上手な資金管理を目指せるファクタリングなどの資金調達で現金化をメジャーにすることが可能になるかもしれません!企業による売掛金の詳細や売掛債権を見直すことでよりスムーズは取引を行うことができることでしょう。

ファクタリングで資金管理がスムーズに!ただし売掛債権にも注意

更新日:

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化する手法です。手数料の支払いが必要になるものの、支払日が来ていない請求書などを現金化することが可能になります。

企業ではメジャーな取引の一つになっているのです。

企業間取引は一般的に請求書などを利用します。

現金取引ではないため振込みまでに時間がかかるケースが多く、資金繰りが厳しい企業にとっては待つのが辛い状態になることもあります。

そういった企業が利用するのがファクタリングで、売掛金を売却することで現金に変えることが可能になっているのです。

ファクタリングが使われるケースは多い

売掛金を買い取ってもらい現金化する「ファクタリング」
ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、対価としてお金を受け取る取引です。

企業の売掛金は、数字が計上されていても実際にお金が振り込まれるのは後日と言うことが良くあります。

中小企業やスタートアップではその時間差が厳しく、資金管理行き詰る原因となりかねないのです。

ファクタリング会社はファクタリングを専門的に行っているケースが多く、売掛金を査定の上買い取ってくれます。

手数料が引かれるもののすぐに支払いが行われるため、現金や活動資金を確保したい企業にとってうれしい存在になっています。

経営が安定するまでは欠かせない存在なのです。

ファクタリングの利用には注意が必要な面も

ファクタリングの利用には注意が必要です。売掛金を売買するにも信用が重要になるため、審査や査定に時間がかかってしまうことがあるのです。

審査や査定の時間を省略するファクタリング会社もありますが、手数料が割高になります。

手間を省略する分、ある程度回収出来ないお金が発生する可能性があるためです。

また、常に売掛金を買い取ってもらう状態となると、手数料がかかり続けます。

企業の収益を圧迫する可能性があるのです。

その場しのぎではなく状況を改善するための工夫が必要で、便利な分お金がかかっていることを理解する必要があります。

融資とファクタリングを比較することも重要になる

ポイントになるのが、融資との比較です。銀行などから融資を受ければファクタリングをしなくても済む可能性があります。

しかし、銀行からの融資は条件が厳しく、年利で考えると高くつく場合もあります。

経営にとって何が一番良いか考えるのが重要で、より条件が良いものを選ぶ必要があるのです。

融資が受けられなくなってからファクタリングを頼る企業もありますが、経営的に追い込まれると売掛金の評価自体が下がっていく可能性もあります。

その月を乗り切って終わりではなく、どの程度状況が続くかを考えた上で何を選ぶか考えるのが基本なのです。

現金化できるスピードはファクタリング会社の売掛債権で異なる

手続きを簡略化すると手数料がかさむファクタリングを行って現金化できるスピードは、ファクタリング会社によって異なります。これはファクタリング会社との取引だけでなく、売掛債権をもつ企業と調整を行うかどうかで必要な時間が変ってくるからです。

手続きを簡略化すれば、それだけ手数料がかさみやすくなります。

ポイントになるのが、受け取れるお金を増やしたい場合は早めに行動することです。

交渉などにかける時間が長ければ手数料も節約できるからです。

駆け込みで申し込めばそれだけリスクが高くなることも踏まえ、計画的に利用するのがおすすめです。

売掛金や売掛債権の種類とそのデメリットを改善する現金化の手段について

売掛金や売掛債権とはどんなものなのか?

売掛金や売掛債権は一言で言うと回収できていない代金のことです。

売掛金や売掛債権の種類とそのデメリットを改善する現金化の手段について

一般的にサービスや商品を提供したらすぐにお金を受け取るという流れがモノやサービスの取引ですが、企業同士の場合などはそのお金が高額になることが少なくないため、代金は後日という形で先に商品やサービスを受け取ることがあります。

この後日の代金が売掛金や売掛債権です。

一般的に1~2ヶ月以内に代金の決済が行われる債権を売掛金、売掛金を含めて受取手形(書類で交わした支払いの約束)、未収金(売掛金を除く未収の代金)など代金は回収していないものを売掛債権と言います。

これらの話題を踏まえながらどんな業界にどのような売掛金や売掛債権があるのかを紹介していきます。

製造業におけるものはどのようなものか?

