クレジットカードを利用しての買い物の時は、領収書というものはまず渡されないですね。利用明細が領収書代わりになっているのです。でもカードの現金化の時、特にキャッシュバック型の現金化の時、確かに品物を購入したという証拠の領収書がないのは不安ということもあります。

クレジットカードでの現金化に領収書は不要!そんな信用性のある業者を選ぼう!

投稿日:

クレジットカードを使っての現金化は、時間もかからず普通のローンでもない分信用情報にも問題ないので、年々利用者も増えています。

業者を通しての現金化が普通ですが、もちろん自分で現金化を行うことも出来ます。

現金化で領収書って意味があるもの?レシート利用伝票による発行元とは

また業者によって、買取方式を行っているところと、キャッシュバック方式を行っているところがあります。

買取方式の場合はともかく、キャッシュバック方式の場合品物を業者から購入の形になります。
この時領収書というものは出るのでしょうか。

クレジットカードでの現金化にも領収書が欲しくなる時も

現金化でも買取方式の場合は、品物を自分で購入するので、その点あまり領収書が必要だという気はしません。

しかしキャッシュバック方式をとっている業者の場合、その業者から品物を購入して、キャッシュバックを受けるというスタイルになります。

この時に、品物を確かに業者から購入したという証拠が欲しくなる人もいるでしょう。

後になって、買った買わないと言う揉め事になるのは嫌だから、確かに購入したという証拠の領収書を発行して欲しい、そんな気になることもありますね。

何しろ現金というデリケートなものの取引です。
何かあってトラブルに巻き込まれるのは、避けたいものです。

そのためにも業者から、確かにこの品物を売りましたという領収書を発行して欲しい、そう思う人だっていないはずはありません。

特にこうしたことに慣れない人の場合、信用できる業者かどうかもよくわからないということもあります。

領収書、果たしてもらえるのでしょうか。

クレジットカードの現金化業者は領収書を出してくれるのか

クレジットカードでごく普通に買い物をした時、クレジットカードの利用伝票が渡されます。
これが領収書の代わりになるのですね。

殆どの場合、クレジットカードを利用した後にはこの利用伝票を取っておいて、その後の会計などに回すことにになりますね。

そんな場合店の方は、特にレシートを客に渡してくれることはめったにありません。

こうした時に領収書を出す出さないは、店側の判断に任されているのです。

なので特にと頼まない限りレシートなどは出ません。
店によっては断られることもあります。

頼んで発行された場合にも但し書きに、クレジットカードによる支払いと書かれているのが普通です。

実はこうしたクレジットカードによる買い物の場合、店と客側の取引ではなく、店とクレジットカード会社との取引になるのです。

カード会社が客に変わって、店に代金を支払っているのですね。

カード会社と客の間の信用取引でもあるわけです。

なので店からの領収書というのは、客自体にはまず渡されないということなのです。

カード利用者としては購入した気持ちであっても、その時点での支払者はクレジットカード会社なのですね。

こう考えてみると、品物購入の時に客に領収書が出ないというのも理解できるでしょう。
下手すると領収書の二重発行という事故も起きる可能性があります。

そういった意味でも、カード使用の買い物の場合普通は領収書は発行されないのです。

現金化業者の場合も、その業者から品物を購入するのは実はクレジットカード会社なのです。
そういった観点からして、現金化利用者に領収書が出ることはまずありません。

クレジットカード現金化に領収書が出ないのは不安

でも領収書というものが出ない場合、やはりいささか不安になることも否めません。

もし業者が、いやその品物を売った覚えはないなど主張してきたらどうしよう、などと余計な不安を抱いてしまうことだってありますね。

加えてにオンラインでの取引なので、実店舗と違ってその場で利用伝票をすぐにと言うことになりません。

その点については、心配はありません。
普通にECサイトで買い物をした時を例に取ってみましょう。

まず殆どの場合、利用明細書はオンラインでも発行ができるようになっています。

利用明細書の作成者の氏名または名称、取引年月日、取引内容に取引金額と客の氏名が明記されている利用明細書は、領収書の代わりになります。
いわゆるお客様控えです。

これは事業者として発行しなくてはならないものなので、オンラインの場合プリントアウトなどですぐに発行できるところもあります。

ただこうしたECサイトなどでの買い物の多くの場合、品物と同梱されてくるところが多いので、明細書はあとになる場合も多いのです。

となると現金化業者相手では一層不安だな、と思うかもしれませんね。

でも考えてみてください。
現金化業者の謳い文句である、最短何分で振込みと言うあれです。

品物が届くよりも前に、振り込みが行われるのですね。
ということは、特にその品物を購入した支払いをしたしない、などのトラブル自体存在しないということなのです。

金額はもちろん、指定した金額で振り込まれるので、トラブル自体起きるはずもありません。
きちんとした業者を利用すれば、領収書自体不要ということなのです。

クレジットカード現金化の領収書についてまとめ

クレジットカードで現金化をした場合、手元に残るのはカード会社からの請求書だけ、というケースがほとんどです。

現金化業者は、オンライン上で品物取引をしたという状態を作る、すでに取引が終わってと言う形をとって、キャッシュバックを行います。

なので先に現金が利用者に届くということなのです。
領収書が必要だと言う前に、現金化が終わってしまうのですね。

ただこうした、ある意味バーチャルな形での現金化の場合、やはり信用が第一です。

利用するのに、いくら換金率が高いと宣伝していても、怪しげな業者に引っかかるのだけは避けなくてはなりません。

それこそ買った買わないなどごねてくる悪質な業者も、いないではないのです。

現金化と領収書、無縁でいられるような業者を選んでください。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2020.5月春版〕マネフレ All Rights Reserved.