お金に困り悩んでいるけど財布にお金がない!あなたへ現金化を利用する上で欠かせないやり方、またはお金に関するマネープランをしっかり学び今後の生活に役立てて下さいね。

クレカ現金化の時事トピックス

現金を作る術を習得して効率よいゆとりのあるマネーライフを!

初めてのクレジットカード現金化で役立つ情報教えます!
>>すぐに現金が必要なはじめての方はコチラ

no image

Paidy(ペイディー)はカードが無くても後払いできるペーパーレスショッピング!

近年、女性も外で仕事をするようになったことから、ネット上のオンラインショップを利用するネットショッピングが急増しています。最近では様々なサービスが提供されるようになり利便性が向上しています。ただ、ネットショッピングの場合は支払方法をクレジットカードとするのが一般的です。Paidy(ペイディー)を利用すると、クレジットカードを使わなくても後払いでネットショッピングができます...

no image

メルカリで自宅で不要品になった物を売って上手にお金に換えていく方法は?

メルカリで現金化をしたい方向けにメルカリの使い方のコツや現金化の方法、さらには、現金化に対する注意点等を解説します。メルカリで売れないものもあるし、使い方のルールもしっかり押さえておくことを...

no image

宝くじで大金持ちになれる夢と希望に近づくチャンス場所を教えて!

これまで皆さんは宝くじとはどのようなものなのかと言うこと、またどのような仕組みなのかと言うことを考えたことがありましたでしょうか?また大きな金額の現金を保有したいと考えたり、一括で手元に現金を残して現金化を行いたいと言う方に対して宝くじは非常に良いツールであると...

no image

クラウドファンディングを用いて実践する現金調達の進め方や特徴とは

現金化のための手段となるクラウドファンディングとは? クラウドファンディングは、資金調達の方法のひとつとして幅広く浸透しています。 以前に比べても、多くの団体や個人がクラウドファンディングを活用しなが ...

no image

なぜ成功しているビジネスパーソンは自分の価値を現金化をすることができるのか?

現在数多くのビジネスパーソンの方が会社を立ち上げたり、事業を展開しています多くの方がいらっしゃるとは思いますが、成功している方もいれば失敗している方もいらっしゃることが現状です。そんな中で成功しているビジネスパーソンはなぜ成功しているのでしょうか?

no image

貯金アプリと家計簿アプリの違いを知れば貯金のコツが掴める

貯金アプリが対応している貯金方法は、複数の選択肢から自分に合った貯金方法を自由に選択できるからこそ失敗したら別の貯金方法を試せば良いという気軽さがあります。貯金アプリを使うためには提携銀行口座を用意する必要があるので、目指す貯金方法から貯金アプリを選んだ上で銀行口座を用意してすぐにスタートするといった準備が...

no image

掃除からお金になる意外と関係が深い2つの相互性とは

掃除をすると様々なものが出てきます。自分がなくしたと思っていたものもあれば、自分がすっかりその存在を忘れていたものなどです。そんな中でも換金率の高い現金化に適した商品があります。 それはブランド品、壊れた貴金属、そして洋酒です。これら3つの現金化に適した商品についてまとめ...

no image

億万長者やアッパーマス層など多くのお金と資産を確保に憧れを抱く

億万長者になることで、お金や資産に余裕がある状況が発生し、満足できる人生を過ごしやすくなります。ただし億万長者になるのは決して簡単ではなく、中々億万長者になれない人も多いです。そこで億万長者を少しでも目指すにはいくつかの方法があるので、自分に合っている最適な方法を選択すれば...

no image

家事代行で依頼できるサービス内容とお金にする現金を得る手段とは

家事代行のサービス内容は掃除や洗濯・料理の作り置き・食器洗いなど日常的な家事が中心で、ハウスクリーニングのような専門的作業には対応していません。家事代行にはスポット契約と定期契約の2種類があり、料金の相場は1時間あたり2,000円から3,000円程度で、定期契約の方が安くなります。難易度がそれほど高くない家事代行の仕事は...

no image

ユーチューバーは動画コンテンツと広告挿入数で得られる現金が最大に!

ユーチューバーは、オリジナル動画を数多く投稿しつつ再生回数を稼いで広告再生数により収入を現金化することで生計を立てています。政治発言や差別表現といった内容に触れると、審議の上でアカウント凍結されてしまうことがあるので、人気のユーチューバーほど複数アカウント体制で常に運用することにより収入が途絶えないようリスク分散化して...

no image

歩くアプリは日頃のウォーキングで現金に換えてくれる有難いサービスだった!

