貧乏にならないためにもクレジットカード現金化のシステムを知り今後の生活に活かしてみよう!

貧乏にならないクレジットカード現金化で管理も楽になる

更新日:

貧乏でお金に困った時は、どうやってお金を借りればいいか迷ってしまうケースがあります。

キャッシングを利用する方法もありますが、金利がネックになりがちです。

スピーディーな対応ができる消費者金融がある一方で、規制で銀行系のキャッシングは即日発効が難しくなるなど差別化されつつあります。

クレジット現金化ができればお金の管理が楽になることも?

お金が欲しい場合はクレジットカードの現金化を検討するのも一つの方法です。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用したものです。

手数料はかかるもののキャッシングよりも金利が低いショッピング枠を使えるため、長期返済で考えればお得なケースもあるのです。

金利を比較するとわかりますが、クレジットカード現金化の手数料は数%程度です。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠では3%程度違いがあり、キャッシング枠の方が金利が高くなります。

一括返済できる範囲であればキャッシングの方がお得になるケースがほとんどで、比較のポイントにもなってきます。

しかし、借りる金額が大きい場合は、毎月借り入れ残高に月ごとの利息をのせ、規定移譲の金額を返済していくことになります。

返済が長引くほど利子の差が大きくなるため、クレジットカード現金化の方がお得なケースが出てくるのです。

支払いの最低限度額は、キャッシングの方が高くなりがちなのも重要です。

細かく設定できる消費者金融もありますが、クレジットカードで借入をした場合は最低1万円からの返済になってしまうケースもあります。

収入が安定しない状態であれば負担が大きくなるため、注意が必要です。

クレジットカード現金化のハードルを下げるコツは?

現金化のハードルを下げるには、クレジットカードの申し込み方法から考えるのがおすすめです。

限度額を少額に設定するのは基本です。

少額であればパートやアルバイトの収入でも審査に通る確率が高く、審査落ちの不安がほとんどないためです。

短期間に申し込みが集中しないようにすることも大切です。

またちょっとの時間に複数のクレジットカードを作ろうとすると、申し込みブラックといわれる状態になり、半年程度新しいカードが作れなくなるケースがあります。

これは複数のクレジットカードを利用し、不正にお金を得ようとする人がいるためです。

少限度額のクレジットカードをたくさん作り、それぞれを現金化してまとまったお金を作ることも可能です。ただし、返済をセットで考えることも重要です。

すぐに返済不能になって債務整理をしようとしても、認められない可能性が高まってしまいます。

あくまで返済を前提に一時的に利用するのがクレジットカード現金化になります。

日常的に使えば経済的な負担も大きくなるため、借りすぎないように意識することも大切なのです。

クレジットカード現金化は金利を考えてもメリットが多い金策方法

クレジットカード現金化はキャッシングに比べて金利が高いと言われていますよね。

確かに、クレジットカード現金化は高金利になります。

しかし、高金利だとしても、それ以上にメリットが多いから、クレジットカード現金化の利用者は増え続けているんです。

また、違法金利じゃなくて安心なのも人気の理由です。

カードローンやキャッシングに比べ審査が必要なく、クレジットカードを持っている人なら誰でもできるのが魅力のクレジットカード現金化。

メリットが多いと言われるクレジットカード現金化ですが、キャッシングに比べ金利が高いんじゃないかと指摘されているのはご存知ですか?

そして、違法金利とも。

果たして、クレジットカード現金化の金利は本当に高いのでしょうか?

クレジットカード現金化の金利はどれくらいになる?

