お金を借入する時、必ず計算してしまう年利。この年利がクレジットカード現金化ではどれくらいになるのか、わからない人も多いですよね。実はクレジットカード現金化の年利は、カードローンよりも何倍も高くなってしまうんです。支払い期限が1ヶ月だと133%、2ヶ月だと66%が年利になります。

クレジットカード現金化の年利を自分で計算したら意外に高めだった!

更新日:

審査がないし、在籍確認もないし、クレジットカードがあれば誰でも利用できる。

お得ばっかりのクレジットカード現金化ですが、ふと、考えた事はありませんか?

年利もお得なのかと。

どんなに便利な金策方法でも、年利が高かったらお得感も薄れてしまいますよね。

果たして、クレジットカード現金化の年利はどれくらいで、金融機関に比べても高いのか低いのか、計算してみました。

クレジットカードの支払いが1ヶ月先の場合の年利は?

まず、購入した商品を1ヶ月先の支払いにした場合、年利はどれくらいになるのか?

・100万円の商品を購入

・換金率は90%(90万円を手にする事ができる)

・カードの支払い期限は1ヶ月

このケースで計算してみましょう。

クレジットカードの支払いが1ヶ月先の場合の年利は?

普通に考えたら、100万円渡して90万円を得られるんだから、利息は10%だと思いますよね。

しかし、忘れてはいけないのは「計算したいのは年利」「行ってるのはクレジットカード現金化」だという事。

上記のケースを上の条件に当てはめた場合

・90万円を借りる

・でも返すのは100万円で返す必要がある

・カードの支払い期限は1ヶ月先

..となりますね。

90万円を100万として返す場合、利息で11.1%が掛かります。

そして、この利息は12ヶ月かかるので、11.1×12で約133%が年利という事になります。

消費者金融の年利は高くても18%と言われてるので、それと比較した場合、クレジットカード現金化は5倍以上も年利が高いという事になりますね。

クレジットカードの支払いが2ヶ月先の場合の年利は?


支払いが1ヶ月だと高すぎるけど、2ヶ月ならもう少し年利が低くなるはず!

そう思う人の為に、次は支払いが2ヶ月先の場合の年利を計算してみましょう。

条件は

・100万円の商品を購入

・換金率は90%(90万円を手にする事ができる)

・カードの支払い期限は2ヶ月

と、1ヶ月支払いの時と変わりません。

この場合も、普通に見れば利息は10%に見えます。

しかし、先ほどと同じように、「クレジットカード現金化」「年利」だと変わってくるのを忘れてはいけません。

・90万円借りて100万円で返す

・カードの支払期限は2ヶ月先

を加味して計算した場合、支払いが1ヶ月先と同じように利息は11.1%になります。

この利息を年利として計算しますが、今回は2ヶ月で1回の支払い=2ヶ月で11.1%になるので、計算式は11.1×6。

つまり、約66%が年利になりますね。

この年利も、消費者金融の18%と比べても、全然高いですよね。

支払いが1ヶ月先でも133%、2ヶ月先でも66%、クレジットカード現金化をした場合、基本的に消費者金融よりも年利が高くなる、というのがよくわかりますね。

年利が高いクレジットカード現金化は利用すべきじゃない?

年利が高すぎる、これならカードローンやキャッシングの方がいいんじゃ。。。

クレジットカード現金化の年利を見たら、こんな感想を抱くのも無理ありませんよね。

実際に年利が高いから、クレジットカード現金化は損だから、利用しない方がいいのでしょうか?

年利が高いクレジットカード現金化は利用すべきじゃない?

個人的には、そうは思いません。

確かに、クレジットカード現金化は年利が高くなりがちです。

しかし、一括払いにすれば利息は掛からないし、返済回数を少なくすれば年利は抑える事ができますよね。

高い年利は、いくらでも低くする方法があるんです。

逆に、カードローンでは、どんなに頑張っても即日入金や審査・在籍確認なしでの借入は行えません。

クレジットカード現金化のデメリットである年利は下げる方法があるのに、クレジットカード現金化のメリットである即日入金・審査なしでの借入をカードローンはできない。

これなら、クレジットカード現金化を利用する事が損とは、けして言えないですよね。

一番良いのは、併用する事。

今すぐお金が欲しい時はクレジットカード現金化、一括返済できない時はカードローンと、使い分けるのが一番です。

どちらか片方に固執せず、上手く併用して使い分けるのが、損をしない秘訣ですよ。

クレジットカード現金化の年利は高め、これは変えようのない事実です。

しかし、クレジットカード現金化自体がデメリットだらけなら、年々利用者は増えてないし、現金化業界もここまで活性化してるわけないですよね。

実際に、クレジットカード現金化で助かった人は大勢います。

損をしない、賢く利用する、これらを心掛けて、上手くクレジットカード現金化を活用したいものですね。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.