Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

様々な支払いに使用することができるクレジットカードですが、基本的には家族間であっても貸し借りはできないため、カード会社に発覚すると注意や警告、悪質な場合は強制解約されてしまいます。今回はクレジットカードを用いた現金化に「家族名義のクレジットカードが使われてしまった時にどうなるか?」について考えてみましょう。

家族名義のクレジットカード現金化ができない2つの理由

更新日:

クレジットカードはその人だけに与えられた「信用の証」

クレジットカードはネット通販やカード払い対応店でも使用できるようになっており、とても便利ではありますが請求が翌月にまとめてやってくるので使いすぎには注意しなければなりません。

しかし、使いすぎにさえ気をつけていれば支払い時に現金を用意する必要もなく、特に一部のネット上でお買い物をする場合はカード払いが基本となっている事が多いので、社会人になったら1枚はクレジットカードを持っておきたいものでもあります。

さて、クレジットカードに関する当たり前の事ではありますが、基本的にクレジットカードはカード上に表示されたカード会社から見た利用者である「会員」のみが利用できます。

そのため、当然ですが他の人のカードを無断で利用したりする事は犯罪であり、「もし貸してほしい」と言われても支払いをするのはカードの持ち主ですので普通は「貸せない」と断ることが当たり前です。

ところが家族間であれば「子供がネット通販で買いたい物があると言うから貸した」「カードを持ってない身内に貸した」と家族ならばということで判断が甘くなっている方もいるでしょう。

ですが、家族間であってもクレジットカードの貸し借りはカード会社の利用規約で違反としており、もし発覚すれば注意や警告がカード会社からされてしまい、非常に悪質だと判断されればカードの利用停止もありえます。

クレジットカードは持ち主である会員だけに与えられたクレジットカード会社からの「信用の証」なので、親子、夫婦、恋人、友人であっても貸し借りは絶対にしてはいけません。

家族名義のクレジットカードを利用して現金化をしてしまったという話は本当?

クレジットカード現金化という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これはクレジットカードのショッピング枠を利用して換金できる物を購入、売却して現金を得るという方法です。

ただし、クレジットカードにはキャッシングに使えるキャッシング枠があり、クレジットカード会社も現金化を目的としたショッピング枠利用は禁止しているので、発覚すればカード利用停止と利用金額の一括請求は免れません。

そんなクレジットカードの現金化ですが、そもそもクレジットカードを持っていない方は現金化もしようがありませんので「クレジットカード現金化なんて無縁な話だ」と思うでしょう。

しかし、クレジットカードを使った現金化ではなんと家族名義のクレジットカードを使用して現金化をしたという、耳を疑いたくなるような出来事も起きております。

実際に「妻が勝手に夫のクレジットカードを使って現金化を行い、夫は後日見に覚えの無い請求に加えてカード会社より夫が現金化を疑われた」という話もあるほどです。

もちろんですが、家族のクレジットカードで現金化をしてしまえば持ち主に請求が行くので間違いなく発覚してしまい、最悪の場合は家族間での重大なトラブルにも発展してしまう恐れがありますので絶対にやめましょう。

クレジットカードが家族名義では内緒に行っても現金化ができない2つの理由

上記でも触れておりますが、家族間であってもクレジットカードの貸し借りはクレジットカード会社が違反としておりますので絶対にしてはいけません。

さらに家族名義のクレジットカードを使って内緒で現金化を行うとしても、それは不可能である理由が以下の通りとなります。

クレジットカード会社に不正利用を疑われて連絡が持ち主にされてしまう

クレジットカードは利用した履歴がクレジットカード会社に送られてしまいますので、もしも急に換金性の高い物を買ってしまうと「この会員はもしかして他人に不正利用されているのでは?」と思われてしまいます。

場合によってはクレジットカード会社から持ち主に「最近こういう物を買いましたか?」という確認の連絡が来ることもあり、当然ですがカードの持ち主にとっては知らない話でありますので大騒ぎになってしまいます。

そこから、クレジットカードを不正利用した人間が家族にいることがわかることもあり、仮にクレジットカード会社からの連絡が無くても請求日に見に覚えの無い支払いがあることから内緒にすることは不可能です。

クレジットカード現金化業者でもお断りされる

クレジットカード現金化をしている業者を仮に利用する場合、業者がキャッシュバックのスタイルを採用している場合はクレジットカード番号を伝えなければなりません。

しかし、その際に身分証の提示も求められますので「あれ?カードの名義と申請している人が違うぞ?」となれば、業者側から他人のカードを不正利用している疑いがかけられますので「ご利用できません」とお断りされる可能性が高いです。

また、仮に利用できたとしても、どの道持ち主には請求で発覚してしまいますので、家族が持ち主に黙ってクレジットカードを利用することはできません。

以上から、家族間であっても家族名義のクレジットカード現金化はしてはいけませんし、クレジットカード会社に発覚すれば持ち主がカードの利用停止処分となってしまいます。

クレジットカード現金化をするのに「家族カード」ならどうなのか?

クレジットカードには「家族カード」と呼ばれる種類の物があり、安定した収入のある会員がいればその家族(18歳未満は対象外、また18歳以上でも高校生は不可)もクレジットカードを利用できるサービスを提供するカード会社もあります。

この家族カードなら「現金化を内緒で行えるのか?」と思うかもしれませんが、やはりこちらも現金化が難しい理由があります。

まず、引き落とし口座は基本的に契約者となっている会員の口座となりますので、例として夫婦で家族カードを使用しているなら、妻がカードを使っても夫が契約者なら夫の口座から引き落としがされてしまいます。

なので、現金化のために家族カードを使うと契約者にも利用を知られてしまうため、後で契約者から「何をする気だ?」という形で、現金化をしている事がバレる恐れもあります。

そもそも家族カードは「家族が何にカードを使ったかがわかりやすいので家計の管理がしやすい」「家族分の年会費が無料(カード会社による)」といったメリットがありますが「家族の誰が何に使ったのかがわかりやすい」という特徴もあります。

さらに家族カードでも現金化が発覚すればカードは利用停止となってしまいますので、そうなると家族全員が利用停止処分になってしまう点は忘れないようにしましょう。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.