Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地震や台風など災害王国と言われる日本。地震にしても台風にしても、災害問題はライフラインのトラブルです。そして何よりも停電は大きな問題を引き起こします。普段なら使える電子マネーやクレジットカードでの支払いが困り果てキャッシュレス派が買い物もできなくなってしまうのです。その際に窮余の策として使えるのが現金化なんです。

地震と現金化は覚えておいて損はない緊急時の現金入手法だった!

更新日:

日本は地震大国いつ大地震が起きるかわからないのでやはり現金が

何と言っても地震大国の日本です。

地震と現金化は非常時の現金が必要な際にキャッシュレス派で大活躍できる!

住んでいる我々は、それこそ震度1くらいの地震には身体が慣れてしまって、ほとんど感知していません。

しかし海外からのお客さんの場合、日本に到着してからずっと揺れているような間隔がする、と言う人実は多いのです。

そんな風に地震に対していささか鈍感になっている日本人ですが、震度5とかの揺れになると流石に無視はできません。

というよりも、ライフラインに問題が起きてしまい、嫌でも自覚させられてしまうことになります。

そしてそんな時に問題になるのが、キャッシュレスを享受している人たちの支払いなのです。

地震が起きればライフラインにトラブルが起きる結果として現金が必要に

地震のせいでライフラインに問題が起きた場合、最も後を引くのが停電です。

普段は気にもしていないこの電気、あって当たり前の電気ですが、一旦止まってしまうと驚くほどに問題が噴出します。

こんなところまで電気使ってたのか、というところにまで停電の影響が出てしまうのですね。

現代はキャッシュレスの時代、日本はまだまだキャッシュレスが進んでいないとよく言われますが、その原因の1つは地震にもあるのです。

地震が起きる、電気が止まる、カードの読み取り機も全部使えなくなる、と言った図式です。

日本のキャッシュレスがいまいち進まないのは、この地震を代表とする災害の多さが原因なのですね。

文明の利器の最大の弱点で必需品、これがなくては何もできないというのが電気なのですね。

地震で停電そして使えなくなるクレジットカードや電子マネー

実は少し前まで、クレジットカードの読み取りは、手動でした。
若い人にはもう、知られていませんね。

カードをプレス機にかけて、カード番号の凸凹をクレジットカード売上用の上にコピーしていたのです。
これなら電気は必要ありませんね。

でも防犯上の問題などや諸々の事情もあって、読み取り機に変わっていったのです。
もちろん読み取り機は、電気が必要になります。

今ではレジに直結しています。

地震で停電してしまえば、読み取り機は使えませんし、レジだって電気で動いてますから、動きません。

電子マネーの読み取りも、同じことです。

手動で電気無しで使えたレジは、ミス打ちも多く使い勝手も悪かったのですが、停電はものともしませんでした。

こう見てみると、電気の便利さで逆に災害時は不便になったとも言えますね。

結果、お店の人は停電中、頭で計算して合計金額を出し、客は現金でその額を支払う、という昔ながらの支払い法に戻ってしまうのです。

ここにはクレジットカードの出番も、電子マネーの出番ももちろんないのです。

キャッシュレス派の持っているクレジットカードが使えなければ現金化してしまう

この地震の停電によって、実際に電気が使えなくなった場合、ものの売買に使えるのは現金だけになってしまいます。

地震と現金化は覚えておいて損はない緊急時の現金入手法だった!

電子マネーやクレジットカードで支払いそしていた人たちは、にっちもさっちも行かなくなってしまいます。

そうなった場合、家に現金がないと本当におしまいです。

少なくとも電気がきちんと通るまで、普段利用している店に電気が復旧するまで、現金が必要だということです。

なのでこういうときにこそ、クレジットカードの現金化を利用しましょう。
近くの銀行のATMが動いていなければ、振り込まれたお金を受け取るのが難しいかもしれません。

しかし日本というのは国土の殆どが地続きです。
そして停電というのは、家の近くが真っ暗なのに隣町は通電している、ということがよくあるのです。

手元にあるスマホや、充電されているノートパソコンなども利用して、現金化業者でクレジットカードの現金化をするのです。

ATMが動いている銀行もしくはコンビニなどで、それを下ろせば品物と購入することが可能です。

もちろん普段から多少の現金を家においておけば良いのですが、それもしていなかった時には窮余の策として、クレジットカードの現金化でしのいでみてください。

またamazonギフト券などもネットで現金化できますから、手元にあれば利用したいですね。

現金化と地震なんて関係ないと思っていたけど実は

地震と現金化とどう関係があるのかと言えば、要は電気です。

電気が使用不可になったときこそ、現金が、現金だけが通用するようになるのです。

そうした場合にその現金を手に入れるために、キャッシュレス派ができることは、手元にあるクレジットカードやamazonギフト券の現金化です。

普段ならもちろん、現金とは無縁な人たちでも、こうした緊急時に頼れるのは実は現金だけなのですね。

災害大国と言われる日本です。

地震だけでなく台風などの被害でも、停電の可能性は何時でもあるのです。

普段から少し現金を手元に置くのが一番ですが、それも忘れていたとか、手元にあると使っちゃうなどの人は、急場の対策として現金化があることを覚えておいてください。

こうした非常時には何よりも現金が幅を利かせます。

キャッシュレス派でもいざとなれば現金化で急場はしのげること、頭の隅に置いておいてくださいね。

-時事トピックス

Copyright© 2014~〔最新2019.10月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.