クレジットカード現金化業者を利用する時は「個人情報」も必要になってしまうのか?

目次(クリックして表示)

クレジットカード現金化に個人情報は個人で行う場合と業者に依頼する場合で異なる?

はじめに、クレジットカードには利用限度額が設定されており、お買い物などのショッピングのための枠である「ショッピング枠」、そしてお金を借りる時に利用する「キャッシング枠」があります。

本来クレジットカードでお金を工面する場合は消費者金融で借りるか、銀行のカードローンを利用する物ですが、キャッシングに対して「取立てが怖い」「お金を借りるなんてみっともない」というイメージがあるために利用しづらさもあるでしょう。

しかし、人生においてはどんなことでお金が急に必要になるかわかりませんので、貯金などが無ければ誰かから借りるなどの金策に走る必要があります。

そんな金策の方法の1つとして、クレジットカードを用いた現金化があり、昔から新幹線の回数券などの換金性が高い物を購入して、金券ショップでお金にするという方法がありました。

そして、今ではインターネットが発達したことでクレジットカード現金化業者のサイトなどもネット上では見かけるようになり、クレジットカードで現金化をしたことがなくても知っている方も増えてきました。

さて、ここでクレジットカード現金化をする上で、個人情報は必要となるのかについてですが、答えは個人で行う場合とクレジットカード現金化業者を利用する場合で分かれます。

クレジットカード現金化を「個人で行う」「業者を通じて行う」で変わる個人情報が必要なタイミング

クレジットカードを現金化する場合ですが、方法としては個人で行う場合とクレジットカード現金化業者を通じて行う場合の2通りがあります。

それぞれの方法と個人情報の扱いがどうなるかについては以下のような違いがあります。

クレジットカード現金化を個人で行う

クレジットカード現金化業者を利用せず、個人でクレジットカードの現金化を行う方法は昔からありました。

例として、換金性の高い物をクレジットカードで購入して、それらを金券ショップなどの買取を行っている所で売却して現金を売るという方法があります。

この方法を行う場合、金券ショップや質屋を利用する事が多いかもしれませんが、その際に必ず身分証明書の提示が必ず求められます。

ただし、それ以外で個人情報が必要になる場面はありませんので、個人で現金化をする場合に個人情報が必要なタイミングは主に売る時だけです。

なお、個人で行う場合のデメリットとしては、購入から売却まで全て一人で行わなければなりませんので、人によってはとても面倒で時間もかかってしまうのが欠点になる事もあります。

クレジットカード現金化を業者に依頼して行う

クレジットカード現金化業者を利用して現金化を行う方法であれば、個人で行うよりも手間や時間もかかりにくくはなる可能性があります。

業者によって異なりますが、表向きはクレジットカードでお買い物をしてキャッシュバックが行われる方法、またはクレジットカード現金化業者が指定する換金性の高いPOSAカードなどをクレジットカードで購入して、業者の元へ送って現金化するという方法に分かれます。

ただし、どちらの方法もクレジットカード現金化業者を利用する前に「氏名、年齢、電話番号、住所、メールアドレス」といった個人情報の入力が必須です。

そのため、個人で行うよりも時間や面倒を考えればクレジットカード現金化業者のほうが楽かもしれませんが、業者だとお金が振り込まれる前に個人情報を渡す必要性があることです。

クレジットカード現金化業者から個人情報が流れるとどうなるのか?

一般的に企業によってお客様となる「利用者の個人情報」に関する取り扱いというのは非常に厳重でなければなりません。

そのため、もし個人情報が流出したりすると会社の信用は地に落ちてしまい、多額の賠償責任を負ったり、最悪の場合は倒産の恐れすらあるほど、個人情報の扱いはとても慎重である必要があります。

では、もしも個人情報の管理が悪いクレジットカード現金化業者に個人情報を渡してしまったりして、個人情報が流出するとどうなるか?について、以下のような影響があるとされています。

クレジットカードが不正に使用される

まず、クレジットカード現金化業者にクレジットカード番号などの情報を伝えてしまっている場合、カードの情報が流出するとどうなってしまうでしょうか?

真っ先に被害が大きい形になりやすいのがクレジットカードの不正利用であり、悪意のある第三者に利用されてしまって多額の請求が来る可能性があります。

しかもクレジットカード現金化はカード会社が認めていないため、不正利用された時に現金化が発覚するとカードの利用停止処分まで受ける可能性があります。

迷惑メールが届くようになったり、怪しい電話がかかってくることもある

クレジットカードの現金化を利用する方は大抵の場合お金に困っている方ですので、もし個人情報が闇に流れると得体の知れない迷惑メールや変な電話がかかってくることもあります。

また、悪質なクレジットカード現金化業者だと個人情報を怪しい人達に売る事があり、そこから違う詐欺に巻き込まれてしまったりすることもあります。

以上からクレジットカード現金化において業者を利用する場合、個人情報を本当に渡すべきかどうかはしっかりと調べてから検討しましょう。

為になるクレジットカードで苦のない楽な方法で違法性詐欺のない現金を得る方法を伝授!

PageTop