クレジットカードの現金化ではよく「即日振り込み!」といった文言などがよく見かけられます。確かにお金に困っているのであればすぐに振り込まれれば誰でもありがたいのですが、本当に即日に入金されるのでしょうか?

即現金を稼ぐ方法は増えているので選択肢が多いほど強みになる!

更新日:

クレジットカード現金化でよくある「即日振り込み可!」は本当に可能なのか?

クレジットカードの現金化と言えば最近よく聞く方もいるのではないでしょうか?

インターネットの広告、街角の広告など、色んなところで「クレジットカードの現金化」を見かけるため、「どんなものなのだろうか?」と少し気になっている方もいるでしょう。

実はクレジットカードの現金化自体、昔からある現金調達方法の一つであり、新幹線の回数券や貴金属などの換金性の高い物をクレジットカードで購入して売って現金にする..という方法がありました。

最近ではインターネットでもクレジットカードの現金化業者や宣伝広告がありますが、その中に「即日用意!」「その日の内に振り込みます!」という宣伝文句があります。

ここで気になる事として、確かに即日であればその日の内なので早く入金されることに間違いはありませんが、本当にクレジットカードの現金化業者は即日振り込みや即日の入金をすることはできるのでしょうか?

そして、なぜクレジットカード現金化業者は即日で現金を振込みできるのか?について詳しく解説していきます。

急にお金が必要になっても他の方法だと確実ではない事、そして時間がかかる!

クレジットカードの現金化でよくあるフレーズとしては「即日」ですが、イメージとしては「その日の内に」という意味で捉える方も多いでしょう。

確かに、人生において急な冠婚葬祭や急な支払いで現金が必要になる事は多いのですが、持ち合わせが無いこともやはり多いです。

そのため、「今日中にお金が必要になったのに手持ちが無い」という事で、すぐにお金を用意しなければならず、急いで金策に走った経験のある方もあるでしょう。

この時に貯金などがあればそこから現金を用意できるかもしれませんが、貯金があまり無い、支払い金額に到底足りない場合は誰かからお金を借りるしかありません。

とはいえ、お金を借りるにしても「消費者金融を使うのは怖い…」「人から借りるのは人間関係がおかしくなりそうで嫌だ」と思う方もいるでしょう。

また、お金を借りられるとしても、金額次第では相手も持ち合わせが無く「少し待って欲しい」ということもあるので、すぐにでもお金が必要なら確実性に欠けてしまいます。

では、クレジットカード現金化であればどうでしょうか?

確かにクレジットカードの現金化ではほとんどの業者が即日振り込みに対応しているので、その日の内に用意することが可能な事が多いです。

実際に連絡して一時間以内に振り込まれたという話もありますので、急いでいる時であれば頼りになるかもしれません。

申し込み方法がWeb対応しているクレジットカード現金化業者ならば、即日で入金できる事が多い


クレジットカード現金化業者がなぜ即日で入金ができるのか?についてですが、理由の1つにネットからの申し込みがあります。

今ではクレジットカード現金化業者が運営するインターネットのサイトなどもあり、さらにサイトから直接Webを経由して申し込めるようになっております。

そのため、電話でのやり取りをする必要もなく、伝えたい内容をしっかりとまとめることができるので、クレジットカード現金化業者側でも間違いなどが起きにくくなります。

そして、クレジットカード現金化業者の指定する方法でクレジットカードで入金すれば、即日でキャッシュバックを受けられるようになっているのです。

なお、クレジットカード現金化業者によりますが、サイトで申し込み後に確認の電話連絡をしてくることがありますので、電話を受けられる状態でなければいけません。

また、全てのクレジットカード現金化業者がWeb申し込みに対応しているとは限らず、電話だけでしか申し込みが出来ない場合もあります。

即日用意だけを見てはいけない?他にもクレジットカード現金化業者で見るべき点は?

「即日でお金を入金できます!」というクレジットカード現金化業者は多いですが、即日用意だけを見て利用を判断するのはまだ早計です。

まず、クレジットカード現金化業者には手数料となる「還元率」がありますので、クレジットカードの現金化で100%のお金を得ることは不可能です。

例として1万円の利用金額で実際に得たお金が7,000円であれば還元率は70%でありますが、他のクレジットカード現金化業者ならもしかするともっと高い還元率かもしれません。

また、クレジットカード現金化において金額次第では即日が難しい可能性もあり、翌日となってしまう可能性もありますので、こればかりはクレジットカード現金化業者の比較が必要です。

しかし、現金を即日用意ということでやはりあまり確認せずに利用してしまう方も多く、後からもっと調べて考えておけば良かったとなることもあります。

よって、焦りなどから十分に調べずに現金化を申し込む前に、即日用意できるクレジットカード現金化業者についてしっかりと調べることが重要です。

クレジットカードの現金化における即日用意は魅力的だが、利用する前は冷静になることも大事


クレジットカードの現金化における即日入金や振込みができるクレジットカード現金化業者は多く、比較は面倒ですし大変かもしれません。

しかし、利用して後から後悔するよりもしっかりと確認した上で「利用すべきか?」と検討することが重要となります。

基本としてクレジットカード現金化業者のサイトがあれば、利用金額がいくらまでなら即日用意できるのかを確認する、さらに他の要素についても確認をしましょう。

そのため、「本当に即日用意できるのか?」についてはクレジットカード現金化業者のサイトがあればそちらを参考にするのも良いですし、他の比較サイトなどの口コミを調べるのも良いでしょう。

よって、即日用意だけでなく、他の要素もしっかりと確認した上で、現金化を利用するかどうか検討してみてください。

クレジットカード現金化で即日振込みを受ける条件は?申込時間が重要!

