クレジットカード現金化の「やってはいけない」返済意識は慌てても間に合わない

更新日:

クレジットカード現金化をする場合は、カード会社にショッピング枠を利用した分のお金を返済する必要があります。

クレジットカード現金化のリボ払いか一括払いか選ぼう

リボ払いか?一括払いか?

支払いが終わったあとに調整ができることも珍しくなくなっていますが、支払い方法の変更ができなければ返済が集中する可能性もあります。

返済を意識して現金化することは非常に重要なポイントなのです。

返済しきれずにお金を借りるのはやってはいけないことになる

クレジットカード現金化をする場合はあくまでショッピング枠を現金化するのがポイントになっています。

ショッピング枠の利用分はクレジット会社から請求されるため、現金化時に支払い方法をしっかりと選ぶことも重要なのです。

クレジットカードは分割払いやリボ払い、ボーナス払いに対応していることがほとんどです。

うまく支払い方法を調整すれば自分のリズムで返済ができる一方で、変更を忘れると翌月に支払いが集中してしまう場合もあります。

借入残高や限度額以外にも注意しなければならないことがあるのです。

返済しきれないお金を借りることやってはいけないことで、信用情報に傷がつく恐れもある点に注意が必要です。

支払いが滞り続ければブラックリスト入りもありえるため、余裕がないときはあらかじめリボ払いにしておくなど工夫するのがおすすめです。

後から変更できるクレジットカードは手続きを忘れずに行うこと

支払い後に支払い方法を変更できるクレジットカードは増えていて、専用の会員ページから操作を行うことで変更を加えることができます。

現金化の際に支払い方法の選択を間違えた場合は慌てずに会員ページから変更を行うことも大切になるのです。

クレジットカードの公式サイトから、ログイン用のIDやパスワードを使ってログインし、支払い方法などの項目から変更をしていきます。

ただし、リボ払いの支払い枠に制限があるカードも存在し、必ず変更できるとは限らない点に注意が必要です。

また、手続きをしても反映されるのが翌月以降ということもありえるので、後で慌てても間に合わないケースもあります。

買い物時に確認しながら支払いをした方が安全なのです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.