貧乏でお金に困った時は少額のクレジットカードから作るのも方法?

目次(クリックして表示)

貧乏でお金に困った時は、どうやってお金を借りればいいか迷ってしまうケースがあります。

キャッシングを利用する方法もありますが、金利がネックになりがちです。

スピーディーな対応ができる消費者金融がある一方で、規制で銀行系のキャッシングは即日発効が難しくなるなど差別化されつつあります。

クレジット現金化ができればお金の管理が楽になることも?

お金が欲しい場合はクレジットカードの現金化を検討するのも一つの方法です。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用したものです。

手数料はかかるもののキャッシングよりも金利が低いショッピング枠を使えるため、長期返済で考えればお得なケースもあるのです。

金利を比較するとわかりますが、クレジットカード現金化の手数料は数%程度です。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠では3%程度違いがあり、キャッシング枠の方が金利が高くなります。

一括返済できる範囲であればキャッシングの方がお得になるケースがほとんどで、比較のポイントにもなってきます。

しかし、借りる金額が大きい場合は、毎月借り入れ残高に月ごとの利息をのせ、規定移譲の金額を返済していくことになります。

返済が長引くほど利子の差が大きくなるため、クレジットカード現金化の方がお得なケースが出てくるのです。

支払いの最低限度額は、キャッシングの方が高くなりがちなのも重要です。

細かく設定できる消費者金融もありますが、クレジットカードで借入をした場合は最低1万円からの返済になってしまうケースもあります。

収入が安定しない状態であれば負担が大きくなるため、注意が必要です。

クレジットカード現金化のハードルを下げるコツは?

現金化のハードルを下げるには、クレジットカードの申し込み方法から考えるのがおすすめです。

限度額を少額に設定するのは基本です。

少額であればパートやアルバイトの収入でも審査に通る確率が高く、審査落ちの不安がほとんどないためです。

短期間に申し込みが集中しないようにすることも大切です。

またちょっとの時間に複数のクレジットカードを作ろうとすると、申し込みブラックといわれる状態になり、半年程度新しいカードが作れなくなるケースがあります。

これは複数のクレジットカードを利用し、不正にお金を得ようとする人がいるためです。

少限度額のクレジットカードをたくさん作り、それぞれを現金化してまとまったお金を作ることも可能です。ただし、返済をセットで考えることも重要です。

すぐに返済不能になって債務整理をしようとしても、認められない可能性が高まってしまいます。

あくまで返済を前提に一時的に利用するのがクレジットカード現金化になります。

日常的に使えば経済的な負担も大きくなるため、借りすぎないように意識することも大切なのです。

為になる記事

PageTop