ストレスフリーを目指すなら!お金の支払いにもバリエーションを!

更新日:

お金の支払いに追われる人は多く、主なストレス源になってしまうケースもあります。お金がストレス源になっているのであれば、支払い方法を見直すことも重要になります。支払い方法を見直すことで時間的な余裕が作れる場合や、利息の節約が見込める場合もあるからです。

ストレスフリーを目指す前に支出に見合う収支を把握する

自分の収支を把握することでストレスフリーにつながる
収支把握でストレスフリー!
ストレスフリーの前提になるのが、収支の把握です。支払い方法を見直しても、赤字が続くようであればそれだけでストレスがたまります。支出に見合う職業に転職するなど工夫をする方法もありますが、見込みがない場合は生活スケールに合わせて支出も減らすことが大切だからです。

毎月キャッシングをしている場合は、まずキャッシングの借入額と月々の返済額の見直しも必要になります。キャッシングが必要ということは毎月赤字が生じているということになるため、家計を黒字にするのが難しくなります。利息も高いため真っ先に返済したいポイントになります。

キャッシングの借入残高が少ない場合は、別なカードで現金化を行い、前倒しで返済してしまう方法があります。現金化はショッピング枠を使うため、キャッシング枠を使わずに他のカードの返済にも当てられるのです。カードの支払いは一本化した方が毎月の最低支払額を減らしやすくなります。

クレジットカードのリボ払いを利用している場合も見直しが必要です。リボ払いは支払いを先送りするかわりに利息がついてしまいます。完済する予定がないまま借り続けて借金が膨らむケースが多いため、早めにリボ払いを外すことも大切なのです。

支払い方法を変更し、黒字になる場合は生活を維持しつつ早めの返済を心がけるのがおすすめです。借金が膨らむと毎月利息だけで万単位のお金を支払っているケースが珍しくなくなります。借金を返してしまうと、意外と生活に余裕があることに気付くことも多く、ストレスフリーも近づきます。

あえて不自由にお金がないストレスを減らし非効率に使いすぎを覚える

クレジットカードのキャッシング枠自体をなくしてしまい、強制的に返済しなければならない状態にしてしまう方法もあります。限度枠自体も減らし、毎月返済できる範囲の少額に収めてしまえば借金が増えなくなるのもポイントです。

いざという場合はショッピング枠の現金化もできるため、多少非効率に見えても使いすぎを防ぐことがプラスになることもあるのです。人によっては性格的に使いすぎてしまう人もいるため、使いすぎを防ぐ習慣とセットを覚えるようにした方がストレスはたまりにくくなります。

どうしても返済計画がたてられないほど経済的に行き詰っている場合は、債務整理も視野に入ります。しかし、債務整理中はさらにお金の使い道が制限されることになるため、どのタイミングで返済を意識し、楽をしてお金を返せるかは重要になってくるのです。

悩む必要がない分、ストレスフリーが近づくケースもあります。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.