お金がかかりがちなペットのいざという時のために重要な備えについて詳しく説明します。

ペットはお金がかかりがち!いざという時の備えが重要に!

更新日:

ペットに愛情を注ぐ人は多く、家族の一員として迎えることは珍しくなくなっています。ペット可のマンションなども増えていて、都心部などでも飼いやすくなっているのもポイントです。一方で、病気などで急な出費が重なることも珍しくなく、どのようにリスクに備えるかも大切になります。

獣医を探してかかりつけの動物病院を作るほか、可能であればペット保険に加入するのもおすすめです。ペットは人間のように健康保険などに加入できないため、医療費は全額負担になるからです。貯金や、いざという時に身の回りを現金化するための方法など、備えは多ければ多いほど良いのです。

ペットを飼う場合は事前に必要な知識も多くなる


ペットを飼う場合に可愛らしさを重視することは自然なことです。ただし、かわったペットが欲しいと思った場合は注意が必要になります。珍しいペットの場合は診察できる獣医自体が少なくなり、病気になっても満足な治療ができない可能性があるのです。

獣医は一般的に犬や猫の治療について勉強することが多いのがポイントです。畜産関係の動物を専門に学ぶ獣医も多く、それ以外の動物の診察ができる獣医は限られます。インコやオウム、ハトといった鳥類を専門的に扱う動物病院も存在し、それぞれに得意分野が異なるのです。

フェレットなど、人気のペットについて学ぶ獣医はそれだけ多くなります。需要にこたえることで利益が上がる場合は多く、逆に需要がない技術を学んでも無駄になる可能性が高くなります。獣医も生活がかかっているため、何を学んでどう生かすかは獣医の意思や経済状況によって大きくかわってしまうのです。

ペンギンやカワウソ、ハリネズミなど、かわったペットは目を引きがちです。しかし、それだけ診てもらえる動物病院は少なくなり、保険なども用意されていないことが多くなります。事前にペットの飼いやすさや、どの程度お金がかかるかは調べるのが基本になります。

犬や猫など一般的な動物でもお金がかかる

犬や猫といった一般的な動物でも健康を維持するためにはお金がかかります。餌のお金やトイレの始末など、様々な出費が発生します。犬の場合は狂犬病の予防、犬も猫も病気の予防のためのワクチン接種が必要など、意外とお金がかかるものなのです。

ワクチンを打たないことで病気の感染リスクが大きく高まるのもポイントになります。室内飼育であっても予防しきれる病気ばかりとは限らないため、なぜワクチンを打つのか、どのようなワクチンが必要なのかも学んでおく必要があります。定期的な摂取が必要になるのもポイントです。

病気になった場合の医療は、飼い主が全額負担しなければならない点にも理解が必要です。手術をする必要がある場合は、数十万単位でお金がかかるケースもあります。年齢が高くなれば病気のリスクが高くなるだけでなく、介護が必要になる場合もあります。自分が世話をしきれるかも考える必要があります。

貯金や保険で病気に備えることも重要です。ただし、保険は一度病気にかかってしまうと継続が難しくなるケースも多くなります。経済的な余裕がない場合は副業でお金を稼ぐ、身の回りにあるものを現金化するなど工夫が必要になるため注意が必要です。

ペットを飼う場合はどの程度お金がかかるかも調べておく


ペットを不幸にしないために、飼う前に費用を調べておくのも一つの方法です。医療の発展で犬や猫の寿命は延びる傾向があり、生涯でかかるお金も増える傾向にあります。自分のライフステージとペットの成長を考えてバランスをとることは大切で、老後に備えたほうが良いのはペットも同じです。

犬や猫を拾った場合や、里親になった場合はやりくりが重要になります。収入が大きい場合は保険と貯金で医療費などはまかなえます。しかし、経済的に厳しいほど工夫が必要になるため、知恵を絞ることが大切になるのです。

働いてお金を稼ぐにしても、本業とのバランスが難しいケースもあります。副業に寛容な企業は増えていますが、働き方によっては問題になってしまう場合もあるため注意が必要です。身の回りにあるものをフリマアプリで現金化したり、ハンドメイドの商品を売るなど工夫をして乗り切る人もいます。

換金率や物が売れるスピードを理解しておくと、いざという時にも役立ちます。宅配買取サイトなども知っておくと便利です。

医療費のクレジット払いができる病院も

ペットの医療費が高額になると、すぐにお金が支払えないケースも出てきます。金額が大きい場合や緊急手術の場合は後日お金を支払えばいいことが多くなるため、動物病院に直接相談するのがおすすめです。分割払いに対応してくれる場合もあるため、ペットの健康を優先したほうが良いことが多いのです。

クレジットカード払いに対応している動物病院もあるため、カードを利用してしまうのも方法です。カードの分割払いに対応しているケースもあるため、支払いの柔軟性で獣医を選ぶのも方法です。

保険に入っている場合は保険がいつおりるかをチェックしておくことも大切です。保険会社に書類を提出し、審査が終わってから支払いがされることが一般的で、一度は自分で支払いを済ませなければならないことも多いのです。

また、保険に入ってすぐに特定の病気が判明した場合は保険の適用範囲外になってしまうこともあります。特にガンは待機期間が長いため、可能であればペットが若いうちに加入しておいたほうが良いのです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.