お金を作る方法は様々ありますが、時間によってとれる選択肢は大きく変わります。即日現金を用意したいのであればクレジットカード現金化は有効な手段になります。ただし、日常的に使うようになってしまうとお金の返済が大変になってしまうため、あくまで最終手段と考えるのがおすすめです。

【お金を作る方法】クレジットカードは即日スピードでお金を作る最終手段だった!

更新日:

お金を作る方法は様々ありますが、楽に作れる方法がないのが現実です。

簡単に稼げるような儲け話はリスクがあります。

そのため、多くの人が働くという選択をすることになるのです。

もちろん働くこと以外でお金を作る方法もありますが、お金を作れるようになるまでに時間がかかることも多くなります。

【お金を作る方法】クレジットカードは即日スピードでお金を作る最終手段だった!

短期間でお金を用意する方法の一つが借りるという方法です。

ただし、将来お金を返済しなければならないため、少しでも金利が安い借り方を考えるなど工夫が必要です。

キャッシングは短期間でお金を借りる方法の代表ですが、借りた後に返済に困る人も多くなります。

キャッシングは小額の借入であれば手軽に審査が済むケースも多く、借りすぎに悩む人も誕生しやすいのです。

借入金額が大きくなるとキャッシングの審査自体が通らなくなってしまうこともあります。

この場合の最終手段になるのが、身の回りの物を処分してお金に変える現金化か、クレジットカードショッピング枠の現金化です。

不用品の処分は買取をしてくれる場所に持ち込む手間がかかります。

クレジットカード現金化はネットでほとんどの手続きが完結するオンライン業者が主流になっていて、即日現金化できることも珍しくなくなっています。

そのため、お金を作る最終手段として利用されるケースが増えているのです。

クレジットカード現金化の頼りすぎには注意が必要

クレジットカード現金化は非常に便利ですが、頼りすぎには注意が必要です。

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金化するものであり、実質的にショッピング枠からの借入となってしまいます。

ショッピング枠はキャッシング枠よりも金利が安いことが一般的ですが、借りつづければ利息が発生してしまうのです。

また、クレジットカード現金化自体にも手数料が発生します。

クレジットカード現金化は業者ごとに換金率や還元率などが設定されていて、お金として受け取れるのはショッピング枠の一部になります。

90%を超える高い換金率や還元率を達成している業者もいますが、100%やそれを超えるお金を受け取ることはできないのです。

利用するほど手持ちのお金は目減りしてしまうことになります。

キャッシングにしろ、クレジットカード現金化にしろ、使い続けるのではなく返済をセットで考えることが大切です。

急に現金が必要になった場合などには利用できますが、使い続ければ生活が苦しくなってしまう恐れが出てしまいます。

手数料の安さを生かしてキャッシングなどの借入を前倒しで支払って利息を節約する人もいますが、お得に利用したい場合は考えながら行動する必要があるのです。

即日お金を作りたいのであれば申し込むタイミングも重要に

クレジットカード現金化を考える人は、急に現金が必要になっている人が大半です。

時間に余裕があればクレジットカード現金化以外の選択肢や、同じ現金化でも業者の比較ができるようになります。

クレジットカード現金化業者に絞ってもお金がどの程度受け取れるかが異なるため、しっかりと比較に時間をかけた方が良いのです。

即日お金を作りたいのであれば申し込むタイミングも重要に

しかし、即日どうしても現金が欲しいとなった場合は、業者の選択肢が一気に狭まります。

オンラインで利用できるクレジットカード会社は増えていますが、お金の受取は銀行などの金融機関を経由する必要があります。

そのため、金融機関の営業時間外の場合は振込みが当日に行われても反映されるのが翌営業日以降ということがありえるのです。

一般的な金融機関が振込みなどに対応できる15時よりも前に手続きができるかが非常に重要です。

ギリギリに申し込んでも手続きに時間がかかる場合は翌日以降に持ち込まれる可能性が出てきます。

対策の一つが24時間振込み対応が可能な金融機関の口座を作ることです。

ゆうちょ銀行やインターネットバンクは24時間の振込みに対応できるようになっています。

また、メガバンクも24時間対応の銀行が増えているため、口座を作っておくと便利になります。

対応する金融機関に振込みをしてくれる業者を選ぶことも大切です。

業者の営業時間中に申し込むことも大切です。

24時間ネットで受け付けてくれる業者はスタンダードになっていますが、営業時間外の場合は対応が遅れるケースが出てきます。

システム上の受付ができるのと人がいて手続きが進む時間は別になるため、業者の営業時間を調べて時間内に連絡することも大切になるのです。

電話受付を行っている業者やしっかりと企業として運営されている業者は、公式サイトに営業時間や受付時間を書いているのが一般的です。

営業時間がわかる業者を優先した方が即日対応してくれる可能性が高まります。

問い合わせ時に最短の振込み日や時間を聞いてみるのもおすすめです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.