スマホを持ち歩くときは歩くアプリを起動しておくとポイントが貯まり便利です。ここでは歩くアプリのきっかけとなったポケモンGOから実際にポイントを現金化できるアプリをご紹介しています。自販機でポイントが貯まったりdポイントが貯められる歩くアプリも登場しているので、毎日継続するのが難しい人でも続けられるように...

no image

喫煙者が禁煙貯金の挑戦でお金に換えることが本当に可能なのか?

昔と比べて禁煙貯金に挑戦する人が増えており、少しでも良い結果を出せるように頑張っています。もし禁煙貯金に成功することができれば、これまで使用していたタバコのお金を貯金に回すことができるので、相応のお金を貯金できます。また禁煙貯金に挑戦することで、少しでも身体に良い影響を与えられるため、積極的に挑戦する人が増えて...

no image

災害発生時に被災地支援を行うボランティアの有り方

災害が発生した時に被災地支援を行うならば、物的支援・人的支援・経済的支援と段階を追って時間の経過とともに支援の形を変えることが望ましいです。現金による支援ができる段階まで復旧が進めれば、被災地支援は仕上げの段階になると判断できるはず...

no image

温暖化対策事業を拡大すれば環境保護業界が大儲けできるということ?

温暖化は、地球規模で平均気温が上昇する温室効果ガス削減により絶滅する種を減らそうとする環境保護活動家により対策を急ぐことが求められています。地球規模の平均気温変化は、長い歴史の中では現在が氷河時代にあって間氷期がそろそろ終わることを知っていれば、ある程度容認しても構わないと...

no image

金融緩和により景気浮上効果を期待で消費拡大に繋がる

金融緩和政策が継続て行われていることにより、消費拡大と設備投資増加が継続的に起きることが期待されています。日本銀行が行っているマイナス金利政策は、異次元の量的緩和政策とも呼ばれていて現金が市場に常に出回り続けることを狙っている状況です。銀行の利益ばかりが膨らまないように、複数の量的緩和が行われている...

no image

マイナス金利で景気の傾向とお金を流出させた今後の道しるべ

2016年に日本銀行が打ち出したマイナス金利は日本経済にとってだけでなく、私たち個人の生活を豊かにするきっかけとなったのでしょうか。現金を使わなくなりつつある現在において現金が必要なのか。私たち個人が考えるべきマイナス金利とは何なのか、実際の生活での感覚も踏まえて現金が必要かどうか...

no image

デジタル通貨は財布要らず!小銭のジャラジャラもない役立つマネー

今の時代、何かの支払いに現金を使わないキャッシュレス化が進んでいます。その代表的なものがデジタル通貨ですね。デジタル通貨の名前くらいは知っていても、詳細は知らないという人も多いことでしょう。そこで、デジタル通貨の特徴や使い方やメリットなどについて解説しています。デジタル通貨を使いこなすためにも...

no image

消費税が増税されてしまった感が強い今回の増税の光と影とは

消費税増税は社会保障制度維持のためな財源確保のために避けられない負担であり、国民全員で平等に負担を共有できる消費税の必要性や、消費税導入によるのメリットとデメリットに加えて公平な負担感実現のために実施された軽減税率などの対策による負担軽減措置の紹介、今後予想される政府の消費税に関する展開を...

病院のお金が払えないと思ったら?

病院のお金が払えないと思ったら?覚えておきたい現金化の対処法まとめ

急な病気やケガなどで入院し、治療費が払えなくなってしまうこともあります。ポイントになるのが補助制度です。 高額医療には補助がつくため全額負担になるとは限らないからです。また、緊急時はギフト券の売買で現 ...

サインレス決済の自筆サインや暗証番号の入力が不要を調べてみた!

サインレス決済の自筆サインや暗証番号の入力が不要を調べてみた!

クレジットカード払いにすると、たいていは伝票などにサインをしないといけません。ところが、スーパーやコンビニなどでカードを使っても、サイン不要でショッピングを楽しめてしまいますね。サイン不要でショッピングができるサインレス決済の特徴や条件、クレジットカードの不正利用との関係などについて...

キャッシュレスは決済手数料の高さが原因で普及に限度がある

キャッシュレスは決済手数料の高さが原因で普及に限度がある

キャッシュレスの普及を目指している背景として、人口減少社会に伴い維持管理費が高いATMの数を減らす目的があります。現金に対する信頼が厚い日本では、海外と比較して極めて高いクレジットカード決済手数料が原因で普及率が伸び悩み、決済手数料が海外並みに安いキャッシュレス決済手段が登場することを待つしかありません...

