クレジットカードの換金率と還元率は混同されやすく、誤って使われる場合もあります。ただし、実際に利用する場合は言葉の違いよりもどの程度の金額が手元に残るかが重要になるためあまり気にしない人もいます。違いを知っておくとより安心できるというレベルの問題になっているのです。

換金率と還元率に違いはあるの?解釈の違いに注意が必要!

更新日:

クレジットカードの換金率と還元率は混同されやすく、誤って使われる場合もあります。

ただし、実際に利用する場合は言葉の違いよりもどの程度の金額が手元に残るかが重要になるためあまり気にしない人もいます。

換金率と還元率に違いはあるの?解釈の違いに注意が必要!

違いを知っておくとより安心できるというレベルの問題になっているのです。

換金率と還元率の違いは、クレジットカード現金化業者の現金化の手法によって異なってきます。

換金率と表記されている業者の場合、一度クレジットカードで購入したギフト券等を購入することで換金を行う手法を採用しています。

amazonギフト券のようにギフト券をクレジットカードで購入後、業者に買い取ってもらう方法が換金率の表記になるのです。

還元率の場合は、サービスや商品の購入によって発生する利益を還元する形式をとります。

携帯電話の乗り換えのキャッシュバックキャンペーンに代表されるように、契約によって発生する高額なキャッシュバックやポイントの一部を利用者に還元する業者が還元率と表記しているのです。

現在は携帯電話のキャッシュバックに関する規制が強くなっているため、形態の契約以外の方法で還元するケースが多くなっています。

換金のように買取形式をとるわけではなく、契約や購入した品物を受け取れるのがポイントです。

実際に利用する場合はどちらの方がお得かどうかが重要になってくる

換金率や還元率で重要になってくるのが、どちらの方がお得なのかです。

クレジットカードを現金化する場合はどの程度の割合でお金が入るかが重要になるため、単純に手元に入る金額を比較して業者を選ぶ人が多いのです。

どの程度の割合でお金が受け取れるかが変わらない場合は、より好みの方法を選択するのも方法おすすめになります。

還元率の場合は物の購入や契約によってお金が還元されるため、品物を受け取る必要があるのが特徴です。

品物を売ることや処分をすることで還元率をさらに高められる可能性もあります。
ただし、契約による還元の場合は途中解除で違約金などが発生するケースもあるため、しっかりとチェックする必要があります。

考えるのが面倒だからこそ、換金率と表記されている業者を優先するのも方法です。

ただし、口コミサイトなどを経由すると言葉の混同などが起こりやすいため、クレジットカード現金化業者のページで直接確認することも大切になります。

業者によっては混同しているケースもありえる

換金率や還元率は厳密に言えば全く異なるものですが、現金が手元に戻ってくるという現金化には違いがないのがポイントです。

表記が混同されているケースは珍しくなく、業者自体が誤った認識で利用していることもあります。

業者によっては混同しているケースもありえる

老舗のクレジットカード現金化業者の場合はしっかりと使い分けられている場合が多くなりますが、業者だから正しく使えているとは限らないのです。

業態や換金手法が変わることによって混乱が生じるケースもあります。

クレジットカード現金化の手法は時代のニーズや法改正などによって変わってきます。

ビジネスの手法自体を変える現金化業者が発生する可能性もあり、実際問い合わせて見ないとわからないような場合もあるのです。

換金率や還元率の表記ではなく、ギフト券の買取などを行っているのか、古物売買の許可をとっているかで見極める方法もあります。

ギフト券を買い取るためには古物を取り扱う免許が必要になるため、ホームページに許可の番号などが書かれていることが多くなるのです。

古物商の許可は都道府県ごとに取得する必要があり、複数の拠点がある場合は併記されているケースもあります。

法的な根拠が気になる場合は合わせてチェックするのがおすすめです。

-為になる記事

Copyright© 2014~〔最新2018.12月冬版〕マネフレ All Rights Reserved.