実際に、クレジットカード現金化の金利はどれくらいが普通なのでしょうか。

例えば、40万を現金で得る為に、50万円をクレジットカード現金化をしたとします。

その場合、50万から40万を引いた10万円が利息だと考えられるので、金利は1年で304%だという事になります。

確かに、これは高金利と言われても仕方ないですね。

次に10万円をクレジットカード現金化した場合。

換金率が80%だったら、8万円を現金として得る事になり、年間240%の金利になります。

こちらも、高金利になりますね。

逆に消費者金融の場合、法律で上限金利が決められているので、借入金額がどんなに高額だとしても金利20%で収まります。

金額によっては金利が304%や240%にもなるクレジットカード現金化と、金利が最高20%で決められているキャッシング。

ここだけを比較してみると、クレジットカード現金化の金利はキャッシングよりも高いという事になりますね。

金利を考えてもメリットが多いクレジットカード現金化

ハッキリ言いますと、クレジットカード現金化の金利はキャッシングに比べて高くなるのは否定できません。

よほど少額じゃない限りは、キャッシングの金利20%を超えてしまうのはクレジットカード現金化では仕方ない事なんです。

しかし、高金利になるとしても、それでもクレジットカード現金化をする人は後を絶ちませんよね。

それは、クレジットカード現金化には高金利が気にならなくなるほどメリットが多いからなんです。

例えば、キャッシングではお金を借りるのに審査が必要ですよね。

この時、無職や主婦などの返済能力がない人は、まず間違いなく審査を通過する事はできません。

その点、クレジットカード現金化ではお金を得るのに審査は必要ありません。

審査を待つ時間が必要ないので即日入金もできるし、無職や主婦でも利用可能なんです。

今すぐお金が欲しい、主婦や無職でもお金が借りたい、そんな願いを叶える庶民の味方。

だからこそ、クレジットカード現金化は高金利でも利用する人が増え続けているんですね。

つまり、金利以上にメリットがあるのが、クレジットカード現金化なんです。

クレジットカード現金化は違法金利にならないので安心

出資法では金利は最高20%と決められていて、だから消費者金融から20%の金利でお金を借りる事ができています。

そして、金利304%という数字を見た時、「これは違法金利じゃないか?」と思った人も多いんじゃないでしょうか。

果たして、クレジットカード現金化は違法金利だから出資法違反に当たるのか?

結論としては、クレジットカード現金化は違法金利じゃないので安心してください。

出資法が適用されるのは、貸金業者です。

しかし、クレジットカード現金化は、商品を購入した後にキャッシュバックとしてお金を貰うか、転売してお金を貰うかしてるだけ。

返済するのはカード会社にで、現金化業者から直接金銭を借りてるわけじゃないですよね。

つまり、現金化業者は貸金業者ではないので、金利が304%だとしても、20%を超えてたとしても出資法は関係ないし、違法金利になりません。

法律違反にはならないので、安心してクレジットカード現金化をしてくださいね。

こんな現金化業者だと違法金利になってしまうので注意

ただし、違法金利にならないのは、ちゃんとクレジットカード現金化の手順を守った場合です。

もし、クレジットカード現金化のやり方に不備があった場合、違法金利になってしまうので注意しなくちゃいけません。

例えば、購入した商品を受け取らない。

クレジットカードで購入した商品を受け取らず、お金だけを得た場合、それは実質お金を借りてるとみなされて違法金利になってしまいます。

また、現金化業者が商品を送ってこないのに入金だけをした場合も、違法金利にあたります。

その他に、価値のない商品を売買した場合も同じ。

価値のない商品を高値で買わせ、その見返りにお金を入金するやり方も、商品を売買してるとみなされない=実質お金を貸してるとみられてしまいます。

そうなると、違法金利になって出資法違反に当たる事も。

悪質な現金化業者の場合、価値のない商品を購入させる、購入した商品を送らない、という手口を使ってくることがあります。

そんな現金化業者は出資法違反の危ない業者なので、注意してくださいね。

クレジットカード現金化をする時は、違法金利で摘発されない業者を使いましょう。

クレジットカード現金化はキャッシングに比べて金利が高めなのは事実です。

しかし、金利以上に魅力が沢山あるから、クレジットカード現金化は廃れないし、利用者も増え続けているんですね。

無職でお金を借りれない人、周囲にお金を借りた事がバレたくない人。

クレジットカード現金化はそんな人の味方です。

お金が必要になったら、クレジットカード現金化を頼ってみてはいかがでしょうか。

安心で賢い私の現金化術簡単な賢い私の現金化術はコチラ

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.