Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クレジットカードを使った現金化は別に最近になってできた方法ではなく、実は昔から換金性の高い物をクレジットカードで購入して売る、というよく使われていた方法でもあるのです。その換金性が高い物としてよく金券ショップなどに持ち込まれていたものが新幹線の回数券であり、この新幹線の回数券を売る方法は今でも通用するでしょうか?

新幹線の回数券を売りクレジットカード現金化は今でも可能!?

更新日:

昔からあった?クレジットカードのショッピング枠を使って現金化


クレジットカードを用いた現金化として、今ではクレジットカード現金化業者もいるほどであり、インターネットの発達によってクレジットカード現金化の広告を見た事がある方も多いのではないでしょうか?

このクレジットカードを用いた現金化は知らない人から見れば「最近になってそういう方法ができたのか?」と思うかもしれませんが、実はクレジットカードを使って現金を調達する方法はありました。

基本的にクレジットカードには、カードによるお買い物やキャッシングによる使いすぎを防止するために、利用限度額を示す上限として2つの枠があります。

1つはネット通販などを始めとするクレジットカードを用いたお買い物で使用するショッピング枠、もう1つがお金を借りるキャッシングで使用されるキャッシング枠があります。

クレジットカード現金化の方法の1つにショッピング枠を使って「換金性の高い物を購入して売る」という方法が昔からありましたので、クレジットカードを使った現金化は別に新しい事ではありません。

クレジットカードで買える換金性の高い物として、貴金属、最近ではスマートフォンのゲームにおいて課金する際に使うPOSAカード、そして昔からクレジットカード現金化で定番だったのが新幹線の回数券です。

新幹線の回数券を使ったクレジットカードの現金化は昔から定番だった?

クレジットカードを使った現金化ですが、昔からクレジットカードを使った現金化において定番となる換金性の高い物が「新幹線の回数券」です。

新幹線の回数券はご存知の方も多いかもしれませんが、今でも頻繁に新幹線を利用する人であれば駅の窓口で購入する、または金券ショップで2~3枚ほど残ったと思われる新幹線の回数券を購入する方がいます。

新幹線の回数券は使い道も様々であり、例として2枚綴りの新幹線の回数券を金券ショップで安く買って出張先の往復に使用したり、6枚綴りのを3人で使用して旅行の往復に使うといった方法で利用する方がいます。

そして、クレジットカードを用いた現金化でも新幹線の回数券はよく購入されて、金券ショップなどで売られております。

もちろん、金券ショップも商売なので、仮に2万円ほどで買った新幹線の回数券が2万円で買い取ってくれるわけではなく、新幹線の回数券の種類に応じていくらか手数料を引いた金額で買取となります。

さて、ここで気になるのが新幹線の回数券をクレジットカードで購入して現金化する方法は「今でも可能なのか?」という点です。

クレジットカードの現金化で新幹線の回数券を売る方法は今でも可能

クレジットカードの現金化において換金性が高いことからよく購入される新幹線の回数券ですが、昔はともかく今はどうなのでしょうか?

まず、クレジットカードの現金化業者には表向きは物を買って、利用金額に対する還元率をキャッシュバックする方法、そして換金性の高い新幹線の回数券などを購入して業者に送り、後日キャッシュバックする2種類の方法があります。

その際に後者であればクレジットカード現金化業者の指定で新幹線の回数券を買うこともあり、今でもクレジットカードで現金化するために購入される場合もあるでしょう。

また、個人でも新幹線の回数券を購入して金券ショップに持ち込んでお金に換えることは可能ですので、業者を利用せずに新幹線の回数券で現金化する方は今でもいらっしゃいます。

しかし、一方で新幹線の回数券を購入して売る方法は厳しくなりつつあります。

新幹線の回数券はカード会社に目を付けられやすいのは本当か?


換金性が高い新幹線の回数券ですが、実はカード会社によって目を付けられやすい商品でもあります。

実際に「新幹線の回数券を買ったらカード利用停止になった!」という話もありますが、実はこれにはカード会社側に正当な理由があります。

普段、新幹線の回数券を買わない人がクレジットカードを使って新幹線の回数券を購入すると、場合によってはカード会社が「もしかして他人にカードを盗まれて不正利用されている?」と思われてしまいます。

そのため、不正にカードを利用されている可能性を踏まえて、カード会社側がクレジットカードを一時的に利用停止とする措置を取る事があります。

もちろん、しっかりと「自分で使用するために購入した」という事を伝えれば、カードの利用停止はすぐに解除されます。

ただし、注意すべき点としてキャッシング枠を普段から満額まで使っていたり、一気に大量の新幹線の回数券を購入する、または何度も新幹線の回数券を購入していると、さすがに履歴からカード会社も「もしかして現金化をしているんじゃ?」と疑ってきます。

そうなるとカード会社から探りを入れた電話をしてきますので、そこでちゃんとした理由が説明できず、実際に現金化がバレた方もいらっしゃいます。

全てのカード会社はクレジットカードを使った現金化を禁止しているので、このあたりを念頭において「利用すべきか?」は検討しましょう。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.