クレジットカード現金化のお金は指定の銀行口座に振込まれるのが一般的になっています。気になる手数料の負担は業者によって違いが存在し、チェックが漏れると不満の元になります。公式サイトでチェックするほか、実際に問い合わせて確認した方が良いケースも存在するのです。

クレジットカード現金化の振込手数料は選択する業者で大きく変わってくる

更新日:

クレジットカード現金化はオンライン業者が主流になっています。クレジットカード現金化の振込手数料は選択する業者で大きく変わってくる

お金は指定の金融機関に振込まれることが一般的になっていて、24時間対応が可能な口座を経由して土日祝日や夜間に受け取れることも増えています。

ただし、振込手数料が誰が負担するかは業者によって違いがあり、スタンダードが存在しないのがポイントです。

換金率が高い業者に頼んだと思っても、振込手数料がかかってしまうことで実質的な換金率が下がることがありえるからです。

振込手数料がどの程度かかるかは業者によってまちまちです。

ホームページに記載がなく、問い合わせや手続きをすることで初めてわかるケースもあります。

不安がある場合は事前に問い合わせた方法が良く、損した気持ちにならないポイントにもなってきます。

また、一度に換金する金額が少なければ少ないほど手数料の負担も大きくなる傾向があります。

何度も振込みを依頼すればそれだけ振込料がかかってしまうからです。

換金率が口座に振込まれる金額を目安にしていると書いている業者も存在するため、複数の業者を比較してみるのもおすすめです。

業者ごとに換金率に違いがあるだけでなく、初回申込みで換金率が優遇されるなど様々なキャンペーンを展開している業者も存在するからです。

振込手数料がかかる業者も交渉で節約できるケースがある

クレジットカード現金化業者の振込手数料に関する考え方は業者によってかわります。

振込手数料込みで換金率を提示している業者も、別々に提示している業者も存在するからです。

ただし、例外も存在し、交渉によって手数料が節約できるケースも出てきます。

交渉で手数料が節約できるのは、他の業者との比較を行った場合や、まとまった金額での現金化を依頼した場合です。

クレジットカード現金化業者は業者間で競走が存在し、それぞれが顧客を掴むための工夫を凝らしています。

そのため、交渉をすることによって換金率が上がることや振込手数料が節約できるケースが存在するのです。

ただし、どこまで交渉の余地があるかは業者によって違います。

業者も利益を得なければ商売ができなくなります。

余りにも良い条件を引き出そうとすれば交渉が決裂する可能性が高まるのです。

担当する人間によって与えられた権限が異なることもあるため、誰と交渉するかも重要になります。

基本的な相場の知識や具体的な業者の名前が出なければ交渉がうまくいかないケースもあります。

調べる時間がもったいないと思う人もいるため、無理に交渉するなら多少の手数料も仕方ないと考える人がいるのもポイントです。

現金化の金額が大きい場合は業者の事務的な負担なども減らしやすくなるため、他社と比較しなくても手数料などを優遇してくれるケースもあります。

口コミなどを確認して評判の良い業者を利用していくのも方法

振込手数料が気になる場合は、口コミなどを確認して評判の良い業者を選んでいくのも方法です。

評判の良い業者は手数料などのトラブルが少ないことが予測されるため、比較的安心して利用することができるからです。

口コミなどを確認して評判の良い業者を利用していくのも方法

運営歴が長ければ悪い評判も残りやすいのもポイントです。

利用する人の多さに対して悪い口コミが少なければ、それだけ換金率と実際に受け取る金額のズレが少ない傾向があるのです。

逆に評判が悪い業者は避けた方が無難になります。

悪い評判の業者は短期間で廃業するケースも珍しくなく、クレジットカード現金化業者でも競争が起こっていることが良くわかります。

クレジットカード現金化は一般的に1万円からの利用が基本になり、優良な業者は90%程度の換金率がベースになってきます。

振込手数料を差し引くと80%後半台になる場合も多く、最初から手数料込みの換金率を提示している場合もあります。

余りにも高い換金率が提示されている場合は、手数料などの高さで補っているケースも増えるため注意が必要です。

金額ごとの換金率を提示し、金額が大きくなるほど換金率が高くなることを明示している業者も存在します。

ホームペー上で掲載されている情報を知っておくと、他の業者と交渉する場合にも有利になります。

口コミの良い業者ほどサービス品質が高くなりやすいのもポイントです。

賢い利用者であれば、ある程度融通を利かせてくれる業者の割合も増えるのです。

焦ると見落としや確認が漏れやすいので、時間の余裕も大切になってきます。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.