クレジットカードの現金化に関しては、時に業者の摘発という話も聞きます。実際この現金化、ちょっとしたグレーゾーンで行われているので、業者がちょっと油断したり利便性を高めようとしたりすると、摘発ということにもなるのです。利用者は今のところそういった話はありませんが、それでもカード会社の規約違反になることもあります。

現金化業者が摘発された場合に利用者は大丈夫なのか?

投稿日:

時々ニュースなどで、クレジットカードの現金化業者が摘発、などというものを見ますね。

実際クレジットカードの現金化は便利なものですが、こういったニュースを見ると止めておいたほうが良いのかな、とも思ってしまいます。

クレジットカードの現金化摘発で貸金業法と出資法違反にあたる内訳とは

業者だけでなく、利用者までもし逮捕とかされたら、これは怖いですよね。
利用しようと思った出鼻をくじかれてしまいます。

一体何で摘発、などということになるのでしょうか。
何か法律に触れるようなことがあるのでしょうか。

クレジットカードの現金化業者が摘発されるわけ

逮捕摘発されるからには、何かの法的な理由があるということです。

最初に業者が摘発された時に警視庁が発表した理由は、貸金業法と出資法違反にあたるというものでした。

カードのショッピング枠を換金するために使わせる、とみなしたわけです。
つまり、買い物を装った貸金、お金の貸付と判断されたのですね。

貸金となると、金融業です。
つまり貸金業としての届け出が必要だということです。
これもなしに無許可で営業していたということで、摘発されてしまったのですね。

これ以降も、時々クレジットカード現金化業者摘発、と言うニュースが流れますから、やはり利用するにはちょっと怖いなと言う気持ちにもなるのも仕方ありません。

実際このクレジットカードの現金化というものは、グレーゾーンで行われているようなものです。
表立ってしまった場合、摘発ということもないとは言えません。

また実際に、闇金がこの手のスタイルを使って営業していることもあります。
それが理由での摘発ももちろんあります。

利用者は賢く、業者を選ぶ必要があるということです。

クレジットカードの現金化の業者のシステムによって摘発された

この摘発された業者の現金化方法を見ていくと、多くが買取システムで現金化を行っている業者だということがわかります。

買取システムの場合、業者の希望する品物を利用者が購入して、それを買い取ってもらうことで現金化をするわけです。

こうしたシステムを使っている業者の現金化の場合購入した品を中古として買い取ってもらいので問題はないように思えますし、また業者も古物商の認可は取得しています。

それでも出資法違反という理由で逮捕ということにもなるのです。
時には闇金としての摘発もあります。

ではキャッシュバック方式の業者なら、問題はないのでしょうか。
こちらは実際に品物が送られてきた場合なら、まず問題はありません。

しかし業者によっては品物を送らずに現金化するところもあります。

手早く現金化を行うという、時短を謳っている業者の場合品物無しでネット上だけで現金化をするところもあります。
確かにこういったシステムだと早いです。

しかし、架空の商品のキャッシュバックは貸付と同じことになってしまいます。

この場合も、金融業としての許可を得ていないということで、摘発理由になってしまうのです。

クレジットカードの現金化で利用者も摘発されるのか

さて気になるのが、業者だけでなく利用者も摘発の危険があるのか、ということですね。

実際のところ、現在利用者が摘発されたという事例はありません。
そういった意味では安心して利用することができます。

ただ業者によって、本当に違法な悪質な現金化を行っているところもありますので、それには注意を払ってください。

逮捕までは行かなくても、そうした業者を利用している場合、業者摘発後に聞き取りなどの問題が起きる事もあります。

秘密で利用しようと思っていた人の場合、これでは周囲にバレてしまいますね。

加えて、では利用者には違法性が完全にないのかと言われた場合、実はいくつかあるのです。

まず換金目的でのカードの使用は、カード会社の規約違反になります。
規約には、カードを換金目的で使用することはできないと明記されています。

次に買取方式の場合、すでにカード会社への支払いが終わっている品なら問題はありません。
しかし支払い前の品も場合、所有権はカード会社にあります。

つまり、横領になってしまうのですね。

そして最後に、現金化のために品物を購入するという行為自体です。
これはお金の搾取ということで、詐欺罪に相当します。

こうして細かく見た場合、実は利用者にも摘発理由がいくつもあるのです。
その点も把握しておきたいものですね

クレジットカードの現金化の摘発ということのまとめ

完全に摘発の恐れなく現金化ができるのか、と言った場合、完全にとは言い切れないのは残念なところです。

ただ、それほど頻繁にではなく、また大手の実績のある信用性の高い業者を利用した場合、業者にしても利用者にしてもまず摘発と言った危険性は少ないのです。

あまりに頻繁に利用している場合、利用者はカード会社の方から目をつけられることがありますので、摘発までは行かなくても利用停止等ということもあります。

信用性の低い業者の場合、いくら換金率が高くても利用しないに越したことはありません。
こうした会社の場合、常に摘発の危険性があると言って過言ではないのです。

クレジットカードの現金化は、本当に急な現金の必要性があって信用度の高い業者を利用するなら、まず問題なく行なえます。

利用者は、カードの現金化を習慣にしないということと、怪しい業者は利用しない、この2点を心得るようにしましょう。

そうすれば、摘発などという恐ろしいことも起こらずに済むのです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2020.5月春版〕マネフレ All Rights Reserved.