【お金の調達方法】引越しに事業に結婚資金が足りない場合はどう乗り切る?

更新日:

引越しに事業に結婚に、人が資金を必要とするタイミングは多いものです。しかし、想定外のことが重なって資金難に陥ることも珍しくなく、いざという時に行動できないケースもあります。綿密な計画を立てても対処しきれないこともあるため、どのように対処し選択肢を増やすかも重要になるのです。

お金で資金難のために友人関係などを壊さないようにしよう

知り合いや友人からお金を借りないほうが無難
知人とのお金の貸し借りはトラブルのもと
資金が足りなくなった時に、誰から借りるのは一つの方法です。頼れる家族や友人がいるのであれば頼ってしまうのも方法ですが、現実にはお金で友人関係などを壊してしまうケースもあります。人に頼ること自体がストレスになる人もいるため、キャッシングなどで金融機関から借りるのも選択肢になってくるのです。

覚えておきたいのは、資金の用途によって金利が大きくかわる点です。例えば、自動車ローンは自動車の購入のためにしか使えませんが、自由な用途の借入よりも金利が安くなります。住宅ローンなど高額が買い物ほど金利は低くなる傾向があり、返済に困らないように配慮がなされているのです。

資金難に陥った場合は、まずは用途に応じたローンがあるかチェックするのが基本になります。金利が低いほど返済が楽になり、経済的な負担も低くなります。ただし、ローンの金額が高くなるほど審査が厳しくなり、お金を自由に使えなくなることに注意が必要です。

自由にお金を使いたい場合は、消費者金融のキャッシングを行うか、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのが便利です。借入限度額は自分の年収によって異なるものの、無理な返済計画になり辛いというメリットもあります。

複数ローンがある場合は余裕をもって現金化利用してまとめてしまう方法

注意したいのは複数のローンを抱えている場合です。カード会社や消費者金融は定期的に借り入れ状態をチェックするのが一般的です。複数のローンや借り入れがある場合は返済能力に限度があると判断し、キャッシング枠やショッピング枠の縮小を行う場合があるのです。

借り入れ金額が大きすぎる場合はカードのキャッシング枠がなくなるなど、大きな影響を受けることもあります。そのため、常に余裕をもって返済できる状況を作っていくことも重要なのです。

資金難でキャッシングができず、お金の返済が滞ってしまう場合や、急に現金が必要になった場合はクレジットカードの現金化を検討するのも方法です。カードのショッピング枠を現金化できるため、キャッシング枠を超える借り入れが可能になるからです。

カードのショッピング枠はキャッシングよりも少額の返済ができるケースが多く、その後の返済計画が立てやすくなるというメリットもあります。緊急事態の場合は現金化のスピードが大切になる場合も多く、契約を増やさずに利用できるということが大きな武器になります。

返済に行き詰ってしまってしまう場合は新規のキャッシングの申し込みが難しくなることが多いため、十分に検討する価値があるのです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.