現金化の意外な落とし穴に落ちないようにカードの上限額はしっかりチェックする

更新日:

クレジットカード現金化をする場合は上限額をしっかりと把握しておく必要があります。

現金化の意外な落とし穴に落ちないように上限額はしっかりチェックする

意外な落とし穴に落ちないようにチェック

申し込みをしてから足りなかったというケースが存在するからです。

特に公共料金の引き落としをクレジット払いにしている場合は注意が必要になります。

公共料金の支払いが落とし穴になってしまうケースも存在する

クレジットカードで公共料金の支払いをすると、支払額に応じたポイントなどが貰えるケースが多くなっています。

積極的にクレジット払いにする人が珍しくなくなる一方で、気がつくと上限額に達していて決済ができないケースなどもありえます。

クレジットカード現金化をする場合は上限額をしっかりと把握することが大切です。

常に上限ギリギリまでお金を使っている場合や、自動車保険や各種税金などの支払いが重なってしまうと気付かないうちに上限に達してしまう場合もあるからです。

クレジットカード現金化は申し込み金額によって換金率がかわるケースが多いため、お得に利用するためにも事前のチェックが大切なのです。

マイページをチェックできるようになると現金化がさらに便利に

クレジットカードの利用明細や残高のチェックは、クレジットカード会社各社の専用サイトからチェックできるのが一般的になっています。

パソコンだけでなく、スマホや携帯でチェックできるのは大きな魅力です。

電話などで問い合わせる手間もなく、支払い方法の変更にも柔軟に対応できるケースが多いのも特徴です。

クレジットカード会社によってログイン方法は異なりますが、一般的に公式サイトからマイページに移動し、IDやパスワードを入力することでログインが可能です。

IDパスワードはカード発行時に自分で作成できる他、仮パスワード発行後に自分で変更が必要なケースがあります。

また、IDパスワードを忘れても再発行できるのが一般的なため、ネット経由のチェックをしたことがない人は確認してみるのがおすすめです。

明細の電子化申し込みでポイントなどの特典が貰えるケースもあります。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.