スキミング被害のスキマーを防ぐためにも絶対に泣き寝入りをしない!

スキミング被害のスキマーを防ぐためにも絶対に泣き寝入りをしない!

スキミング被害は、気づいた件数のみが報告されているだけであって、中にはスキミング被害に気がついても補償申請可能期間の60日を過ぎていて泣き寝入りしている人が少なくありません。スキミング被害は磁気テープに記録されているクレジットカード情報をコピーされることですから、ICチップ化を行いつつ毎月の利用明細書を確実にチェックすることが有効な対策方法...

クレジットスコアの評価価値に影響を与えるもの3選

日本での信用情報を表す「クレジットヒストリー」に対し、アメリカではクレジットスコアが重要な指標として使われています。 この『クレジットスコア』は、時に就職試験の面接や、入居や転居等による審査にも大きく ...

車両保険の補償内容と意外な保険金の受け取り方による現金化内容とは

車両保険はいざという時のために必要!そして現金で受け取ることも可能だった!

車両保険加入していてもその補償内容について知らないことが多いと思うので、車両保険の補償内容について分かりやすく紹介います。これから加入を考えている方もいるかと思いますが、そんな方のために加入する場合の判断基準や、意外と知らない保険金の受け取り方があるので...

火災保険の現金化が周囲で案外知られていなかったのでこの機会に学ぶ

火災保険を利用して現金化を行うことができるの解ってましたか?

多くの方が火災保険に加入していると思いますが、火災保険を使ったことがないと言う方が多くいらっしゃると思います。今まで火災保険についてあまり詳しく考えたことがないと言う方に対し、火災保険の仕組みとそれにつながる現金化ということについて...

すぐに現金が必要な人が現金化の方法を選ぶ際に後悔しないための方法

現金化で後悔しない高い業者かどうかを様々な視点から見分けるポイント

今すぐ現金を作りたいと考える場合に、気持ちの焦りから事前によく調べずに業者を選んでしまうことがあります。高価買取や高い換金率の広告文句だけに惹かれて、利用後に現金化で後悔をするケースも見受けられます。正しい知識と業者選びが後悔しないため、確認すべき点を事前に意識することで適切な業者選びを行うことが...

贈与税の税率と納税額について贈与は現金の方が分与・納税に便利で有利

贈与税の税率と納税額はどうなの?贈与財産は現金化で行う

最近は、生前贈与する方が増えています。贈与には贈与税が掛かってくるのですが、ほとんどの方は贈与税についてよく知らないのではないでしょうか。特に贈与税の税率とそれに伴う納税額は気になるところです...

住宅と住所が必要な際に現金化で手違いにならないようにしなければいけない!

住宅と住所による現金化の関係を改めて知ることとなる

住宅と住所それぞれ似た意味の言葉ですが、改めてそれらの意味についてまとめ、豆知識として住所の正確な書き方や住宅と住所が一致しないケースの意味、登記住所の変更をする際の手続きなどをまとめました。あわせてそれらに関係なくどの地域においても現金化を行う手法や登録する住所の書き方について...

地震と現金化は非常時の現金が必要な際にキャッシュレス派で大活躍できる!

地震と現金化は覚えておいて損はない緊急時の現金入手法だった!

地震や台風など災害王国と言われる日本。地震にしても台風にしても、災害問題はライフラインのトラブルです。そして何よりも停電は大きな問題を引き起こします。普段なら使える電子マネーやクレジットカードでの支払いが困り果てキャッシュレス派が買い物もできなくなってしまうのです。その際に窮余の策として使えるのが...

経営という点から利益分配へ会社の内部留保と現金化の関連性とは

企業の内部留保とは何か?内部留保と現金化について知ろう

企業は事業活動を行い、税金や配当金を支払った後の利益を蓄積しています。そして、その蓄積のことを内部留保と言います。この内部留保は大きな金額となると言われているのですが、実際に企業は内部留保を現金として保有しているわけではなく、投資などに用いています。そのため、そうした内部留保を現金化して再度、人件費などに充てるということは少ない...

流動資産は会社が持つ短期間での現金化能力の程度を判断できる資産

流動資産の意味を知ることは会社の経営状態を把握するために役立つ

会社の資産の中には流動性のある資産が存在します。短期間で現金化が可能であり、貯金や有価証券、受取手形や売掛金などがこれに当たります。流動資産が多ければ、それだけ現金化する力が強いことを表しています。流動資産の種類を知っておくことで...

Copyright© 2014~〔最新2019.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.