Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最近ではクレジットカード現金化業者もインターネットでサイトを開設しているので、そちらから仮想通貨申込~換金などができるようになりました。また地域通貨などの流出により支払う税金や確定申告などタイミング的にワンコインで活用できるのかを解説していきます。

クレジットカードを使って仮想通貨・暗号通貨を購入した現金化とは

更新日:

クレジットカードを利用した現金化では現在の主流な方法はどんなものがあるか?

様々な支払いに利用できる便利なクレジットカードには、利用限度額を意味する「ショッピング枠」「キャッシング枠」という2つの枠があります。

「ショッピング枠」はネット通販や加盟店での利用の際に使用するお買い物用の枠であり、キャッシング枠は消費者金融などからお金を借りる際に使う枠なのですが、両方とも利用限度額までは自由に利用する事ができます。

なお、クレジットカードの現金化ではショッピング枠を利用したやり方であり、昔からある方法としては新幹線の回数券のように高く売れる物をクレジットカードで購入、金券ショップなどの買取業者に売って現金を得るという方法がありました。

最近ではクレジットカード現金化業者も登場しており、中にはインターネットから申し込めばすぐに現金を即日振り込み対応する業者もいるほどです。

しかし、クレジットカード現金化はカード会社が認めておりませんので、もしも現金化をしていることが発覚すればカード会社によってカードが利用停止になるリスクがあります。

今回はクレジットカードを使った現金化の方法として、海外でも何かと話題になっている「仮想通貨」を用いて現金化をする方法について考えて見ましょう。

【2019年度】人気の仮想通貨オススメ比較一覧はコチラ

ビットコイン(BTC) ジーキャッシュ(Zcash) ビットコインキャッシュ(BCH) ファクトム(FCT)
イーサリアム(ETH) リスク(LISK) リップル(XRP) ダッシュコイン(DASH)
ライトコイン(LTC) モナコイン(MONA) ネム(XEM) リスク(LISK)

仮想通貨の主要取引所はコチラ

GMOコイン
BITPOINT(ビットポイント)
BITMEX(ビットメックス)

【2019年度】とにかく安い草コインはオススメ比較一覧はコチラ

Polymath(ポリマス) SIRIN LABS(SRN) Fiscocoin(フィスココイン) XP(エックスピー)
HTMLコイン Okcash NANJCOIN(なんJコイン) BitZeny
Aidos Kuneen(ADK) HuobiToken(フオビトークン) Kin

草コインの主要取引所はコチラ

Binance(バイナンス)
CoinExchange(コインエクスチェンジ)
Huobi(フオビ)

海外でも話題の仮想通貨や暗号通貨とはどんな物なのか?クレジットカードで購入できるのか?

利用したことが無かったとしても、インターネットを利用していたり、テレビなどで時々取り上げられている「仮想通貨」については聞いたことがある方も多いでしょう。

とはいえ、聞いたことがあるだけで「仮想通貨についてはよく知らない」「ネット上のお金というイメージしかない」と言う方も多く、よくあるイメージとしては「電子マネーみたいなもの」のように思われている事が多いです。

この仮想通貨について簡単に説明すると、インターネット上で使うことができる通貨でありますが、どちらかと言えば株や証券といった通常、日本に住んでいるなら通貨は円、アメリカであればドルを使用しなければなりませんが、仮想通貨はネット上のお金であるために国境を超えて使用する事ができるのです。

しかも通貨はその国で内戦やインフレといったことが起きれば価値が暴落してしまう恐れがあり、そうなれば外貨を購入している方は大損をするかもしれませんが、仮想通貨はネット上で管理されているので国の内政状況などの影響を受けません。

そして、仮想通貨の購入は基本的にクレジットカードで決済することができますが、何百種類とある仮想通貨の全てが対応しているとは限りませんので、購入したい仮想通貨がクレジットカードに対応しているかは確認しましょう。

クレジットカードの現金化に仮想通貨を利用することは可能なのか?

クレジットカードを利用して現金化をする場合ですが、個人でやる場合もクレジットカード現金化業者を利用する場合も手数料や還元率などで「必要としていた額を下回ってしまった現金しか手に入らなかった…」ということもあります。

また、個人でクレジットカードの現金化をするなら全て一人でやらなければならず、クレジットカード現金化業者も信用できるかどうか調べるのは時間も手間もかかってしまいます。

では、クレジットカードを使って仮想通貨を購入して、仮想通貨を売却して現金化を行うと言うのはどうでしょうか?

結論から言えばこの方法は可能であり、場合によっては上記のクレジットカード現金化業者や個人で行う場合以上の還元率が見込める可能性も無くはありません。

さらにクレジットカード現金化業者も仮想通貨を利用した方法を提案できるところはなく、個人で行うので悪質な業者に引っかかる恐れもないのです。

とはいえ、仮想通貨で現金化をすると、出金まで時間がかかってしまいますので「すぐに現金が必要」となっているほど時間に余裕が無いならば、仮想通貨の現金化は不向きなやり方ではあります。

仮想通貨や地域通貨で現金化をする場合、儲かることもあれば損することもある?

上記でクレジットカードを使って仮想通貨や地域通貨を購入して現金化する、と言う方法は不可能なことではなく、実際に利益まで上げている方もいらっしゃるほどです。

しかし、仮想通貨も株や投資と同じように知識が無ければ運用が難しく、必ず儲かるという保証もなければ逆に損をする可能性もあります。

仮想通貨には株価と同じように価格変動がありますので、時には上がることもあれば下がることもあります。

実際に株でも企業の不祥事が発覚すれば暴落することがあるように、仮想通貨も何らかのでき事で突如として価値が暴落するリスクもあります。

仮に1万円分の仮想通貨を現金化したいと思っても、仮想通貨の価格変動は確実な予想ができないので「得をする、損をする」についてはわかりません。

また、現実でも仮想通貨が盗まれてしまったという話もあり、万が一仮想通貨を盗まれても保証は一切効きませんので、自分で所有している仮想通貨を守っていく必要もあります。

よって、「クレジットカードで仮想通貨を購入して現金化をする」というのはむしろ投資に近い行為でもあるので、現金化しようと購入した矢先に暴落…というリスクも把握しておきましょう。

【2019年度】一部の地域通貨一覧はコチラ

アトム通貨 さるぼぼコイン アクアコイン ましこスマイル
げんき(寝屋川) シネバルコイン てんぐ(八王子) しまとく通貨(長崎)

地域通貨とは

ある目的を求め地域コミュニティ内における、法に定められた法廷貨幣と同様に価値あるものとして、地域から発行されている貨幣である。特定エリア内または人気ジャンルにおけるコミュニティ内などに流通している通貨のことを指す。中には希少性がある通常では購入できないのもあるので、事前にブロックチェーン技術などで利用の確認しておかなければいけません。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2019.9月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.