製造業は様々な原料を加工して製品を生産し、企業や個人向けに提供を行う産業のことで、第二次産業に分類される業界のことです。
この業界での売掛金や売掛債権にはどのようなものがあるのかを紹介します。

そもそも売掛金は乱暴な言い方をすれば飲食店の「ツケ」のようなものです。

そういったツケのようなものが全て売掛金や売掛債権と呼べます。

例えばある部品を生産してA社へ納入し、その代金が後日支払われるとなった場合それが売掛金になります。

ちなみにこの売掛金は時効があり、製造業の場合2年となっているため、きちんと回収する必要があるのです。

また製造業の場合国内にとどまらず海外の企業にも売掛金が発生することも珍しくないため、その関係は複雑になりがちで為替によるリスクも大きいという特徴があります。

非常に頻繁に製品の売買取引が行われ、それらに関するやり取りが多いため、受取手形でのやり取りも頻繁に行われるという傾向も強い業界です。

建設業界におけるものはどのようなものか?

建設業界も売掛金や売掛債権が多い業界と言えます。

その理由として入金方法が特殊という点、立替工事費が多いという点の2点があります。

入金方法が特殊という点は、建物等が完成してから入金される完成工事未収入金や前受金で入金されるお金が未成工事受入金というように様々な形で入金されます。

そのため、売掛金や事前の入金が入るというケースが混在したうえ、数年にわたる工事も多いことから途中の入金や途中に入金が期待される売掛金なども存在するという状況で、直接の入金以外にも様々なタイミングで売掛金や売掛債権が発生し、その結果多くなるという傾向があります。

立替工事費が多い点は、全体の工事が完成してからの入金になるため、その過程で下請けの場合多くの売掛金を元請け会社へ発生させます。

さらに長期にわたる工事の場合は売掛金がどんどん発生し、回収できない状態が長く続くという傾向があります。

このような傾向から売掛金の時効が3年とやや長くなっていますが、その分回収がかなり先になるというデメリットもある業界なのです。

医療業界におけるものはどのようなものか

医療業界も実は売掛金が多い業界です。

その理由は健康保険が存在することによります。

健康保険によって9~7割の治療費が売掛金や売掛債権になります。

製造業や建設業に比べて月ごとの売り上げを更に保険組合ごとに分割させて請求を行うため1件ごとが少額になりがちな売掛金や売掛債権ですが、請求先は都道府県の支払基金や大企業の傘下の健康保険組合、さらに協会けんぽという半ば行政と一体化した組織になるため、他の業界よりも請求先の信用度は非常に高く、相手会社が倒産して売掛金が回収できないと言ったトラブルがほとんどないという特徴を持っています。

それでも売り上げの多くを健康保険の治療費請求という形で売掛金や売掛債権として処理している業界のため、売掛金や売掛債権の発生しやすい業界の一つと言えます。

また、他の特徴として請求後数か月後にはほぼ確実に規則正しい時期に入金されるということも挙げられ、入金日が一定しない形で入金されることも珍しくない他の業界にない面を持ってもいます。

売掛金や売掛債権と現金化の手段を用いた問題の解決

売掛金や売掛債権のデメリットはかなり先の時期に入金がされるということです。

すぐに入金されるのであれば円滑な資金運営が可能なのですが、そういったことは珍しく短くとも数か月長ければそれ以上の期間に先延ばしされます。

その間に資金繰りが悪化し倒産するというケースもあるため、売掛金や売掛債権との付き合いは非常に問題になります。

こういったものを解決する手段が、ファクタリングです。

このファクタリングは売掛金や売掛債権に対しファクタリングを手掛ける会社が手数料等を差し引いた金額で買取り、その売掛金や売掛債権を代行して回収してくれたり、それらが入金された時点で全額ファクタリング会社へ支払うと言ったシステムです。

これを利用すると多少目減りはしますが、数か月先の入金となる売掛債権や売掛金が数日から数週間で現金化できると言う大きなメリットがあります。

これを利用することで資金繰りを改善させることも可能なのです。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.