クレジットカード現金化で即日振込みを受けるためには条件の確認が必要になります。

金融機関が空いていない15時以降や土日祝日は翌日以降にもちこされる可能性があるからです。

申込日と時間のチェックが重要になるため、状況を確認しながら手続きをするのがおすすめになります。

即日振込みを受けるためには条件が!申込時間が大切になる!

クレジットカード現金化をするのであれば、できるだけ早くお金を受け取りたいですよね。

現金化をするのであれば即日振込みがあった方が安心できるのもポイントです。店舗型の業者ではなくオンライン業者が主流になっているからこそ即日振込みが行われるかは重要なポイントになってきます。

ただし、即日対応ができる業者は限定される可能性があるだけでなく、申込日や申込時間で振込みのタイミングが変わる可能性があるのです。

前提として、土日祝日に申込を行っても休日の受付を行っている金融機関の口座を持っていなければ即日お金を受け取ることはできなくなります。

クレジットカード現金化業者が土日祝日も対応している対応している業者であることと、自分が対応する金融機関の口座を持っていなければ休日にお金を受け取ることが難しくなるのです。

実店舗型のクレジットカード現金化業者でなければ即日の現金化は難しくなります。

申込み時間も大切になります。平日の15時までに手続きが完了すれば即日振込みを受けられる可能性があるからです。15時以降でも24時間の振込み対応を行っている金融機関であれば即日振込みの可能性が残ります。

初めてクレジットカード現金化を申込した場合は本人確認などで時間がかかることが一般的なため、余裕を持って行動する必要があります。

即日振込みを目指すなら営業時間がわかる業者の方が安心

申込んで即日振込みを受けたい場合は、営業時間がわかる業者を選ぶと安心です。オンライン業者が主流になり、24時間受付ができる業者は一般的になっています。ただし、受付ができるのと振込みなどの処理ができるかは別問題になります。

問い合わせフォームで受付ができても、それを処理する人がいなければ手続きがすすまなくなるからです。

クレジットカード現金化はギフト券などを購入した後に業者に買取を依頼する形式をとるのが一般的です。分類上、クレジットカード現金化業者はギフト券を中古品として買取り、代金を指定口座に振り込みます。

しかし、古物の取引には都道府県警から許可を取る必要があり、買取を行う際に本人確認を行うことが義務付けられています。

そのため、本人確認ができない状態になってしまうと手続き自体がストップしてしまいます。

本人確認は電話確認の他、身分証画像の指定場所へのアップロードなどで行われます。クレジットカード現金化の申込み後の折り返しの電話に出なければ本人である確認が取れず、確認が取れるまで手続きが保留になることもありえます。

夜間の申込みに対応できない業者も存在するため、即日の振込みを受けたい場合は営業時間をチェックすることも大切になるのです。

もちろん、昼など余裕を持って申込める場合は差が出ること自体が少なくなります。

申込当日に振込みを受けたいのであれば揃えておきたいもの

クレジットカード現金化を申込んで即日お金を受け取りたい場合は様々な条件を満たす必要があります。平日午前中であればほとんどの業者が即日振り込みに対応できますが、対応できる金融機関や営業時間の関係で土日や15時以降の対応は大きく変わります。

また、手続きに必要なものが揃っていなければ手続きがすすまなくなることもあるため、事前の確認も大切になります。

まず、身分証名称とスマホ、あるいは携帯電話が必要です。これは身分証を撮影した画像をして居場所に送る必要があるためです。同じ業者でリピートしている場合は省略できる場合もありますが、初回申込み時は手間取りがちなポイントになってきます。

厳格な本人確認をする業者の場合、身分証と顔が一緒に写った画像の提出を求められる場合もあります。

振込先を指定するために、銀行の通帳やカードなど口座番号がわかるものも用意しておく必要があります。土日や夜間の振込みに対応している口座であれば即日対応できる業者の選択肢が増えます。

もちろんクレジットカードも必要です。カード番号などを業者に教える必要はありませんが、ギフト券などの購入は自分で行う必要があるからです。

また、ネットから申し込みをした場合は折り返しの時間が来るまでに間が空くこともあるため、余裕がある範囲で折り返しの時間を指定しておくと無駄が省けます。

電話で直接問い合わせられる業者も存在するため、電話番号の有り無しで判断していく方法もあります。

最短5分など手続きの速さをサイトに書いている業者も増えていますが、最短時間はリピートの利用で本人確認の手続きを省略した場合の時間が書かれていることが多くなります。

初回の申し込みには時間がかかることを踏まえ、時間に余裕を持って手続きに挑むことが即日振込みの鍵になるのです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.