クレジットカード現金化の業者は、古物商扱いされるのはご存知ですか?中古品を取り扱う現金化業者は古物営業法に則って古物商となり、古物商許可がないと違法になるんです。しかし、それは買取方式の業者のみ。キャッシュバック方式は古物営業法は関係なく、古物商許可は必要ないんです。

クレジットカード現金化は古物商許可がないと古物営業法違反になる事もある

更新日:

クレジットカード現金化業者は、古物営業法と関わりがある。

ネットを見ても、そう書かれてる事が多いですよね。

中古品の売買を行う古物商に適用される古物営業法。

なぜ、古物営業法とクレジットカード現金化は、関係あると言われてるのでしょうか。

買取方式は中古品を取り扱うから古物営業法が適用される

業者が指定した商品をクレジットカードで購入し、その商品をまた現金化業者に売る。

これが、クレジットカード現金化をした時の基本的な手順ですよね。

買取方式は中古品を取り扱うから古物営業法が適用される

この時、利用者の手元に商品が渡った時点で、その商品は「中古品」になります。

そして、その中古品をまた現金化業者に売り、現金化業者はその中古品を違う顧客に転売する事で利益を得ています。

つまり、現金化業者は中古品の売買を行うから、古物営業法と関わりがあると言われてるんですね。

古物営業法ではいくつかの種類に分かれていて、主に古物商、古物市場主、古物競りあつせん業者の3つが挙げられます。

この内、現金化業者は古物商に当たります。

そして、古物営業法では、公安委員会の許可がない限り営業はできないと決められています。

現金化業者の公式サイトを見て、「公安委員会許可 第○○○○○○○号」等の表示はありませんか?

この番号こそ、公安委員会が中古品を扱う事を許可した人に渡すもの。

古物商許可を取得してる証になるんです。

古物営業法では業者に対し様々な事が義務付けられている


それでは、実際に古物営業法ではどんな事が義務付けられているんでしょうか?

まず、身分証明書の確認。

古物営業法では盗品の取り扱いを防止する事を目的に、売買の際は身分証明書の提出を義務付けています。

現金化業者を利用する際、必ず身分証明書の提出をする必要がありますよね。

これは古物営業法に則って行われている事だったんです。

また、現金化業者では、この他にも顔が写った写メを送らせることでカードの不正利用も防いでいます。

この他に、商品の入手経路と転売先を台帳にしっかり記録する事も古物営業法の規定。

これは利用者側が確認する事はできませんが、古物商許可を持ってる現金化業者は、当然この規定を守ってるからこそ公安委員会から許可が貰えたんですよね。

このように、古物営業法では利用者に不利益にならないよう、業者が犯罪に巻き込まれないよう、様々な義務を古物商に課しているんです。

つまり、これを守っている現金化業者は安心、と言えるわけですね。

古物営業法が関わるのは買取方式でキャッシング方式は無関係


現金化業者の公式サイトを見ていて、古物商許可の番号が載ってない時ありますよね?

古物商許可番号がないから悪質業者なの?古物営業法違反の業者なんじゃ?

そう思ってしまいがちですが、実は必ずしもそうとは言い切れないんです。

商品を購入して、そのキャッシュバックとしてお金を得られるのがキャッシュバック方式ですよね?

このキャッシュバック方式の場合、現金化業者と利用者の間に中古品の売買はありません。

そして、現金化業者は中古品を転売もしていません。

その為、古物営業法には接触せず、現金化業者は古物商許可を取得しなくても営業ができてしまうんです。

つまり、キャッシュバック方式の現金化業者の場合は、古物商許可の番号が公式サイトにないのは当たり前なんですね。

古物営業法に関係するのは買取方式のみで、キャッシュバック方式は無関係。

なので、古物商許可がない業者を悪徳業者と決めつけず、まずは買取方式なのかキャッシュバック方式なのか確認しましょう。

古物商許可は優良な買取方式の業者を見極めるポイントになる

古物商許可があるかどうかは、優良な買取方式の業者を見極めるポイントにもなります。

先ほど紹介したように、買取方式の業者は古物商許可を取得しないと古物営業法違反になってしまいます。

逆に言うと、古物商許可を取得してる現金化業者は、法律違反に接触しない業者とも言えるわけですね。

古物商許可は優良な買取方式の業者を見極めるポイントになる

古物商許可を取得してる現金化業者と、古物商許可が公式サイトに載っていない現金化業者。

当然、前者の方が安心できますよね。

勿論、前者の場合でも悪徳業者の可能性はあります。

しかし、古物商許可を取得してない業者はそもそも古物営業法違反なので、それ以前の問題ですよね。

この他にも、「身分証明書の提出なしで利用できる!」などと謳う業者もいます。

こんな業者は間違いなく悪徳業者です。

買取方式の場合は古物営業法違反だし、キャッシュバック方式の場合でもカードの不正利用に全く配慮していません。

どっちの方式の現金化業者でも、利用するのは危険なのでやめましょう。

このように、古物商許可は優良業者を見極める一つのポイントです。

現金化業者を探す時は古物商許可が記載されてるか、まずはチェックしましょう。

買取方式の現金化業者と古物営業法、とても関わりがある事はわかって頂けたでしょうか。

安全にクレジットカード現金化をする為にも、古物営業法に引っかからない現金化業者がいいですよね。

古物商許可の番号が記載されてるか、身分証明書の提出を義務化しているか。

古物営業法違反の業者を利用しないために、ぜひ上記のポイントを確認してみてくださいね!

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.