【返済計画見直しポイント】経済的に余裕がない苦しい時はどうする?

更新日:

経済的に余裕がない、苦しい時は家計の支出を見直す必要があります。収入が増え続ける見込みがあれば耐えるという選択肢もありますが、苦しいと思うほどであれば何らかの方法で改善を目指すことが大切です。

支出と返済バランスをとることが現金化につながる

返済と支出のバランスが一番大事かも
返済と支出のバランスが大事
家計の負担になりやすいのが、保険や通信費などの負担です。自分の収入にあわせて見直すことは大切で、まず余裕を作ることが大切になるからです。家計が赤字になる場合は使い方自体を見直し、掛け捨てタイプを選ぶ、格安SIMを利用するなど節約をしていくのがおすすめです。病気や障害が不安な場合は、仮に病気になった時にどんな国の制度が使えるか知っておくと節約が進みます。

クレジットカードが複数あって返済が大変な場合は、使い方の見直しも大切なポイントです。債務整理も一つの方法で、自己破産以外でも借金を減らせるケースもあります。無料相談ができる司法書士や弁護士事務所も増えているため、どんな方法が取れるか知っておけば選択肢が広がります。

債務整理で借金を減らすのは一つの方法ですが、信用情報がブラックになることに不安を感じる人もいます。この場合はキャッシング枠などを利用し、まず一つのカードを完済するなど圧縮してしまえば月々の返済が楽になるケースがあるのです。多重債務になっている場合は使うカードの枚数を減らすことはとても大切になります。

キャッシング枠自体を使い切っている場合は、クレジットカード現金化で一時的に返済資金を増やしてしまう方法もあります。カードでキャッシングをしている場合は特に返済金額が膨らみやすいため、キャッシング枠だけを先行して返してしまうのも方法なのです。

カードの膨らみがちな月々返済額はマイページに自分で調整できることが多い

クレジットカードの多くはマイページにログインし、月々の返済額を調整することができます。リボ払いになっている場合はリボ払いを停止するのも方法です。リボ払いは月々の負担が減らせるかわりに返済期間が長引き、利息の金額が膨らみがちだからです。

一時的にリボ払いにすることや、返済の最低額を変更するのも方法ですが、最低額のまま返済計画を立ててしまうと利息が増えてしまいがちです。早めに返済した方が余裕は作りやすく、苦しい期間も短くなる傾向があります。

現金化以外におまとめローンなどを使って返済する方法もあります。おまとめローンの注意点はカードの解約が前提になることです。途中解約したカード会社と再契約することはできなくなるだけでなく、一部だけカードを残すともできないのです。

カードを使い続けたい場合は、キャッシングやクレジットカード現金化を利用して債務を整理するのが基本になります。保険の解約金を利用するなど、借金の支払い自体を減らすことも大切なのです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.