クレジットカード現金化の換金率を知るためにはどうするべきか?

目次(クリックして表示)

ショッピング枠を使った基本的なクレジットカード現金化の仕組み

クレジットカードを用いた現金化は、インターネットの発達と共に認知されるようになり、実際に利用してはいないが聞いたことはある方も多いのではないでしょうか?

まず、クレジットカードにはお買い物などで使用するショッピング枠、そしてお金を借りる時に使うキャッシング枠がありますが、クレジットカードでお金を借りる場合はキャッシング枠を使用します。

しかし、お金を借りる必要性が無い人には無縁のキャッシング枠ですが、実際にお金に困っている方の中にはキャッシングに対して「取立てが怖い…」「返済が難しそう」等、何となくキャッシングが怖い、利用がみっともない、というイメージがあります。

一方でクレジットカード現金化ではショッピング枠を使って現金化を行うため、キャッシングのようにどこかからかお金を借りるわけではありません(ただし、普通のお買い物同様に後日クレジットカード会社からの請求がきます)。

よくあるクレジットカードを用いた現金化の方法としては、業者が指定する換金性の高いPOSAカードなどを購入したり、もしくはクレジットカード現金化業者で表向きはお買い物という形で、キックバックを受け取ると言う方法があります。

ここで、クレジットカード現金化業者には必ず換金率を示すワードとして「換金率」というものがあります。

クレジットカード現金化における換金率を示す「還元率」はどういう意味なのか?

クレジットカード現金化に共通することとして、1万円を例として現金化する場合、クレジットカード現金化業者から振り込まれる金額は100%の1万円とは限りません。

やはり、クレジットカード現金化業者も利益を上げるためには100%の還元率では商売になりませんので、手数料的な金額を引いたお金を振り込んできます。

その手数料がクレジットカード現金化における換金率でもある「還元率」であり、これはクレジットカード現金化業者によって大きく異なってきます。

例として、1万円を利用するとして還元率が80%であれば8,000円、70%ならば7,000円となりますので、当然ですが還元率が高いほうがより多くのお金を受け取れます。

では「それなら高い還元率のクレジットカード現金化業者を探せば良い」となるかもしれませんが、気になるのがやはりクレジットカード現金化での換金率の相場です。

基本的に利用する金額によって還元率は異なりますので、一体どれぐらいの利用なら還元率が高いのか?について気になるところでしょう。

手数料となるクレジットカード現金化の還元率、利用金額が大きいほど還元率は高くなるのか?

クレジットカード現金化業者も商売をしている以上、100%の還元率では儲けがありませんので、どんなに高くても98%前後が最高値と言われています。

では98%の還元率のクレジットカード現金化業者を探せば良いのか?となるかもしれませんが、どんな金額でも一律98%ということもまずありえません。

クレジットカード現金化の換金率は利用金額によって変動しますので、基本的には利用金額が少ないほど換金率は低く、利用金額が大きいほど換金率は高くなります。

例としてあるクレジットカード現金化業者であれば、1万円なら還元率は70%、10万円なら80%ほどとなる場合もあります。

しかし、別の業者ならば1万円でも還元率が80%あるところもあり、10万円でも80%未満な場合もありますので、こればかりはクレジットカード現金化業者ごとの還元率設定は異なるために「どこも同じような設定」とは断言できません。

では、どうすればクレジットカード現金化業者の換金率を知る事ができるでしょうか?

クレジットカード現金化業者の換金率をどうやって調べればよいのか

クレジットカード現金化業者の換金率ですが、当然還元率が高いほどお金はより多くキックバックされる形になります。

しかし、クレジットカード現金化業者の換金率はどうやって確認するのがいいのでしょうか?については、いくつか方法があります。

クレジットカード現金化業者のサイトを確認する

最初に換金率を確認する方法としては、クレジットカード現金化業者のサイトがあればそちらで確認したほうがいいでしょう。

クレジットカード現金化業者によってはサイトで目安が記載されていることがありますので、どれぐらい換金されるのか参考になるでしょう。

また、どういう流れでクレジットカードの現金化を行うのか解説もありますので、一度はやはり確認しておくべきです。

しかし、できればもっと他の情報源も確認すべきであり、その情報源としては以下のようなものがあります。

口コミレビューや体験談も参考になる

クレジットカード現金化業者を利用したことがある方の口コミや体験談も参考になるでしょう。 特にどんな流れで換金したか?いくらの利用金額でどれぐらい換金されたのか?があれば参考にする事もできます。

クレジットカード現金化業者を比較したサイト

クレジットカード現金化業者を一覧化して、比較したサイトを利用してみるのもいいでしょう。

実際にどれぐらい差があるのか?さらに口コミなどもまとめられていることがありますので、クレジットカード現金化業者の比較をしたサイトも見てみましょう。

以上から、クレジットカード現金化業者には換金率を示す「還元率」がありますので、色んな角度からしっかり確認してから検討しましょう。

クレジットカード現金化は換金目的だとバレてもちゃんと返済すれば平気

換金目的でクレジットカード現金化したいけど、カード会社にバレたくない場合、どうすればいいのか?

