今ではネットからクレジットカード現金化業者にすぐ申し込みなどができるようになり、実際に業者を通じて現金化した方も多くいらっしゃいます。しかし、クレジットカード現金化業者の中には悪質な業者もいるので、詐欺被害に遭ってしまった方も少なくはありません。

クレジットカード現金化手口と詐欺被害行為の詳細とは

更新日:

クレジットカード現金化の詐欺行為などその手口と被害は?

悪質なクレジットカード現金化において、詐欺事件って本当にあるのか?


「クレジットカードの現金化ができる!」「即日振り込み可能!」といった宣伝文句などで、最近ではクレジットカードの現金化をしてくれる業者もネットなどで見かけるようになりました。

しかし、これらのクレジットカード現金化業者による詐欺事件なども発生しており、実際に被害に遭った利用者や逮捕されたクレジットカード現金化業者もいます。

これらの詐欺被害があまり表面化していない理由として、そもそもクレジットカード現金化がクレジットカード会社から見れば違反行為であり、もし詐欺に遭ったことを警察に届ければカード会社にバレて利用停止になりかねません。

そのため、詐欺にあって泣き寝入りしている利用者が多いので、悪質なクレジットカード現金化業者の問題があまり話題になりにくいのです。

よって、悪質なクレジットカード現金化業者による詐欺事件は実際に発生しておりますが、利用者は詐欺にあっても被害が出しにくいのが現状となっています。

こうなる前に今回はクレジットカード現金化業者についてチェックしたいポイントなどについてご紹介していきます。

詐欺による被害を防ぐためには?「事前のリサーチをしっかりとしていなかったために…」

クレジットカード現金化業者が悪徳だった場合、お金が振り込まれない、情報まで盗まれてしまった、となり、大損害を被ってしまう可能性があるのです。

しかもクレジットカード現金化はクレジットカード会社の利用規約に違反する行為なので、被害にあった事をクレジットカード会社や警察にも言いづらく、結局泣き寝入りしてしまった方も多くいらっしゃいます。

詐欺に遭ってしまった原因の1つがクレジットカード現金化業者について、前もってしっかりと調べていなかったことが挙げられます。

よくあるのが「還元率が高い!」といった良い点だけ見てしまい、実際に利用した人の口コミや評価などを調べずに利用してしまって…というケースが多いのです。

「クレジットカード現金化業者を利用する前にしっかりとリサーチしていれば…」と後悔しても遅いので、まずはクレジットカード現金化業者について調べてみましょう。

クレジットカード現金化業者のサイトをしっかりと見ていなかった


これもよくある事ですが、利用するクレジットカード現金化業者のサイトに訪れておきながら「サイトをよく見ないで申し込みフォームへアクセス」ということがあります。

その結果、「即日だって言ったのに詐欺だ!」「還元率が低いじゃないか!詐欺だ!」と口コミなどで見かける事もあります。

しかし、クレジットカード現金化業者のサイトを訪れているのに、全くサイトを見ていないまま利用して「詐欺だ!」となっている事も多く、よくサイトを見ていれば分かっていたことも多いのです。

もちろん、サイトに記載している内容と業者が説明する内容が食い違うようではいけませんが、少なくともサイトを訪れたなら「どういうシステムなのか?」について最低限確認はしておきましょう。

特に還元率、入金までかかる時間、そしてキャンペーンなどをやっていることもあるので、しっかりとクレジットカード現金化業者のサイトもチェックしたほうが良いでしょう。

一々確認するのは面倒かもしれませんが、しっかりとサイトを見ていれば利用すべきかどうか検討する材料は十分にあるはずなのです。

電話の応対も要チェック?もしもこんなことがあれば再検討もしましょう!

クレジットカード現金化業者とは電話で応対することもあり、Webなども申し込みが終わった後や、こちらから電話をする事もあります。

しかし、その際にクレジットカード現金化業者の電話応対をする人の言葉遣い、態度などもしっかりとチェックしなければなりません。

やはり悪質なクレジットカード現金化業者であれば、言葉遣いもどこか悪く、態度も横柄なことが多いので話をしていて不快な気分にもなってくることがあります。

しっかりと電話応対について教育をしているクレジットカード現金化業者ならばそのような事は無く、対応と言葉遣いにも不快に思う点は無いでしょう。

そのため、クレジットカード現金化業者を利用する場合は電話応対で「うーん…」となることがあれば、利用を再検討したほうが良いでしょう。

以上から、事前のクレジットカード現金化業者のリサーチ、サイトもしっかりとチェックして矛盾が無いか?そして電話での応対もおかしくないか?をチェックして、もしも引っかかることがあればもう一度要検討してみましょう。

現金化で詐欺にあわないようにゼッタイに詐欺師の手口で被害にあわない2選

クレジットカード現金化に関わらず、お金に関わることには様々な詐欺がつき物です。

現金化で詐欺にあわないようにゼッタイに詐欺師の手口で被害にあわない2選

現金化で詐欺にあわないようにするには

詐欺にあわないためにするには信頼できる業者を利用することや、利用のノウハウを知っておくことが大切になります。

詐欺師の手口を知ることも大切で、おかしいなと思った場合は避けることも基本になってきます。

巧妙な詐欺が増えているからこそ注意が必要になってくる

詐欺にあわないためには詐欺についてしっかりと知識を身につける必要があります。

詐欺師はお金を儲けるためにどうすれば良いか考える必要があるため、それだけお金に真剣になります。

結果として詐欺の手口は巧妙化しやすく、被害に繋がってしまうことも多いのです。

重要なのは取引相手が信頼できる相手かどうかです。

クレジットカード現金化の場合は少しでも換金率を高くしようと個人取引などを行った結果、詐欺に合う可能性なども存在します。

相手の責任を追及してもお金が戻らない場合もあるため慎重に相手を見極める必要があるのです。

クレジットカード現金化なら基礎知識の理解を深めることも重要

クレジットカード現金化をするのであれば、仕組みをしっかりと理解することも大切です。

例えば、クレジットカード番号や暗証番号を渡さなくても利用が可能です。

カードの情報を要求される場合は詐欺を疑った方が良いのです。

また、特定のページにアクセスさせることでクレジットカードの情報を抜き出そうとする詐欺も存在します。

巧妙にショッピングサイトに偽装したページにアクセスさせて、クレジットカード情報を入力させようとする詐欺もありえるのです。

相手の用意したURLではなく、相手指定のサイトを自分で検索し、正規ルートで購入した商品の買取を求めた方法が良いケースもあります。

また、極端に換金率が低い場合なども避ける必要があるため、まずは自分なりにネットで調べて信頼できる業者を探し詐欺にあう確立を減らす必要があるのです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.