高額でクレジットカード現金化をするなら自分でやる方がいい。実はこれ、間違った認識です。自分で高額の現金化をすると、商品が売れないリスク、カードの利用停止になるリスクがあって危険なんです。むしろ、現金化業者の方が、高額のクレジットカード現金化はメリットが多いんです。

クレジットカード現金化は高額だと自分でやるのはリスクが多くて危険

更新日:

クレジットカード現金化をする人は、お金に困っている人達ばかりですよね。

できるなら、少しでも高額で現金化したいのは当然の事です。

自分でやる方が高換金率になりやすいというのはクレジットカード現金化の常識になっていて、高額の現金化をしたい時も自分でやる方がいい、と思う人も多いですよね。

しかし、高額のクレジットカード現金化をしたい場合、自分でやるとデメリットが多いんです。

高額の現金化を自分でするのはデメリットが多くオススメしない

なぜ、高額のクレジットカード現金化を自分でやるとデメリットがあるのか?

高額の現金化を自分でするのはデメリットが多くオススメしない

それは、商品が売れない可能性があるから。

高額の現金化をしたい場合、高額の商品を一つ購入するか、もしくは1万円ほどの商品を複数購入してその都度換金するか。

このどちらかの方法しかないですよね。

この内、前者の場合、売れたなら高額のお金を一度で得る事ができます。

しかし、もし売れなかった場合、手元に残るのは高額の返済と、自分が欲しいわけじゃない商品だけです。

また、売れたとしても、自分が望む換金率以下で妥協しなくちゃいけない事も。

つまり、売れるにしても売れないにしても、リスクが高いんですね。

そして、後者の場合は単純に手間と時間が掛かりますよね。

商品を購入しては転売してを何度も繰り返すのは、かなり大変です。

高額のクレジットカード現金化を自分でする場合、売れない可能性と売れても換金率が低いリスク、そして時間と手間が掛かるというデメリットが発生してしまうんです。

だから、高額のクレジットカード現金化をする場合は自分でやるのはオススメしません。

自分で現金化をするとカードの利用停止に合う可能性もある


また、自分でやる場合、この他にもリスクが多いんです。

自分でやる時、新幹線の回数券など少しでも高換金率になる商品を選びますよね。

自分で現金化をするとカードの利用停止に合う可能性もある

しかし、そんな高換金率の商品を繰り返し購入し続けていると、カード会社に目を付けられる可能性があるんです。

カード会社はクレジットカード現金化を規約で禁止していて、換金率が高い商品を購入する人を監視しています。

つまり、高額が得られやすい商品ばかりを購入していると、カード会社にバレてカードの利用停止になる可能性があるんですね。

また、その日の内にお金を得られないのもデメリット。

店舗を回って高値で売れるところを探したり、ネットオークションで落札されるのを待ったり。

自分でやる場合は、購入した当日にお金を得る事はまず無理です。

だから、今すぐお金が欲しいという時には厳しいんですね。

カードの利用停止というリスク、即日入金不可という欠点、この二つがあるのも自分でやるのをオススメしない理由です。

高額のクレジットカード現金化をするなら現金化業者が一番


高額のクレジットカード現金化を自分でやるのはデメリットばかり、それならどうすればいいのか?

高額のクレジットカード現金化をするなら現金化業者が一番

オススメなのが、現金化業者を利用する事。

実は現金化業者は、利用額が増えるにつれてどんどん換金率が上がっていくのはご存知ですか?

1~10万円くらいの場合は、現金化業者の換金率も70~80%くらいが相場です。

しかし、30万円以上だと85%以上、50万や100万以上になると90~95%の高換金率になる事もあり、利用額に比例するように換金率も上がっていくんです。

95%近くの換金率は、自分でやる場合でも余程上手く転売しないとまず無理ですよね。

しかも、現金化業者は即日入金も対応してくれるので、自分でやる場合と違い、購入後すぐに入金も可能。

つまり、クレジットカード現金化で高額の換金をする場合、現金化業者を利用した方がメリットが多いんですね。

利用額が高額になればなるほど現金化業者の換金率が上がるので、一度に高額の現金化をするなら現金化業者がオススメです。

現金化業者を利用する時は手数料にだけ気を付けよう!

現金化業者を利用して高額のクレジットカード現金化をしたい場合、注意して欲しいのは手数料です。

クレジットカード現金化では、振込手数料や配送料等で手数料を取るのが普通です。

しかし、悪質な業者の場合、この手数料を含めずに換金率を載せてる場合があるんです。

例えば、公式サイトでは換金率85%と書かれているのに実際は手数料がかかり、その手数料を差し引くと70%くらいの換金率に下がるなど。

85%の換金率だから選んだのに、実際には換金率70%くらいのお金しか得られないのなら、そこを選んだ意味がないですよね。

このように、悪徳業者の場合は手数料をわざと公式サイトに載せなかったり、手数料を多く間引くなどの詐欺行為を行っています。

そんな悪徳業者を利用すると、高額のクレジットカード現金化をしても得られたお金は換金率50%くらいで大損、という事もあり得るんですね。

高額のクレジットカード現金化だからこそ、慎重に現金化業者を決めるのが大切。

高換金率に釣られずに、手数料を含めた実質換金率がいくらかを見てから、現金化業者を選びましょう。

高額でクレジットカード現金化をする場合、自分でやるのは危険なのはわかって頂けたでしょうか。

日常による高額でのクレジットカード現金化は、現金化業者を利用する方がリスクも少なく、また換金率的にもオススメです。

ネットでしっかりと調べて、悪徳業者じゃない優良な現金化業者でクレジットカード現金化をしましょう。

クレジットカード現金化のリスク・危険性や注意点などは?

クレジットカード現金化にはリスクがないのかと不安になる人もいます。

お金が関わることだけに慎重になるのは当然のことです。

クレジットカード現金化のリスク・危険性や注意点などは?

リスク・危険性や注意点などは?

自分で現金化しようとしてトラブルに巻き込まれる人もいるため、業者を利用するメリットなども理解しておく必要があります。

自分でクレジットカード現金化を目指すのは危険性が伴う

クレジットカード現金化を目指す場合は、自分で現金化を目指すか専門業者を利用するのが一般的です。

自分で現金化を目指す場合はどのような商品が高額で現金化できるかをしっかりと把握しておく必要があります。

注意したいのは高額買取を目指そうとして個人取引などを目指そうとすると、トラブルに巻き込まれかねないことです。

取引相手によってはリスクが生じるため、安定して現金化できないケースもあるのです。

詐欺のように相手をだますことを前提としている人間がいるため、信頼できる取引相手かどうかはしっかりと調べる必要があります。

手数料が思ったよりかかることも珍しくなく、振り込み手数料の負担などで手取りが少なくなってしまうケースもあります。

クレジットカード現金化は業者を利用した方がリスクが少ない?

クレジットカード現金化業者を利用するメリットは、安定してショッピング枠を現金化できることです。

詐欺的な手法をとってしまうと営業自体ができなくなってしまうため、大手や実績のある業者ほど誠実な対応を行うのが一般的になっています。

総合的なリスクなどが少なく、効率化を行うことで個人間取引よりも高い換金率を実現している業者もあります。

ただし、ネット経由で現金化業者の情報を調べるなど、詐欺系のサイトに引っ掛からないように気を配る必要があります。

業者に限らず、様々な形で詐欺をはたらこうとする人間は多いため、悪質なサイトの利用を避けるのは基本だからです。

安全に利用するためにも情報を集めて確認することは大切なのです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.