過去に現金化業者が逮捕されたから、クレジットカード現金化は貸金業法に違反する。しかし、これは合っているようで間違っています。現金化業者が貸金業法違反で逮捕されたのは、悪質な行為をしていたから。普通の現金化業者は貸金業者扱いされず、貸金業法違反には問われないんです。

クレジットカード現金化は貸金業法に接触しない合法だが注意も必要

更新日:

2011年にクレジットカード現金化の業者が初めて逮捕され、話題になったのはご存知ですか?

キャッシュバックスという現金化業者が逮捕された理由は、出資法違反と貸金業法違反。

これを見て、クレジットカード現金化は貸金業法に違反するの?と思いますよね。

果たして、クレジットカード現金化には貸金業法が適用されるのでしょうか?

なぜクレジットカード現金化は貸金業法違反だと言われる?

そもそも、なぜクレジットカード現金化は貸金業法に接触すると言われているのかわかりますか?

それは、現金化業者を実質貸金業者だと見ているから。

なぜクレジットカード現金化は貸金業法違反だと言われる?

商品を購入してキャッシュバックを貰う、もしくは商品を転売する。

これが、普通のクレジットカード現金化のやり方です。

これだけ見たなら、普通に商品を売買しただけ、お金を借りたわけじゃないから貸金業者じゃないと思いますよね?

しかし、クレジットカード現金化は商品を購入するのが目的じゃなく、お金を得るのが目的で行いますよね。

つまり、実質的に金銭を融資している、だから現金化業者は貸金業者じゃないかと指摘されてるんですね。

そして、貸金業をしたい場合、登録しないと営業は行えないと貸金業法で決められています。

しかし、現金化業者で貸金業の登録をしているところは、まずないですよね。

つまり、現金化業者を貸金業者とした場合、貸金業者の登録をしていないから貸金業法違反だという指摘があるんですね。

クレジットカード現金化は貸金業法には接触しないサービス

それでは、実際にクレジットカード現金化は貸金業法違反になるのか?

結論として、貸金業法違反にはなりません。

まず、金融庁自体が現金化業者=貸金業者とはハッキリ明言していません。

つまり、国としてはお金目的だとしても、クレジットカード現金化を貸金業法違反だとは捉えてないんですね。

それだけじゃなく、現金化の手法も法律に引っかかるものじゃないんです。

商品を買い取って転売する事、これ自体は何の罪にもなりませんよね。

もし、これがダメなら、中古販売店や質屋は商売が出来なくなってしまいます。

キャッシュバック方式でも同じ事。

携帯会社や家電量販店では、商品を購入したらキャッシュバックするというキャンペーンを1年中行っています。

もし、クレジットカード現金化のキャッシュバック方式がダメなら、これらもダメになるという事ですよね。

しかし、現状では罪に問われるどころか規制もされていません。

お金を得る為とはいえ、やってる事は中古販売店や携帯会社と同じ事。

そして、金融庁は貸金業者と明言していない。

だから、クレジットカード現金化は貸金業法には接触しない..と言えるんですね。

貸金業法違反で逮捕された現金化業者には理由がある

でも、貸金業法違反で逮捕された現金化業者がいるんでしょ?と思いますよね。

しかし、貸金業法違反で逮捕された業者はクレジットカード現金化をしたから逮捕されたわけじゃなく、悪質な行為を行っていたから逮捕されたんです。

貸金業法違反で逮捕された現金化業者には理由がある

例えば、先ほど紹介した現金化業者で初めて逮捕されたキャッシュバックス。

この業者の場合、実際には価値がない商品を売買していました。

おもちゃの指輪やアクセサリーを利用者に買わせ、そのキャッシュバックとしてお金を渡していたんです。

つまり、価値がないものを売ってキャッシュバックしている=お金を貸している、だから貸金業者だと見られたんですね。

そうなると、貸金業の登録をしていないキャッシュバックスは貸金業違反になりますよね。

だから、現金化業者でありながらキャッシュバックスは逮捕されたんです。

この他にも貸金業法違反で逮捕された現金化業者はいますが、ほぼ全てがキャッシュバックスのように悪質な行為を行っていたから逮捕されただけです。

ほとんどの現金化業者はちゃんと価値のある商品を指定してくるので、貸金業法には引っかかりません。

現金化業者を利用した側が逮捕されたことはないから安心

貸金業法に引っかかりそうな悪質業者を利用したらどうしよう。

そう考えて現金化業者の利用を躊躇してる人も多いんじゃないでしょうか。

安心してください、現金化業者を利用した側が逮捕された例は過去にありません。

もし、自分が利用した現金化業者が貸金業法違反の業者だとしても、捕まるのは現金化業者だけであって、自分が罪に問われる事はないです。

また、利用した側も詐欺罪や横領罪になるんじゃ?と悩んでる人もいるかと思います。

しかし、詐欺罪の証拠が不十分、また支払いが滞ることがない限りカード会社に損はないので、詐欺罪や横領罪で捕まる事はまずありません。

仮に利用した現金化業者が悪質業者だとしても、利用者側は処罰されないので安心してくださいね。

ただし、入金されない、実質換金率が低いなど、違うトラブルに巻き込まれる事はあります。

現金化業者を利用する時は、価値がある商品を取り扱っている会社、トラブルを起こさない会社を選ぶようにしましょう。

紹介したように、クレジットカード現金化は基本的に貸金業法に接触する事はありません。

悪質な現金化業者を利用しない限り法に触れる事はないので、安心してクレジットカード現金化をしてくださいね。

カードローンやキャッシングよりも便利で手軽なクレジットカード現金化。

優良業者を選んで、安心安全に行いましょう!

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.11月秋版〕マネフレ All Rights Reserved.