換金性が高い商品を大量購入しない、キャッシング枠いっぱいにしない、返済を滞らせない、現金化業者を利用する。

クレジットカード現金化バレを防ぐには、これらを注意することが大事なんです。

利点が多く、利用者も多いクレジットカード現金化。

しかし、換金目的でクレジットカードを利用するのを、カード会社が禁止してるのは事実ですよね。

もし、カード会社にクレジットカード現金化をした事がバレてしまったら、カードの利用停止になる事も。

換金目的での利用がカード会社にバレないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

換金性が高い商品を短期間もしくは一度に大量購入しない

自分でクレジットカード現金化する時は、換金性が高い商品を購入する事が多いですよね。

例えば、Amazonギフト券や新幹線の回数券は換金性も高く、クレジットカード現金化に人気の商品です。

この換金性が高い商品を一度にまとめ買いしたり、短期間の間に大量購入してると、カード会社に換金目的だとバレやすいんです。

普通に考えて、新幹線の回数券を毎週購入してる人がいたら、明らかに怪しいですよね。

出張が多いとしても、新幹線の回数券を毎週購入しなければいけないほど新幹線に乗る事はまずないですし。

Amazonギフト券を毎週購入してる人も同じで、ギフト券を大量買いするほどAmazonを利用してるの?と疑問に思うのは当たり前。

このような、換金性が高い商品を短期間もしくは一度に大量買いしてる人は、カード会社に目を付けられてしまうんですね。

逆に言うと、1ヶ月に1回購入するなど購入頻度が普通、もしくは換金性が高い商品じゃないのなら、カード会社も怪しむ事はありません。

換金目的だと知られない為には、短期間での大量購入はやめましょう。

キャッシング枠の限度額がいっぱいの状態で買い物しない

クレジットカード現金化をしていないかカード会社が監視してるのは有名な話ですが、カード会社はある特徴を持った人を監視の対象にしています。

その特徴とは、キャッシング枠が限度額いっぱいの人。

キャッシング枠を限度額ギリギリまで使っているのに、ショッピング枠で商品を購入する人がいたら、明らかに怪しいですよね。

だって、キャッシング枠の返済ができるかもわからないのに、新しく借金をしてるのと同じ事ですから。

そんな人の場合、まず間違いなくカード会社は目を付けてきます。

そして、利用履歴を確認され、怪しいと判断されたら連絡が届く事も。

このように、キャッシング枠が限度額いっぱいの状態でクレジットカード現金化をした場合、絶対に換金目的だとバレます。

クレジットカード現金化をする場合は、キャッシング枠の残高に気を付けましょう。

キャッシング枠の限度額いっぱいの状態でも、どうしてもクレジットカード現金化したい場合は、少しでもリスクを減らす為に換金性の高い商品は避けるのをオススメします。

カード会社への返済を滞らせずに最後までしっかりと払い続ける

カード会社は、換金目的でのクレジットカードの利用を禁止しています。

しかし、それ以上に嫌がっているのが、返済が滞ること。

会員の返済が滞り、その結果、不利益を被るのがカード会社は一番嫌なんですね。

つまり、返済が滞ってる人=カード会社の心証最悪という事です。

クレジットカード現金化してそう、商品を換金してそう、そんな疑わしい人は大勢います。

しかし、疑わしい人でもちゃんと滞ることなく返済を続けてくれているなら、カード会社が「返済はしてくれてるから」と深く調べない事が多いんです。

逆に、疑わしいのに返済も滞ってる場合、カード会社が確認の連絡をしてくる可能性大です。

そして、カード会社の心証が最悪の状態で、もしクレジットカード現金化をしてた事がバレたら、まず間違いなく厳しい処置を行ってきますよね。

このように、カード会社への返済を滞らせてしまうと、カード会社の不信感を増幅させ、心証も最悪になってしまいます。

クレジットカード現金化をした後は、しっかりと利用額を返済するのを忘れないでくださいね。

現金化業者を利用してクレジットカード現金化をする

クレジットカード現金化は、自分でやるよりも現金化業者を利用した方が断然バレにくいのをご存知ですか?

自分でやる時は買取方式しかできず、その場合だと換金性が高い商品を購入せざるを得ないので、カード会社にバレやすいんですね。

しかし、現金化業者なら買取方式以外にキャッシュバック方式が利用でき、そしてこのキャッシュバック方式は実はカード会社にバレにくい方法なんです。

なぜなら、商品を購入した特典として、お金を得られるから。

転売する必要がないキャッシュバック方式なら高換金率の商品を購入する必要がないので、カード会社が怪しむ事はありません。

ショッピング枠で普通に商品を購入しただけで、クレジットカード現金化を疑う人はいないですよね。

換金率の相場が80%前後で自分でやるよりは低換金率になりがちとはいえ、換金目的バレのリスクが減るなら、そこまで損ではないはず。

安全性は圧倒的に現金化業者の方が上なので、クレジットカード現金化がバレたくないなら、現金化業者を利用しましょう。

規約違反になるクレジットカード現金化は、換金目的であるとカード会社にバレないようにしなくちゃいけません。

しかし、何の警戒もせずにクレジットカード現金化をすると、簡単にカード会社はそれを見抜きます。

カード会社にクレジットカード現金化がバレてしまって、カードの利用停止になるのは嫌ですよね。

そうならないように今回紹介した方法を行って、換金目的だとバレないように注意しながらクレジットカード現金化を行いましょう。

為になるクレジットカードで苦のない楽な方法で違法性詐欺のない現金を得る方法を伝授!

PageTop