに支払われる給料の相場は時給1,100円~1,500円程度です。

それでも一般的なアルバイトの平均時給よりは高めとなっていますので、家事代行は急に現金が必要になったような場合の現実的な調達手段となってきます。

家事が得意で時間に余裕がある人であれば、クレジットカード現金化などの裏技より家事代行スタッフで稼ぐ方が現金を得る手段として安全です。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.